家系図、過去帳などに見られる書き間違いについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

taketoki / Pixabay

先祖調査にまつわる書き間違い対策

古い家系図や、過去帳、位牌などは、家系調査において、欠かせない資料です。
しかし、これらには、しばしば書き間違いが見られます。

こうしたものに、見られる誤記の多くは「写し間違い」が原因です。
現在であれば、コピーをとれば済みますが、昔は手で書き写していました。
書き写す際に、間違ってしまうのは仕方のないことでしょう。
古い資料に矛盾点がある、といって考え込んでいる原因が、単なる写し間違えによるものだった、というような事は、よくあることです。

スポンサーリンク

家系図、過去帳に見られる写し間違い

例えば、家系図が古くなってしまったので、新しく書き直そうとしたら、うっかり写し間違えてしまったなんて事は、いかにもありそうですね。
また、家にある過去帳にも写し間違いは多く起こりそうです。

過去帳には二種類ある

実は、過去帳には二種類あります。
一つは、寺が保管しているもので、もう一つは、各家が保管しているものです。
家系図作成において「過去帳」というと、寺にあるものを指すことが多いです。

寺にある過去帳は、多くの檀家の先祖の戒名をまとめたものです。
一方、家にある過去帳は、その家の先祖の戒名をまとめたものです。
家の過去帳を見ると、墓地に彫られている内容と違うといったようなことは、よくあります。
戒名、俗名、没年月日、続柄など、細かい点が異なっているのです。

記載内容が異なる原因

なぜ、このようなことが起こるのかというと、「写し間違い」が原因です。
おそらく家にある過去帳は、菩提寺の過去帳から、誰かが書き写したものだと思います。
住職かもしれませんし、何代か前の先祖かもしれません。
その際に、写し間違えたのでしょう。

家系調査の上では、どれを信じればいいか

こうした場合、正確な情報を調べるには、どうすれば良いのでしょうか。
他の調査とも照らし合わせた上で、信用性の高いものを信じるしかない、と言えます。

墓石の情報、寺の過去帳、家の過去帳、位牌と四つの情報のうち、最も正確なのは、どれでしょうか?
このなかで最も正確なのは、墓石です。次に正確なのが、位牌。
その次に、寺の過去帳です。
そして、最も信用性に欠けるのが、家の過去帳だと思います。

結局、人の手が加わりやすいものは、写し間違いが生じやすいので、信用性が劣るのです。
墓石や位牌は長持ちしますので、作り直されることはあまりありませんが、過去帳はそうでもありません。

寺の過去帳は、書き直されることが多いです。
また、それを写した「家の過去帳」であれば、写し間違いが生じる機会が多そうですね。

とは言っても、過去帳が重要な情報源であることは言うまでもありません。
先祖調査をする上では、総合的に考えていかなければならない、といったことを覚えておきましょう。

関連記事

先祖の過去帳調査
墓石の記載と、戸籍はどちらが正確なのか?


ただいま期間限定で、ご先祖様の無料調査を致しております。
あなたのファミリーヒストリーを作ります!
ご興味のある方は、以下の記事をご覧ください。

無料調査のご案内

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする