裏千家家元(千宗室)の歴代の名前や家系図は?長男や次男、妻や家族は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1
スポンサーリンク

千宗室の長男、次男、長女は?夫人は天皇家と親戚?息子は詩人?本名や家系図、家族は?

裏千家といえば、
表千家、武者小路千家とともに、
茶道の名門として知られる家柄です。

豊臣秀吉お抱えの茶人であった、
千利休を先祖とし、
連綿と家系は続いており、
現代においても茶道の家元として知られる、
名家ですね。

そんな、
裏千家宗家家元、
千宗室の歴代の名前と、

近現代の千宗室さんの家族(嫁、長男、長女、次男)と、
家系図について、整理してみたいと思います。

スポンサーリンク

裏千家家元の家系図は、千利休に始まる

裏千家の歴代を一覧にすると、
このようになります。

初代:千利休
名を宗易(そうえき)、号を抛筌斎(ほうせんさい)、通称与四郎といいます。

2代:千少庵
名を宗淳(そうじゅん) 通称名は吉兵衛・四郎左衛門ともいう。

3代:千宗旦
名を字は元叔のち元伯(げんぱく)。号を咄々斎(とつとつさい)

千家は、
千利休を初代とし、3代目まで続いて、
3代目である千宗旦の三人の息子が、
二男・一翁宗守が、武者小路千家を、
三男・江岑宗左が表千家を、
四男・仙叟宗室が裏千家を興しました。

世にいう“三千家”ですね。

裏千家宗家、家元は千宗室を代々襲名!歴代の名前を整理!

裏千家家元の4代目以降は、
代々、千宗室(そうしつ)を名乗ります。

全員、宗室だと、
区別がしにくいので、
号や斎号で区別しているようで、
整理してみたいと思います。

一番初めが号で、「宗室」の次に続いているのが、
斎号です。
4代:仙叟(せんそう)宗室 臘月庵(ろうげつあん)
5代:常叟(じょうそう)宗室 不休斎(ふきゅうさい)
6代:泰叟(たいそう)宗室 六閑斎(りっかんさい)
7代:竺叟(ちくそう)宗室 最々斎(さいさいさい)
8代:一燈(いっとう)宗室 又玄斎(ゆうげんさい)
9代:石翁(せきおう)宗室 不見斎(ふげんさい)
10代:柏叟(はくそう)宗室 認得斎(にんとくさい)
11代:精中(せいちゅう)宗室 玄々斎(げんげんさい)
12代:直叟(じきそう)玄室 又玅斎(ゆうみょうさい)
13代:鉄中(てっちゅう)宗室 圓能斎(えんのうさい)
14代:碩叟(せきそう)宗室 淡々斎(たんたんさい)
15代:汎叟(はんそう)宗室 鵬雲斎(ほううんさい)
16代:玄黙(げんもく)宗室 坐忘斎(ざぼうさい)

こちらが、
裏千家家元の歴代の号、名前、斎号になります。

千宗室(14代)の家系図は?本名や妻、兄弟、子供たち家族は?

それでは、
ここからは明治時代以降の、
千宗室(14代、15代、16代、17代)と、
順々に詳しく家系図で、
妻や兄弟、子供といった家族を、
確認していきたいと思います。

・千宗室(淡々斎) 京都府士族
明治26、先代・鉄中宗室長男
大正13、相続、旧名・政之助を改め襲名す
同志社普通部卒
第14代裏千家家元

妻・かよ
明治30、仙台平織元・伊藤清慎三女
宮城二女卒

長男・政興(後述)

二男・納屋嘉治
大正14
同志社大経済卒
淡交社社長
納屋家興養子となる

同妻・真美子
建築家・谷口吉郎の娘

三男・三津彦
昭和4
チャートスタジオ社長
大谷家の婿養子となり、大阪産業大学名誉理事長・大谷貴義の娘・享子(日美社長)と婚姻

長女・弥栄子
大正7
二條高女卒
淡交会常務理事
荏原製作所社長・畠山一清長男、信和産業社長・畠山不器に嫁す、
のちに精神科医・塩月正雄に嫁す

二女・良子
大正9
京都二女卒
子爵桜井忠養に嫁す

姉・ハツ
明治25
大阪、伊藤源次郎に嫁す

弟・三郎
明治33
淡交会副理事長
井口清太郎の養子となる

弟・武夫
明治35
京都、菊池常次郎の養子となる

家系図はすべて敬称略。

ここまでが、
14代千宗室の家系図です。
華族や、財界人、著名な建築家といった、
華麗なる家系と親戚関係にあるようです。

千宗室(15代)の家系図は?本名や妻と子供は?次男は別の苗字を?

ついで、
15代裏千家家元の家系図です。

・千宗室(鵬雲斉) ※現在は千玄室と名乗る
大正12、先代・宗室長男
相続に伴い旧名・政興を改名
同志社大法学部経済学科卒、ハワイ大留学
第15代裏千家家元
日本青年会議所会頭

妻・登三子
昭和5、塚本商事社長・塚本定右衛門三女
雙葉高女卒、アテネフランセ卒

長男・政之(後述)

二男・伊住政和
昭和33
同志社大文卒
淡交会理事長

こちらが、
第15代千宗室の家族です。

千宗室15代は、隠居した後、千玄室を名乗っています。

二男が、
伊住さんという苗字になっていますが、
このように分家筋が、
新たな苗字を名乗るのが、
裏千家の家系の特徴のようで、
先祖代々続いている風習のようですね。

千宗室(16代)の家系図は?本名は?家元夫人は皇室の出で、息子や娘は?

それでは、
16代千宗室の家系図を確認していきましょう。

・千宗室(坐忘斎)
昭和31、先代・宗室長男
本名・政之
同志社大心理学科卒
第16代裏千家家元

妻・容子
昭和26、三笠宮崇仁親王二女
学習院大法学科卒
淡交会副理事長

長男・明史

長女・万紀子

二男・敬史

現在の裏千家家元である、
16代千宗室の家族です。

家元夫人は、
三笠宮崇仁親王の二女でいらっしゃいます、
千容子さん。

三笠宮家の家系図?娘さんは彬子、瑶子女王で当主?信子妃は麻生太郎?

長男の、明史(あきふみ)さんは、
詩人であり「chori」のペンネームで活動しています。
分家したそうで、
本名は菊地明史さんといいます。

16代千宗室さんの長女・万紀子さんは、
立命館大学出身で、
2017年に、阪田修三・佳子夫妻の長男で、
医師の阪田宗弘さんと結婚しました。

次男の敬史さんは、
裏千家茶人であり、
17代になるとの声もあるようです。

というわけで、
裏千家宗家家元、千宗室の歴代の名前と、
近現代の千宗室さんの家族(嫁、長男、長女、次男)と、
家系図について、見てみました。

表千家家元(千宗左)の家系図や妻や本名は?歴代の名前の読み方は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする