武者小路千家家元(千宗守)の家系図や妻、娘?息子・千宗屋の結婚は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
スポンサーリンク

padrinan / Pixabay

千宗守(武者小路千家家元)の妻や子供は?息子・千宗屋(若宗匠)の結婚相手は豊田麻子さん?家系図や先祖は?

武者小路千家(むしゃこうじせんけ)は、
茶道の名門として知られる家柄です。

茶道の家元は、
表千家・裏千家・武者小路千家
あわせて「三千家」と、
呼称されることもあります。

三千家は
安土桃山時代の茶人、
千利休の子孫であり、
その家系は連綿として
続いてきました。

この記事では
茶道の家元、武者小路千家の
家系図に関する事柄に注目し、

歴代の家元や、
現在の家元・千宗守さん、若宗匠・千宗屋さんの家族、
妻や子供についての話題を、
取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

武者小路千家の家系図は、千利休の曾孫に始まる

はじめに
武者小路千家の
先祖について
見ていきましょう。

武者小路千家の家系図を見ると、
武者小路千家は、
千利休の曾孫である、
4代目家元、一翁宗守によって
創設されています。
(千利休から数えると4代目ですが、事実上は武者小路千家の創始者と見られています)

武者小路千家官休庵の家元は、先祖だ代々「千宗守」を襲名

京都市上京区にある
武者小路千家の茶室は
官休庵(かんきゅうあん)といいますが、
官休庵という言葉は
武者小路千家の別名として
用いられることもあります。

武者小路千家の
歴代の茶道家元は、
代々、「千宗守」という名前を
襲名してきました。

現在の
武者小路千家の家元も、
14代千宗守を名乗ります。

武者小路千家の明治以降の家系図

では
武者小路千家の先祖や、
家系の起こりを、
見てきたので

ここからは
茶道家元、武者小路千家の
近代・現代の家系図について
見ていきたいと思います。

武者小路千家の
明治生まれの家元である、
第12世当主・千宗守の代から、
見ていきます。

千宗守(本名・千嘉次、第12代愈好斎) 1889-1953
明治22、京都、久田宗悦の息子
大正10、先代千宗守から家督相続
大正5、東京帝大文科国史科卒
武者小路千家官休庵家元

妻・恒子さん
明治23、表千家茶道家元・千宗左(碌々斎)五女
京都府一女卒

長女・澄子さん
大正9、先代・宗守長女
料理研究家

二女・フジ子さん
大正12

三女・ヒサ子さん
大正14

武者小路千家家元は、表千家家元と家系図のつながりが深い

武者小路千家の
12世千宗守は、
表千家の茶人・久田宗悦の息子で、
武者小路千家の
先代の千宗守の養子となり、
12世家元となっています。

また
12世千宗守の妻は、
表千家11世家元、
千宗左の五女であり、

武者小路千家は、
表千家と
家系のつながりが深いことが
分かります。

表千家家元(千宗左)の家系図や妻や本名は?歴代の名前の読み方は?

武者小路千家の
12世家元、
千宗守の子供は
娘さんが3人でしたので、

長女に養子を迎えて、
家系を存続させました。

この養子となった方が、
茶道、武者小路千家13世家元の
千宗守さんです。



千宗守(13世家元)の妻や子供、家族構成

では、
13代千宗守さんの
ご家族を、
家系図で見ていきましょう。

千宗守(第13代有隣斎) 1913-1999
大正2、兵庫県出身、先代・宗守養子
昭和13、京大文学部卒
武者小路千家官休庵13代家元

妻・澄子さん
大正9、先代・宗守長女
料理研究家

男・不徹斎 ※14代家元

武者小路千家の
13代千宗守さんは、
養子として入り、子供は1人。

息子さんが、
現在の
武者小路千家茶道家元の、
14代千宗守(不徹斎)さんです。

千宗守家元の妻、千和加子さんの実家は島根県の名家

つづいて
武者小路千家の
現在の家元である、
14代千宗守さんの
家族や家系図を整理していきます。

千宗守(第14代不徹斎)
昭和20、先代・宗守男
慶大法学部、慶大院文学研究科各卒
武者小路千家官休庵14代家元

妻・和加子さん
昭和23、島根県知事・田部長右衛門氏の四女
日本女子大学国文学科卒

武者小路千家の
14世家元、千宗守さんは、
慶應大学と大学院に学びました。

妻の名前
千和加子さん。

武者小路千家家元の妻は、
やはり名門家系の出身で、
島根県の大地主の
田部家の方です。

千和加子さんの父親は、
政治家であり、
衆議院議員や島根県知事などを
歴任されています。

千宗守家元の子供は?息子と娘?

武者小路千家家元である、
14世千宗守さんと
妻の千和加子さんの、
子供は、
息子さんと娘さんがいるようです。

千宗守さんの
息子さんの名前は、
千宗屋(せんそうおく)さんです。
茶道、武者小路千家の若宗匠(わかそうしょう)、
つまり後継者です。

一方、
千宗守さんの娘さんは、
茶道の世界ではなく、
テレビ局に就職されています。



千宗屋(若宗匠)の学歴は?結婚相手は豊田麻子さん?

そして、
武者小路千家の
次代家元(若宗匠)である、
千宗屋さんの
経歴や妻や結婚について見ていきましょう。

千宗屋さんは
1975年生まれ。
本名は、千方可(せん・まさよし)さんですが、
千宗屋さんという名前で
茶道の世界では活動されています。

学歴は
慶應義塾大学環境情報学部卒、
慶應大学大学院文学研究科で、
中世日本絵画史を専攻し、
修士課程を修了しています。

武者小路千家の
若宗匠として、
次期家元と目され、
将来を期待されています。

千宗屋さんの
結婚相手は、
旧姓豊田麻子さんというお名前です。

千宗屋(若宗匠)の妻、千麻子さんの経歴は?タレント?

千宗屋さんの妻、
旧姓・豊田麻子さん
どういった方なのか、
経歴を紹介します。

千宗屋さんの妻、
豊田麻子さんは、1987年生まれ。

学歴は
学習院大学経済学部卒業で、
その後別の大学で美術を学ばれました。

千宗屋さんの妻、
麻子さんは、
以前、
タレント活動もしていました。

千宗屋さんと、
豊田麻子さんは、
2019年6月に、
結婚披露宴をおこなっています。

多くの芸能人らが、
結婚披露宴に出席し、

千宗屋さんと千麻子さん、
ご夫妻の結婚をお祝いした、
ということです。

というわけで、
茶道、武者小路千家歴代の家元や、
現在の家元・千宗守さん、若宗匠・千宗屋さんの家族、
妻や子供についての話題を、お送りしました。

裏千家家元(千宗室)の歴代の名前や家系図は?長男や次男、妻や家族は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする