孝明天皇の家系図!子供や皇后は?妻には側室?父親、母親、子孫は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
スポンサーリンク

12019 / Pixabay

孝明天皇の子供や皇后は?子孫は?妻には側室も?家系図は?父親、母親、息子、娘は?

孝明天皇(こうめいてんのう)は、
江戸時代最後の天皇であり、
幕末の激動の時代の天皇として
記録に残っています。

孝明天皇は、
明治天皇の先代の天皇であり、
現在の天皇から数えると、
わずか5代前の天皇ですが、

明治天皇に比べると、
その経歴や人物像に関して、
語られることがとても少ないですね。

このたびの記事では、
孝明天皇の家系図に焦点をあて、
皇后や側室といった妻に関することや、
父親、母親、子供や子孫に関することなどを
見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

孝明天皇の父親と母親

孝明天皇の
父親と母親はどういった方か、
といったことから、
お話していきましょう。

孝明天皇の父親は、
仁孝天皇といいます。
仁孝天皇は孝明天皇の先代の天皇です。

孝明天皇は、
仁孝天皇の第四皇子として生まれました。

孝明天皇の母親は、
藤原雅子という女性です。

藤原雅子は、
公家の正親町実光(おおぎまち・さねみつ)という方の娘でした。

孝明天皇の母親は、
仁孝天皇の側室の方でした。

孝明天皇の妻は何人?皇后?側室?

孝明天皇の妻は、
どういった方なのでしょうか。

孝明天皇には、
女御(にょうご)と呼称される「妻」が1人、
典侍(てんじ)と呼称される「妻」が5人いました。

孝明天皇の時代ですと、
大名や公卿ですと、
一夫多妻制でしたので、

孝明天皇には
6人の「妻」がいたわけですね。

孝明天皇の妻は、英照皇太后?

孝明天皇の「正妻」は、
英照皇太后(えいしょうこうたいごう)という方がいます。

実は、
この英照皇太后という方は、
孝明天皇の「正妻」格の妻であったものの、
皇后にはなっていません。

これは現在の常識ですとわかりにくいですね。
皇室も一夫一婦制の現在であれば、
結婚すれば、妻はすぐに皇后という立場になります。

しかし、
江戸時代はそうではなかった。
天皇の「妻」になってから
皇后に昇格していくシステムがあったのでした。

江戸時代の天皇の妻や皇后に関して

江戸時代の天皇の「妻」に関して、
もう少し説明を加えます。

当時の天皇の「妻」には階級があり、
皇后・准三宮・女御といった順番に
階級が決められていたのでした。

また、
典侍とか掌侍(しょうじ)といった身分の方が、
天皇の妻として記されることがありますが、
これらの階級は、
下位の「側室」格になります。

英照皇太后は皇后にならずして皇太后になった!?

孝明天皇の「正妻」だった、
英照皇太后は、
准三宮という身分であり、
皇后に昇格する予定だったのですが、

皇后に昇格する前に
孝明天皇が崩御してしまったので、
皇后にならぬまま、
明治天皇の即位によって
「皇太后」という立場になったのでした。

孝明天皇の妻、英照皇太后の父親は九條尚忠

では、
いわば孝明天皇の「正妻」として遇された、
英照皇太后とは
どのような方だったのでしょうか。

英照皇太后の本名は、
九條夙子(くじょうあさこ)といいます。

実家は
五摂家の名門である九條家で、
父親は関白・九條尚忠です。

英照皇太后は、
孝明天皇崩御後は、
東京遷都にともない、赤坂御所で後半生を過ごしました。

孝明天皇の側室たち

それから
孝明天皇の側室について
見ていきます。

孝明天皇の側室は、
坊城伸子、中山慶子、堀河紀子、今城重子、今城尚子の
5名です。

孝明天皇の側室は、
全員が公家の家系の出身者でした。

明治天皇は、
孝明天皇と中山慶子とのあいだの子供です。

孝明天皇の子供は何人で息子?娘?

孝明天皇の子供は何人か、
といったことを次に見ていきましょう。

孝明天皇の子供は
6人いました。

孝明天皇の子供は、
息子が2人、娘が4人という構成でありました。

子供が6人というのは、
明治時代から昭和戦前までですと
平均的な人数といった印象を受けますが、

江戸時代後期ですと多い方です。

江戸時代後期ですと、
子供の平均人数は3人くらいでしたので、
孝明天皇は、
身分上の都合から側室が多かったという事情もあり、
子沢山だったのです。

孝明天皇の子孫の家系は?

しかし
孝明天皇の子供のうち、
成人まで成長したのは、明治天皇だけです。

つまり
孝明天皇の子孫として
現在まで存続している家系は、
明治天皇の子孫の系統のみとなります。

孝明天皇の家系図

孝明天皇の家系図を簡潔に示すと、
このようになります。

孝明天皇 1831-1867
仁孝天皇第四皇子 母は藤原雅子(贈左大臣・正親町実光)

女御:九條夙子 英照皇太后 1834-1897
関白九條尚忠の娘

<<第一女子:順子内親王 1850-1852
<<第二女子:富貴宮 1858-1859

典侍:坊城伸子 1830-1850
権大納言・坊城俊明の娘

<<第一男子:妙香華院 1850

典侍:中山慶子 1835-1907
侯爵・中山忠能の娘

<<第二男子:睦仁親王 明治天皇 1852―1912

典侍:堀河紀子 1837-1907
権中納言・堀河康親の娘

<<第三女子:寿万宮 1859-1861
<<第四女子:理宮 1861-1862

典侍:今城重子 1828-1901
権大納言・今城定章の娘

典侍:今城尚子

それでは
孝明天皇の家系図に焦点をあて、
皇后や側室といった妻に関することや、
父親、母親、子供や子孫に関することなどを記しました。

明治天皇の子供や妻は何人?子孫や家系図?竹田恒泰氏は玄孫!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする