白洲次郎・白洲正子の子孫は?家系図や子供や孫、父親や先祖は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
スポンサーリンク

白洲次郎・白洲正子夫妻の家系図は?子孫は?子供や孫は?小林秀雄と親戚!?

白洲次郎(しらすじろう)。

吉田茂のブレーンとして
戦後日本の
政治経済の分野で、
とても大きな役割を果たした
人物です。

白洲次郎は、
とてもダンディでおしゃれ。

その着こなしも、
ファッション雑誌などで
取り上げられることもあるほどです。

この記事では
白洲次郎の
家族や家系図に注目し
「先祖や父親、兄弟姉妹は?妻・白洲正子と子供と子孫は?小林秀雄と親戚で家系図は?」
といった事柄について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

白洲次郎の先祖は?

はじめに
白洲次郎の先祖について、
書いてみます。

白洲次郎の先祖は
兵庫県三田市の
三田藩につかえる武士でした。

白洲次郎の
祖父の名前は、白洲退蔵。

白洲次郎の祖父は
幕末の
三田藩の家老として
要職を担い、

明治維新後も、
役人や実業家として
活動しました。

神戸女学院大学の
創立者の一人としても
知られています。

白洲次郎の父親、白洲文平は貿易商

そして
白洲次郎の
父親の名前は
白洲文平といいます。

白洲次郎の父親も
祖父と同じく
実業界で活躍。

貿易会社・白洲商店を経営し、
貿易を通じて、
大富豪となった人物です。

白洲次郎は
こうした家系に生まれた、
お坊ちゃんだったのですね。



白洲次郎の実家の家系図

ではここで
白洲次郎の父親、
白洲文平を中心とする、
家系図を見ていきます。

白州文平 兵庫県士族
明治2、旧摂津国三田藩家老・白州退蔵長男
明治24、相続
兵庫県多額納税者、
綿糸商、白洲商店

妻・よし
明治7、神奈川、原由蔵妹

長男・尚蔵
明治35

次男・次郎 ※

二女・福子
明治37
神戸女学院出身
兵庫、上西亀之助長男、五郎と結婚

三女・三子
明治44

四女・宣子
松方三雄と結婚

※敬称略

白洲次郎の妹、
宣子さんは、
松方正義元首相の孫である
松方三雄さんと結婚しているので、

白洲次郎は、
松方正義とは親戚、
ということになります。

白洲次郎の妻・白洲正子は、樺山資紀の孫

つぎに
白洲次郎の
結婚や妻について、
見ていきます。

白洲次郎の妻は、
作家の白洲正子(しらすまさこ)です。

白洲正子の実家は、
鹿児島県出身の華族、
樺山資紀の家系です。

白洲正子は、
樺山資紀の孫(樺山愛輔の次女)にあたります。

白洲次郎と白洲正子の子供や家系図は?

白洲次郎と白洲正子の
家族について、
家系図を確認します。

白州次郎
明治35、白州文平二男
ケンブリッジ大学卒
日本水産取締役
終戦連絡中央局次長、経済安定本部次長、貿易庁長官
東北電力会長

妻・正子
大正2、伯爵樺山愛輔二女
女子学習院卒
作家(白州正子)

長男・春正さん
昭和7
東宝東和社長
同妻・ルミ子さん
フジテレビ社長・水野成夫氏二女

二男・兼正さん
昭和13
同妻・明子さん
批評家・小林秀雄長女

長女・桂子さん
昭和15
旧白州邸武相荘館長
牧山圭男さんと結婚

白洲次郎と妻の白洲正子には
子供が3人いました。
息子さんが2人で
娘さんが1人です。



白洲次郎の家系は、小林秀雄とも親戚に

白洲次郎の長男、
白洲春正さんは
東宝東和の社長で、

その妻は、
元フジテレビ社長の
水野成夫さんの次女に
あたられます。

それから
白洲次郎の次男の、
白洲兼正さんの妻は、
文芸評論家の
小林秀雄さんの長女に、
あたる方ですので、

白洲次郎、白洲正子夫妻は、
小林秀雄さんとも
親戚関係にあるのですね。

白洲次郎、白洲正子夫妻の子孫、白洲信哉さん

そして
白洲次郎の子孫について、
今度は孫の代を
見ていきましょう。

白洲次郎の子孫の方は、
白洲次郎関連の著作を
発表している方もいるので、
有名な方が多いですが、

白洲次郎の次男、
白洲兼正さんの長男である、
白洲信哉さんは、
雑誌などによく出ていらっしゃるので、
有名だと思われます。

白洲信哉さんは、
細川護熙元首相の公設秘書を
されていた方で、
その後、
執筆活動を旺盛にされています。

白洲次郎の孫である、
白洲信哉さんから見ると、

父方の祖父は白洲次郎。
父方の祖母は白洲正子。
母方の祖父は小林秀雄。
ということになります。

というわけで、
白洲次郎の
「先祖や父親、兄弟姉妹は?妻・白洲正子と子供と子孫は?家族構成は?小林秀雄と親戚で家系図は?」
といった事柄についてお送りしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする