与謝野晶子の子供は何人?家系図や息子、娘の名前は?与謝野馨は子孫!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
スポンサーリンク

Chun-San / Pixabay

与謝野晶子・与謝野鉄幹・与謝野馨の家系図!息子や娘の名前は?子供は何人?子孫の現在は?

明治時代から
昭和初期にかけて
活躍した歌人、
与謝野晶子(よさのあきこ)

与謝野晶子は、
近現代日本の
女流文学者のさきがけのような
存在として
語られることが多いですね。

与謝野晶子は、
夫も歌人の
与謝野鉄幹ということで、
その家族や家系図については、
たびたび
注目が集まっています。

この記事では
与謝野晶子(與謝野晶子)の
「家族や家系図は?夫は与謝野鉄幹で子孫は政治家の与謝野馨!子供は何人?息子や娘の名前は?子孫の現在は?」
といった事柄を
整理していきたいと思います。

スポンサーリンク

与謝野晶子と夫・与謝野鉄幹の結婚

それでは
与謝野晶子の子供や家族、
家系図の話題を見ていきたいと、
思いますが、

はじめに
与謝野晶子の結婚歴について
確認しましょう。

与謝野晶子は
1901年に
歌人の与謝野鉄幹(よさのてっかん)と
結婚しました。

結婚当時、
与謝野晶子が23歳で、
夫の与謝野鉄幹は28歳でした。

与謝野晶子の子供は何人?

では
与謝野晶子は、
夫の与謝野鉄幹とのあいだに
子供は何人いるのか
といったことを
見ていきます。

与謝野晶子の
子供の人数は12人です。

子供が12人というのは、
子だくさんだった、
明治時代でも多いほうです。

与謝野晶子の
12人の子供は
6男6女という構成でした。

与謝野晶子の息子や娘の名前?家族と家系図は?

それでは
与謝野晶子の
子供の名前や、
息子や娘がどういった方だったのか、
といったことを
見ていきます。

与謝野晶子の
家族について
家系図で説明すると、
このようになります。

与謝野晶子(1878-1942)
明治11、大阪、鳳宗七、つね三女
堺高等女学校技芸科卒
歌人
文化学院学監兼教授

夫・与謝野鉄幹(本名・与謝野寛)
明治6、京都、与謝野礼厳五男
歌人
慶應義塾大学文学部教授、文化学院学監

長男・光
明治36
慶大医学部卒
医学博士
厚生科学研究所教授
東京都衛生局長
同妻・迪子
明治39、京都、大阪無線社長・小林政治の二女
同志社女専文科卒

二男・秀
明治37
東大法学部卒
駐エジプト、スペイン、イタリア大使

三男・譲
明治37
東大法学部卒
欧州留学
与謝野修の養子となり、のちに鳳姓を名乗る

長女・八峰
明治40
文化学院本科出身
孝橋謙二(明治41生、東大中退、俳人)と結婚

二女・七瀬
明治40
雙葉高女出身
軽井沢ホテル経営・山本直良長男、直正と結婚

三女・佐保子
明治43
神奈川、池田忠作養子となる

四女・宇智子
明治44
立教女学校、東京女高師数学科各卒
普連土学園教諭
加藤賢蔵と結婚

四男・麟
明治43
法政大出身

五男・アウギユスト(昱)
大正2
東大機械科卒
日本電気社員
同妻・国恵
大正元年、東京、日本勧業銀行員・湯地定彦二女
麹町高女出身

五女・エレンヌ
大正4
立教高女出身
東京、早大商学部卒、昭栄興業常務・田村正男と結婚

六男・健
大正5
東大法学部卒
住友金属専務
同妻・米子
大正9、兵庫、住友本社理事・国府精一二女
聖心女子学院高専国文科卒

六女・藤子
大正8
立教高女出身
東京、森芳介と結婚、のちに森弥太丸(大正4生、森弥五郎五男、文化学院本科、演劇研究科各卒、M&Kエンタープライズ社長)と結婚

※家系図は敬称略

与謝野晶子の息子と娘の名前の謎?

与謝野晶子の子供の名前は、
特徴的です。

息子たちには
漢字一文字の名前をつけましたが、

五男には、
アウギユスト
五女には
エレンヌと
西洋風の名前をつけています。

与謝野晶子の五男、
フランスの彫刻家・オーギュスト・ロダンに
あやかったもののようです。

与謝野晶子が
ヨーロッパに滞在していたときに、
彫刻家・ロダンに会ったので、
その記念に名づけた、
といわれています。

子供に西洋風の名前をつけた、
といえば、
森鴎外の子供たちが
有名ですが、
与謝野晶子は
森鴎外と親交があったので、

ひょっとしたら
その影響を受けて、
子供の名前をつけたのでは?
とも考えられています。

ただ、
与謝野晶子の子供は
のちに
改名しているみたいです。

森鴎外の子孫は医者?家系図や子供の名前?妻や結婚、家族構成は?

与謝野晶子の息子、与謝野秀の家族と家系図

与謝野晶子の
子供たちは、
東大卒が極めて多く、
医者や外交官、大企業の重役など
エリートが多いです。

与謝野晶子の子孫のなかでは、
次男・与謝野秀(しげる)さんの家系が
最も有名です。

では
与謝野晶子の
次男、
与謝野秀さんを中心とする
家系図
見ていきます。

与謝野秀(しげる)氏
明治37、歌人・与謝野鉄幹二男
東京帝大法学部政治科卒
外交官試験合格
外務省調査局長、駐エジプト大使、スペイン大使、イタリア大使を歴任

妻・道子さん
大正4、東京、 球磨川電気社長・坂内虎次氏三女
女子学院卒

長男・馨(かおる)さん
昭和13、与謝野秀長男
東大法学部卒
衆議院議員(與謝野馨)
文部大臣、通産大臣、官房長官、財務大臣を歴任
同妻・とも子さん
主婦の友社社長・石川数雄氏の娘

二男・達(とおる)さん
東大法学部卒
BNPパリバ証券シニア・アドバイザー
同妻・和子さん
主婦と生活社社長、衆議院議員・大島秀一氏の娘

二女・文子さん
昭和22
パリ大学理学部修士課程中退
美術評論家(與謝野文子)
英文学者・阿部知二氏の長男、フランス文学者・阿部良雄氏と結婚

与謝野晶子の孫は、政治家の与謝野馨

与謝野晶子の
次男、
与謝野秀さんの長男、

つまり
与謝野晶子の孫は、
政治家で
内閣官房長官や財務大臣などをつとめた
与謝野馨(よさのかおる)さんです。

与謝野馨さんは、
政策通として知られ、
総理大臣候補ともいわれた、
政治家でしたね。

与謝野秀さんの家系は
長男の
与謝野馨さんの妻の家系が、
主婦の友社の創業者一族で、

次男の
与謝野達さんの家系が
主婦と生活社の創業者一族
というのは
興味深いですね。

与謝野晶子の家系図は、山本直純、有島武郎が親戚に

与謝野晶子の
家系図を広げると、
親戚には
著名人が多いです。

与謝野晶子の次女、
与謝野七瀬さんは、
作曲家の山本直純さんの伯父、
山本直正さんと結婚しています。

そして、
この山本直正さんは、
作家・有島武郎の甥に
あたります。

整理すると、
与謝野晶子の娘婿が、
有島武郎の甥、という関係です。

与謝野晶子の息子は、乃木希典の家系図ともつながる

それから
与謝野晶子の五男、
与謝野アウギユスト(のちに与謝野昱と改名)さんの妻は、
日本勧業銀行員の
湯地定彦さんの娘ですが、

この
湯地定彦さんの叔母は、
明治の陸軍大将、
乃木希典の妻・乃木静子さんです。

与謝野晶子の子孫の家系図は有名政治家と親戚

さらに
与謝野晶子の孫、
与謝野馨さんの
母方のいとこは、

元総理大臣の華族、
清浦圭吾の孫、
清浦保敏伯爵と結婚していて、

さらに
与謝野馨さんの
母方の別のいとこは、
“憲政の神様”と言われた、
政治家・尾崎行雄の孫、
元最高裁判事・尾崎行信さんと
結婚しているそうです。

このように
与謝野晶子の家系図は
思わぬ政治家の家系と
親戚になるのですね。

というわけで、
与謝野晶子(與謝野晶子)の
「家族や家系図は?夫は与謝野鉄幹で子孫は政治家の与謝野馨!子供は何人?息子や娘の名前は?子孫の現在は?」
といった事柄を見てきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする