黒田清隆の家系図!妻と子孫?子供は榎本武揚家へ!黒田清輝との関係

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

ladymojo / Pixabay

黒田清隆の妻と子供は?家系図は?子孫は榎本武挙の家系出身?先祖は黒田官兵衛?黒田清輝とは親戚関係?

黒田清隆。

伊藤博文に次いで、
2番目に総理大臣になった人物です。

黒田清隆といえば、
北海道の開拓でも有名ですね。

北海道は
江戸時代には、松前藩が支配する地域以外は
荒野だったのですが、

そうした地域への入植をすすめたのが
黒田清隆でした。

この記事では
黒田清隆の先祖や子孫、家系図、妻や子供や、
黒田清輝や黒田官兵衛との関係について、整理していきます。

スポンサーリンク

黒田清隆の先祖

黒田清隆の先祖について
まずは見ていきます。

黒田清隆の先祖は薩摩藩士でした。

黒田清隆の父親は、
黒田仲佐衛門清行という方で、
黒田清隆は長男でした。

黒田清隆の父親の家禄は、
わずか4石取りで、
一般的には、最下級の武士ともいえる身分でしたが、

末端の武士を数多くかかえる薩摩藩士のなかでは、
中級くらいの家格と言えそうです。

黒田清隆は黒田官兵衛の子孫?

黒田清隆の家系は、
黒田官兵衛と関係があるかについてですが、

黒田清隆は、黒田官兵衛の子孫ではないみたいです。

また、
滋賀県長浜市木之本町黒田を発祥とする
黒田官兵衛の家系との関係も、はっきりしていないようです。

黒田清隆と黒田清輝とは親戚関係?

それから
画家の黒田清輝との関係ですが、

黒田清輝は
旧薩摩藩士、黒田清兼の息子で
伯父の黒田清綱子爵の養子となっていますが、
同じ薩摩藩士であるものの、

黒田清隆と黒田清輝の家系との関係は、
少なくとも近い親戚関係ではないようです。

同族であるが、遠い親戚といった関係なのかもしれません。

黒田清隆の妻について

黒田清隆の妻や子供、
家系図について話を進めていきます。

黒田清隆の妻は
先妻と後妻と2人いましたが、

先妻は早くなくなっており、
先妻とのあいだの子供は長男と長女がいたのですが、
子供も早世されています。

黒田清隆の妻と子供、家系図

黒田清隆 1840-1900
薩摩藩士・黒田清行長男
陸軍中将
第2代内閣総理大臣、逓信大臣
枢密顧問官
伯爵

先妻:黒田せい 1854-1878
旗本中山勝重の長女

後妻:黒田滝子
文久3、材木商、丸山伝右衛門長女

息子:黒田清仲(後継当主)

娘:黒田梅子
明治15
子爵榎本武揚の息子、榎本金八(榎本武憲)と結婚

娘:黒田竹
明治33
旧薩摩藩士、伊地知貞馨の孫、伊地知貞一と結婚

養子:黒田ひやく
明治元年、旗本、中山勝重の娘
陸軍大将、伯爵黒木為禎と結婚

黒田清隆は先妻の妹を養女にしていて、
陸軍大将の黒木為禎と結婚しています。

また、
黒田清隆の娘の梅子は、
榎本武揚の息子である榎本金八(のちに榎本武憲と改名)と結婚しています。

榎本武揚といえば、
函館の五稜郭に立てこもったことが特に有名ですが、
黒田清隆とは子供同士が結婚しているのは
意外な感じがします。

黒田清隆の息子、黒田清仲の家系図

黒田清隆の息子の世代に移ります。

黒田清隆の息子は、黒田清仲です。

黒田清仲 1884-1915
黒田清隆息子
伯爵

養子:黒田清(後継当主)

黒田清隆の息子、
黒田清仲は妻も子供もないまま、
なくなったので、

黒田清隆の子孫は、
男系では、息子の代で途絶えてしまったので、
養子を迎えて家系を存続させています。

黒田清隆の養孫、黒田清の家系図

黒田清 1893-1951
明治26、前記黒木為禎三男、黒田清仲養子
東大政治科卒
伯爵、国際文化振興会常務理事

養子:黒田清揚(後継当主)

黒田清仲の養子の黒田清の
父親は、陸軍大将で伯爵の黒木為禎であり、
母親は、黒田清隆の養女(黒田清隆の先妻の妹)です。

黒田清隆の養孫という関係ですが、
血縁関係はありませんでした。

黒田清にも子供はいないので、
養子として
黒田清揚さんを後継者にしています。

黒田清隆の曾孫は榎本武揚の曾孫

黒田清揚さんは、
黒田常清の長男にあたります。

黒田常清は、
黒田清隆の姪の、はる子(黒田清隆の姉たか子と、井上貞教の娘)と、
農商務省農務局長で大日本製糖社長の、
酒匂常明(さこうつねあきら)の息子です。

この黒田常清の妻は、
黒田千代子さんといいまして。
榎本武揚の息子の榎本武憲と、
黒田清隆の娘、梅子の長女にあたります。

つまり、
旧黒田伯爵家の養子となった
黒田清揚さんは、
黒田清隆の曾孫にあたり、同時に榎本武揚の曾孫にあたるのです。

黒田清隆の子孫は、榎本武揚の家系を通じて現在に存続

黒田清揚さんは、
1930年生まれで学習院初等科出身。
静岡大学を卒業し、読売新聞社と報知新聞社に勤務されました。
一般財団法人高齢者技能活用機構理事長や、
IR推進協議会会長などを務められています。

黒田清隆の家系は、
養子相続が多く、子孫がどう続いていくのかが
気がかりな時期もあったようですが、
榎本武揚の家系を通じて現在にも子孫が存続しているのですね。

というわけで、
黒田清隆の家族や家系図、妻や子供や子孫、
黒田官兵衛や黒田清輝との関係などについてお送りしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする