明治天皇の子供や妻は何人?子孫や家系図?竹田恒泰氏は玄孫!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
スポンサーリンク

MabelAmber / Pixabay

明治天皇の家系図で子孫は?妻や子供の人数は何人?竹田恒泰氏は玄孫で、東久邇稔彦元総理との関係?

明治天皇といえば
日本史の教科書でおなじみの
威厳のある肖像を
思い浮かべる方は
多いですが、

明治天皇は
写真が嫌いだった、
とも伝えられており、
その素顔はもちろん、
人柄や性格をしめす
エピソードなど、
あまり知られていませんね。

明治天皇が崩御された、
明治45年といえば、
すでに100年以上も
昔のことですから、
無理もないかもしれません。

この記事では
歴史上の人物としての
明治天皇の実像にせまるため、
妻や子供といった、
ご家族の話題や家系図について、
見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

明治天皇の「妻は何人か?」ということから…

それでは
明治天皇の
「妻」はどういった方か
といったことから、
確認していきます。

はじめに
明治天皇は、
嘉永5年(1852年)の生まれであり、
現代のように
一夫一婦制がとられる
現代の皇室とは違い、

側室が何人もいる、
という時代の方です。

ということなので
まずは
明治天皇の妻は何人か、
といったことを
見ていきます。

明治天皇の「妻」の人数は6人

明治天皇の妻は、
皇后である、
一条美子さま(昭憲皇太后)のほか、
5人の側室がいました。

ということですので、
明治天皇の妻の人数は
6人ということになります。

明治天皇の妻について、
一覧にすると、
このようになります。

皇后:一条美子(昭憲皇太后)
1849-1914 左大臣・一条忠香三女

側室:葉室光子 権大納言・葉室長順次女
:橋本夏子 大納言・橋本実麗娘
:柳原愛子 権中納言・柳原光愛次女
:千種任子 右近衛権少将・千種有任長女
:園祥子   右近衛権中将・園基祥次女

明治天皇の妻は、公家の娘さん

明治天皇の皇后である、
一条美子さま(昭憲皇太后)は、
公家の名門である、
五摂家のひとつ、一条家の娘さんです。

明治天皇の5人の側室も
全員が
公家の娘さんで、
明治時代には華族に列せられ、
伯爵や子爵となった
名門家系の出身です。

明治天皇の
5人の側室は、
「権典侍」「典侍」といった身分であり、
皇族ではなく、

明治天皇の妻のうち、
皇族身分の方は、
美子さま(昭憲皇太后)だけです。

明治天皇の子供は何人?

それから
明治天皇の妻の話題から、
子供は何人
といったことを
整理して見ていきましょう。

明治天皇の子供は、
それぞれの妻とのあいだに、
これだけの人数の、
子供がいました。

皇后:一条美子(昭憲皇太后) 0人

側室:葉室光子  1人
:橋本夏子  1人
:柳原愛子  3人
:千種任子  2人
:園祥子   8人

明治天皇は、
皇后だった、
美子さまとのあいだには
子供はなく、

15人の子供
すべて側室とのあいだの
子供です。

5男10女に
恵まれた
明治天皇でしたが、
1歳、2歳にして、
幼くしてなくなった子供が多く、

成人するまで
成長した子供の人数は
わずか5人でした。



明治天皇の成長した唯一の息子が、大正天皇

明治天皇の子供のうち、
成長した
5人の子供は、

1人が
柳原愛子の子供で、
4人が
園祥子の子供です。

柳原愛子の子供は、
息子さんで、
この子がのちの、
大正天皇となられました。

大正天皇の子供は何人?妻・貞明皇后と家系図や母親や兄弟は?

明治天皇の四人の娘さんたち

そして
園祥子の4人の子供は、
全員が娘で、
それぞれが
皇族と結婚しています。

明治天皇の子孫については、
現代の皇室につづく、
大正天皇の子孫の家系は、
よく知られているので、

明治天皇の
4人の娘さんたちの
子孫や家系図について、
詳しく見ていきましょう。

明治天皇の娘さんたちは、竹田宮ら皇族と結婚

明治天皇の
4人の娘さんたちは、
全員が皇族と結婚しています。

第六皇女:昌子内親王(1888-1940) 竹田宮恒久王と結婚
第七皇女:房子内親王(1890-1974) 北白川宮成久王と結婚
第八皇女:允子(のぶこ)内親王(1891-1933) 朝香宮鳩彦王と結婚
第九皇女:聡子(としこ)内親王(1896-1978) 東久邇宮稔彦王と結婚

竹田宮家、北白川宮家、
朝香宮家、東久邇宮(ひがしくにのみや)家は、
戦後は
民間人になった家系ですので、

現代では
なじみのない名前かもしれませんが、
戦前は
皇族だった家系です。

明治天皇の玄孫、竹田恒泰さんの家系は?

明治天皇の子孫として
よくメディアに登場している、
竹田恒泰さんは、
竹田宮恒久王と、昌子内親王の
曾孫にあたり、

つまり
明治天皇の玄孫(やしゃご)、
ということになります。

また、
竹田恒泰さんの
父親のJOC会長・竹田恒和さんは
明治天皇の曾孫、
ということになりますね。

竹田恒泰の妻と結婚式?子供?ラーメン店経営?父親・母親・家系図は?

明治天皇の娘の一人は、東久邇稔彦元総理と結婚

そして、
明治天皇の九女にあたる、
聡子内親王は、
戦後総理大臣をつとめた、
東久邇稔彦(ひがしくになるひこ)元総理と、
結婚しています。

東久邇稔彦(ひがしくになるひこ)元総理は、
家系図上で見ると、
明治天皇の娘婿という立場ですが、

同時に、
昭和天皇の皇后だった、
香淳皇后の父親である
久邇宮邦彦親王の弟(つまり叔父)、
という立場でもあります。

東久邇稔彦元総理は、
きわめて皇室に近い方なのですね。



東久邇稔彦の妻や子供、子孫は?

それでは、
東久邇稔彦元総理と、
明治天皇の皇女、
聡子内親王の子孫について
見ていきましょう。

簡単に
整理すると、
このようになります。

・東久邇宮稔彦王
明治20、久邇宮朝彦親王第九男子
東久邇宮家を創立
陸軍大将
第43代内閣総理大臣

妃・聡子(としこ)さま
明治29、明治天皇第九皇女

第一男子・盛厚王
大正5

第二男子・師正王
大正6

第三男子・彰常王
大正9
粟田侯爵家を創立し粟田彰常さんと名乗る

第四男子・俊彦王
昭和4
多羅間キヌさん(サンパウロ総領事・多羅間鉄輔氏夫人)の養子となる

明治天皇の孫は、明治天皇の曾孫と結婚?

そして
東久邇稔彦元首相の長男、
盛厚王(戦後は東久邇盛厚さん)は、
昭和天皇の第一皇女である、
成子(しげこ)内親王と結婚しています。

つまり、
東久邇盛厚さんは、
明治天皇の孫にあたるわけですが、
妻も、
明治天皇の曾孫
ということになるのですね。

東久邇盛厚さんは
妻である成子さんとのあいだに、
5人の子供がいました。

明治天皇の曾孫や玄孫、子孫は…?

東久邇盛厚さんの長男、
東久邇信彦さんは
昭和20年生まれ。
慶應義塾大学法学部卒業後、
三井銀行に勤務していました。

東久邇信彦さんは、
父方から見ると明治天皇の曾孫で、
母方から見ると明治天皇の玄孫、
ということになります。

東久邇信彦さんは、
横浜市で
アパート、駐車場経営をいとなむ、
島田家の娘さんである、
島田吉子さんと結婚し、子供を授かり、

長男である
東久邇家の当代は、
1973年生まれの
東久邇征彦さんといいます。

明治天皇の娘さんの子孫は、
これまで
あまりメディアでは
扱われることが少なかったのですが、

最近では
何かと話題になることも多くなりました。

というわけで、
明治天皇の子供たちの人数や子孫といった、
ご家族、家系図に関することを
見てきました。

昭和天皇の子供は何人?家系図は?娘さんの人数や香淳皇后の名前は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする