家系調査の料金・費用[現地調査コース]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

stux / Pixabay

先祖調査の現地調査にかかる料金・費用は?

家系図作成・先祖調査のサービスをおこなう業者は多いですが、戸籍の内容を読み取って、それを家系図にして、お渡しするだけという業者が大半を占めております。
家系図作成業者といっても99%は、戸籍調査のみをおこなっているのです。

こうした業者に依頼しても、明治以降の先祖の生没年月日や結婚相手・血縁関係くらいしか分かりません。(つまり、戸籍に書かれている文字情報以上のことは分かりません)
江戸時代の先祖の職業や、先祖の暮らしぶり、祖父の生きた足跡が知りたいといったようなことは、一切分かりません。

戸籍謄本以上の調査をする業者となると少ないのです。
私がネットで調べてみた限りでは、20社くらいしか見つかりませんでした。

こういった業者に依頼すると、調査費用だけで50万円以上します。
50万円という金額を高いと見るか、安いと見るかはそれぞれです。

しかし、私が言えるのは、家系調査の料金はずいぶん安価なものになったということです。
以前は、戸籍調査だけで30万円といったところも多かったのです。
現在の相場では戸籍調査だけなら5万円程度で済むところもあります。
このように考えると、先祖調査にかかる費用は、ずいぶんお手頃な値段になったと言えます。
そうなると、手間や費用といったことを考えた場合には、自分で先祖調査をするよりも、業者に依頼したほうが安く上がると考えることもできます。
家系調査には横断的で幅広い知識が必要です。
そうした知識を吸収するだけでも、かなりの時間を要します。
また、資料の探索となれば、相当な時間がかかるはずです。
仮に100時間かかったとしても、時給1000円で換算して、10万円分の労働量になるわけです。
この他に、現地調査となれば通信費や交通費、宿泊費などもかかってきます。

スポンサーリンク

家系調査のプロは、歴史探偵!

戸籍以上の調査をする業者は、相当腕に自信がある方が運営されていらっしゃいます。
豊富な知識と、研ぎ澄まされた洞察力を備えていなければ、こうした仕事を続けることはできないでしょう。

こうした方々は、探偵に喩えることができると思います。
シャーロック・ホームズのように、わずかに残された断片的な手がかりから、あらゆる考察を試み、真相を明らかにするのです。
「歴史探偵」と呼ぶのがピッタリですね。

家系調査の料金は?

さて、こうした業者に家系調査を依頼する場合ですが、料金の相場というのは、実にはっきりしております。
どちらに依頼しても、さほど料金が変わらないということは、これらの業者は、すべて良質な業者なのだと思います。

逆に、こうした料金相場には見合わない料金設定であれば、熟慮する必要があると思います。

さて、料金の相場ですが、以下のようになります。

江戸時代後期のご先祖を判明させる200年コースは、
50万円。(すべての経費込み)

江戸時代初期のご先祖を判明させる400年コースは、
120~130万円。(すべての経費込み)

それ以上のご先祖を判明させるコースは、
180万円~200万円。(すべての経費込み)

尚、経費を別途請求している業者については、経費を価格に上乗せして計算致しました。

だいたい、このようになっております。
調査内容自体は、業者によってさほど変わるものではないと思います。

家系図を作成すると、料金はもっとかかる

具体的にどのような調査をするのかというと、ご先祖の墓石や過去帳などの調査をしたり、古文書を調べたり、親戚宅を訪問したりといったことを致します。
業界内では、これらの調査を「現地調査」と言います。

移動が多く、寺院や親戚宅などに行けばお土産や謝礼も必要となってきますから、それなりの値段になってきます。

こちらの価格は、調査だけの料金ですので、調査結果をもとに、豪華な巻物の家系図を仕上げるとなると、上記とは別に料金が発生します。

家系図業者の調査で分かる事は…

現地調査となると、かなりの値段になるわけですので、ためらってしまう方は多いと思います。
そうなると、金額的に業者に依頼できるものは、せいぜい戸籍調査サービスといったところだと思います。

しかし、一般の業者であれば、戸籍調査のみのサービスで得られる情報は、先ほどにも書きましたが、明治以降の先祖の生没年月日や結婚相手・血縁関係くらいです。
江戸時代の先祖の職業や、先祖の暮らしぶり、祖父の生きた足跡が知りたいといったようなことは、一切分かりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする