林遣都は本名?ケントだからハーフ?芸名?父親・母親と名前の由来! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

tpsdave / Pixabay

林遣都は本名か芸名か?両親の名前に関するエピソードとは?

林遣都さん!

端正なルックスは
もちろんのこと、
その丁寧な演技が
高い評価を集めている
説明不要の若手俳優です!

特に、2017年3月公開の
映画「しゃぼん玉」では、
あの市原悦子さんと出演!
異色の共演と注目されています!

今回は、
そんな林遣都さんの
「本名・芸名・名前・ハーフ説・父親と母親」
についてお送りします!

スポンサーリンク

林遣都の名前は本名?芸名?

さて、それではさっそく、
林遣都さんに関するエピソードを
ご紹介していこうと思うのですが、

まず一番初めにお話するのは、
林遣都さんの、
この遣都という名前についてです。

遣都と書いて「けんと」と読むという、
なんとも珍しい名前ですが、
この遣都という名前は
本名なのでしょうか、
それとも芸名なのでしょうか。

林遣都は本名!名前の由来が気になる!

気になったので
さっそく調べてみたのですが、
どうやら林遣都という名前は、
本名のようですね!

そうなると気になるのが、
この林遣都という名前の由来ですが、
それがなかなか
味のあるエピソードのようです。

林遣都の父親と、母親は、こうして名前をつけた

当然この本名をつけたのは、
林遣都さんの
父親と母親ということになるのですが、

何でも
林遣都さんの父親と母親は、
生まれたばかりの
自分たちの子供である
林遣都さんが将来大人になったら、

遠い都に出て、
何か大きなことを成し遂げるような
立派な人物になってほしい、
と思ったそうです。

そこで、この名前を付けたようです。

林遣都はハーフではなく、父親・母親ともに日本人

林遣都さんという
名前が本名だというと、
なんだかびっくりしてしまいますが、
そんな由来があったんですね。

ちなみに
この珍しい名前をもつ
林遣都さんですが
ハーフではないかとの
噂もあるようですが、
父親、母親ともに日本人です。

林遣都の父親と母親が、名前に込めた思いとは…

もっともこの
林遣都という名前からは、
遣唐使や遣隋使といった
言葉が思い浮かびます。

遣唐使や遣隋使とは、
遠い昔に中国がまだ
隋や唐と呼ばれていた時代に
日本から渡っていった
エリート使節団のことですが、

林遣都さんの父親と母親は、
自分の子供に、
そんな遣隋使や遣唐使のような
大きな仕事をする人間に
なってほしいと思ったんですね!

林遣都の本名は、海外での活躍の期待が…

もっとも、本名である
林遣都さんという名前と、
この遠く外国に行った
遣唐使と遣隋使ということを
考え合わせますと、

林遣都さんの父親と母親は、
林遣都さんが
海外で活躍することを
願っているのかもしれませんね。

林遣都という本名の読み方は「ケント」だが…

その証拠として挙げられるのが、
この林遣都という名前の音です。

林遣都と漢字で書きますと、
先ほどからお話している
遣唐使や遣隋使を思い出しますが、

「けんと」という
その名前の音に注目してみると、
英語圏の男性の名前では一般的な、
kent(ケント)という
名前と同じ音になります。

林遣都の本名「ケント」といえば…

日本人に親しみのある
kentという名前を
ファーストネームにもつ有名人としては、

かつて「世界まるごとハウマッチ」や
「サンデーモーニング」といった
番組にも出演していた
弁護士のケント・ギルバートさんや
タレントのケント・デリカットさんを思い出しますね。

林遣都の名前は、実に奥が深い

要するに
林遣都さんの父親と母親は、
遣都という名前は
kentという名前を連想するので、

林遣都さんが
アメリカをはじめとした
海外で活躍するようになった時に、

そのまま受け入れてもらえる
名前を意識して、
林遣都さんの名前を付けたんでしょうね!

林遣都と同じように、雄大な本名の芸能人は?

ちなみに
林遣都さんと並んで
芸名の様でありながら実は本名で、

しかも雄大な名前の
有名芸能人といいますと、
俳優の松坂桃李さんがそうですね。

松坂桃李さんの名前は、
中国の古典の言葉から
とったものだといわれています。

松坂桃李の実家住所は茅ヶ崎市で、父親は大学教授で心理学を教える

林遣都さんと松坂桃李さん、
どちらも素敵な名前です!

ということで、
林遣都さんの
「本名・芸名・名前・ハーフ説・父親と母親」
についてお送りしました。

林遣都の実家の兄弟姉妹は?宮近海斗?ハーフ?父親・母親は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする