哀川翔のファミリーヒストリー、祖父と父親と家族と実家は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

MasterTux / Pixabay

哀川翔の先祖と、家系図

今回のファミリーヒストリーは、
哀川翔さんです。
当サイトならではの、家系図調査、先祖調査の特性をいかした深い分析をおこないながら、
いつも通り感想を仕上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

哀川翔の本名と出身地

哀川翔さんの本名は、
福地家宏(ふくち・いえひろ)といいます。
生まれは、徳島県徳島市ですが、哀川翔さんの実家は鹿児島県鹿屋市にあります。

番組の冒頭では、鹿児島県鹿屋市の哀川翔さんの実家を訪ねています。
ファミリーヒストリーでは、どういうわけか鹿児島県の取材が多いですね。
もしや今回も、原口泉さんの登場か!と、思わず身を乗り出してしまいました(笑)

哀川翔の実家で

哀川翔さんの実家では、
哀川翔さんの母親・福地幸子さんが貴重なものを見せてくれました。
なんでも、福地家に代々伝えられている掛け軸とのことです。

そこには、鎧兜の武将の姿が描かれています。
この人物が哀川翔(福地家宏)さんの先祖だということです。
掛け軸には、文章も書かれているのですが、古文書特有のくずし字なので、何が書いてあるのか読めません。

そういったわけで、哀川翔さんの母親・福地祥子さんは、福地家の祖先について、よく分からないそうです。
一体、福地家の先祖は、どういった人物なのでしょうか?

哀川翔の先祖は、佐賀県をルーツに!

番組取材班は、佐賀県を訪問します。
なぜかというと、
哀川翔さんの先祖の戸籍の本籍地に、
佐賀県とあったからです。
戸籍を見れば、先祖の本籍地が分かるのです。
そして、先祖の本籍地周辺を調べると、先祖の情報が出てくるのです。
これは、家系調査の定跡なので、おぼえておきましょう。

参照記事
先祖を調べるために、戸籍調査をしよう

哀川翔の実家の掛け軸

哀川翔さんの家に受け継がれていた、
掛け軸に描かれている武将は誰なのか、佐賀市の専門家に見てもらうことにしました。
すると、この武士は福地三左衛門という人物で、
天草四郎が起こした島原の乱で、活躍した武将だったそうです。
佐賀藩鍋島氏の家臣だったとのこと。

哀川翔の先祖の自宅は豪邸!

その後、江戸時代を通じて、
哀川翔さんの先祖・福地氏は、代々佐賀藩士として仕えたそうです。
屋敷は、大隈重信の生家の向かいにあったといいます。
300坪もあるお屋敷だったそうです。
大隈重信は、佐賀藩の上級武士の家柄ですから、
その向かいに住んでいたということは、
哀川翔さんの先祖も上級武士だったことを示していると考えられます。

なぜかというと、当時の城下町は、身分別に住む場所が決められている傾向にあったからです。
みなさんの先祖が、武士であったというのであれば、是非、城下町の地図を調べてみましょう。

参照記事
城下町の地図調査

哀川翔の曽祖父は警察官

明治維新後、哀川翔さんの曽祖父は警察官となります。
武士の子弟が警察官になる、ということは、当時よくありました。
そして、哀川翔さんの祖父・福地家久のファミリーヒストリーへと、番組は進んでいきます。

哀川翔の祖父・福地家久のファミリーヒストリー

哀川翔さんの祖父、福地家久は、明治37年に佐賀県で生まれました。
哀川翔さんの祖父・福地家久は、は、抜群の秀才であったといいます。
東京大学法学部の前身である、大正15年に、東京帝国大学法学部に入学しています。

哀川翔の祖父の苦悩

しかし、昭和初期の日本は、
昭和恐慌で、就職難の時代でした。
映画『大学は出たけれど』というのがありましたが、そういった時代背景だったのです。
いくら、天下の東京帝大卒だといっても、就職先がありませんでした。

哀川翔の祖父と祖母の結婚

そんな厳しい時代の中で、
哀川翔さんの祖父・福地家久は結婚をします。
相手は、熱海の資産家の娘で、旧姓・青沼益家といいます。
その後、二人の子どもを授かりました。

哀川翔の祖父は、満州へ渡った

その頃、昭和7年に現在の中国大陸に満州国が建国されます。
国内に就職先がなかった、
哀川翔の祖父・福地家久は満州に渡ることを決意しました。
そして、満州国の警察官僚となったのです。

哀川翔の祖父の履歴を徹底調査!

哀川翔さんの祖父は、警務庁長という、現在の日本でいえば、警察署長に相当するポストにいました。
東大卒のエリート官僚だったため、かなりのポストでしょう。
こうした人物であれば、細かい履歴調査が可能です。
哀川翔さんの祖父の記録を、見つけることができましたので、添付いたします。

みなさんもご先祖様の履歴を調べてみよう!

こちらの資料には、
哀川翔さんの祖父・福地家久の学歴や、詳細な経歴、当時の自宅の住所、家族情報などが記載されております。
哀川翔さんの祖父は、満州国のエリート官僚という立場だったので、こうした資料が残っているわけですが、そこそこの地位にあられた方であれば、このような資料は残っております。

当サイトでは、先祖の調べ方を紹介しているので、参考にしてみてください。

哀川翔の父親のファミリーヒストリー

その後、番組では、
哀川翔さんの父親のファミリーヒストリーへと入っていきます。
哀川翔さんの祖父・福地家久は、戦火のなかで殉職してしまいました。

そうした境遇のなかで、残された家族は、
とても苦労することになります。
無事に、内地に帰還した家族一同でしたが、女手一つで、子供たちを育てた母親の苦労は、並大抵のものではなかったはずです。

番組では、哀川翔さんの祖父・福地家久の娘である、嶺子さんが当時のことを語っておられました。

哀川翔の父親と、家族

さて、こうした状況下で、
哀川翔さんの父親・福地家興さんは、立派に育っていきます。
旧制中学を卒業後、早稲田大学に進学します。
早稲田大学を出ると、現在の海上自衛隊である警備隊に入隊します。
国の役に立ちたい、という思いを父親から受け継いでいたからといいます。

哀川翔の父親と母親の結婚は?

パイロットになった、
哀川翔さんの父親・福地家興さんは、鹿児島県鹿屋市の部隊に配属されます。
そこで、近隣のお店で遊んでいたときに、
ある女性に一目ぼれしてしまいました。

その女性こそ、のちに
哀川翔さんの母親となる女性・旧姓、安部幸子さんでした。

哀川翔の両親の結婚と、母方の祖父

哀川翔さんの母方の祖父である、安部家の祖父・安部正義さんは、鹿屋基地の整備士だったということもあって、
娘に一目ぼれした青年・福地家興を大変気に入りました。
そして、二人は結婚することになったのでした。

哀川翔の父親は職業柄、転勤が多かった

哀川翔さんの父親・福地家興さんは、職業柄、異動が多かったようです。
鹿屋の次は、徳島、そし館山へと任地が変わっています。
徳島に配属されていたときに生まれたのが、
哀川翔さんです!

哀川翔の本名、福地家宏にこめられた思い

哀川翔さんの本名は、先ほどにも書きましたとおり、福地家宏さんです。
福地家は、先祖代々「福地家○」という名前なんですね。
こうした、父親の名前を一字受け継ぐ風習を、通字といいます。
武士の家系においてよく見られたものです。

参照記事
通字と襲名について

哀川翔の父親・福地家興さんは殉職

しかし、
哀川翔さんの父親・福地家興さんは、
館山の部隊にいたときの訓練中の事故で、かえらぬ人となってしまいます。
哀川翔さんは、幼いときに父親をなくしていたのですね。

哀川翔さんの父親は、
「二佐」という階級だったようです。
「二佐」といえば、旧陸海軍では中佐なので、かなりの地位ですね。
エリート街道を歩んでいただけに、とてもご家族の方にとっては、残念なことだったと思います。
その後、哀川翔さんの弟さんが生まれました。

哀川翔の妻と娘と、芸能家族!

こうした中で、育っていったのが
哀川翔さんです。
ちなみに哀川翔さんの妻は、元女優の青地公美さんで、娘さんは芸能界入りした福地桃子さんです。
哀川翔さんの家族は、芸能家族のようです!

なお、
哀川翔さんの妻や子供については、
こちらの記事を参考にしてみてください。

哀川翔の娘は歌手で名前は?子供は何人?学校や年齢は?妻と結婚は?

哀川翔の高い声は父親似!

哀川翔さんは、父親・福地家興さんを良く知る親戚からは、「父親にそっくりだ」と言われているようです。
哀川翔さんといえば、ややトーンの高い声が印象的ですが、声も父親そっくりだといいます!
父親譲りだったのですね。

哀川翔のファミリーヒストリーの感想

哀川翔さんのファミリーヒストリーは、
とても面白かったです。
哀川翔さんというと、やや怖そうなイメージがあったのですが、意外といったら失礼なんでしょうが、秀才家系に生まれた方だったのですね。
江戸時代の先祖が上級武士で、祖父は東大卒、父親は早稲田ですから、頭が良いのでしょうね!
今後のご活躍が楽しみですね!
それでは次回のファミリーヒストリーも、期待したいと思います。


哀川翔の自宅の住所は世田谷区等々力でrikacoは隣人!

哀川翔の娘は歌手で名前は?子供は何人?学校や年齢は?妻と結婚は?

斉藤由貴の子供は何人?年齢は?家族と夫・小井延安氏の職業

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする