東浩紀の妻や娘の学校や名前は?結婚と子供は何人?義理の父親は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
スポンサーリンク

congerdesign / Pixabay

東浩紀の子供(娘)の学校や名前は?妻と結婚は?義理の父親は翻訳家?

東浩紀(あずま・ひろき)さん!

批評家として、
疾走し続ける、
東浩紀さん!

ジャック・デリダをあつかった、
『存在論的、郵便的』で、
若手批評家として、
頭角をあらわし、

それ以降、
つねに、
批評界の第一線で、
活動し続けてきた、
東浩紀さんです。

東浩紀さんというと、
現代思想や哲学はもちろん、
社会批評や、政治、芸能、アニメなど、
実にさまざまな分野で、
積極的に発言していますね。

そんな、
東浩紀さんの
「結婚は?嫁や子供は?義理の父親は翻訳家?娘の名前や学校は?クラナド?」
といった話題をお送りします。

スポンサーリンク

東浩紀の結婚と妻は?

では、
東浩紀さんの、
結婚や妻や子供といった、
家族構成の話題や、
エピソードを、
紹介していきたいと思います。

はじめに、
東浩紀さんの結婚についてです。

東浩紀さんは、
東京大学大学院在学中から、
批評活動を開始し、
27歳の時に、
ジャック・デリダをあつかった、
『存在論的、郵便的』で、
注目されました。

東浩紀さんは、
早く結婚したようで、
若手批評家として、
注目を集め出したころには、
すでに結婚していた、
との見方がされているようです。

東浩紀の妻の名前は?小説家で詩人?

それでは、
東浩紀さんの、
妻がどういった人物なのか、
といった話題を見ていきましょう。

東浩紀さんの、
妻の名前は、
東さなえさんといいます。

東浩紀さんの、
妻である、
東さなえさんは、
詩人、小説家です。

簡単に経歴を
紹介しておきますと、

1964年生まれ。
東京学芸大学卒業後、
出版社と大学に勤務したのち、
群像新人賞優秀作になった、
『影をめくるとき』で、
文壇にデビューします。

東浩紀の妻は、ほしおさなえで、義父は小鷹信光

東浩紀さんの妻、
東さなえさんは、
旧姓は、中島さんといいます。

ペンネームでは、
以前は、
萩山綾音(はぎやま・あやね)、
大下さなえ
とも名乗っていましたが、

現在は、
ほしおさなえ、
という名前で活動しています。

東浩紀さんの、
嫁の、ほしのさなえさんの、
父親は、

ハードボイルド小説の翻訳家である、
小鷹信光さんなので、

東浩紀さんの義理の父親は、
小鷹信光さん、
ということになります。

東浩紀の子供は何人?

それから、
東浩紀さんの、
子供の話題へと、
移ってみたいと思います。

東浩紀さんの、
子供は何人いるのか、
といったことを、
まず見ていきましょう。

東浩紀さんに、
子供が何人いるのかというと、
子供は一人のようですね。

東浩紀の妻と子供、家族構成を整理

東浩紀さんの、
子供が生まれたのは、
2005年ですので、

東浩紀さんが、
34歳のときに、
子供が生まれた、
ということになりますね。

ということなので、
東浩紀さんの家族構成は、
東浩紀・妻・娘
という3人家族ということに、
なります。

東浩紀の子供の名前は、汐音さん?

それでは、
東浩紀さんの、
子供の名前は、
なんという名前か、
といったことを見ていきましょう。

東浩紀さんの、
子供の名前は、
汐音さんというそうです。

名前の読み方は、
「しおね」さん、
と読むそうです。

東浩紀の娘の名前は、クラナドから?

東浩紀さんの、
子供の名前については、
こんなエピソードがあるようです。

東浩紀さんは、
子供の名前を考える時に、
参考にしたのは、
人気ゲームで、
アニメ化されたことでも話題になった、
『CLANNAD(クラナド)』の、
登場人物のようです。

東浩紀さんといえば、
アニメ批評もしていますが、
『CLANNAD(クラナド)』を極めて高く、
評価していることでも、
有名ですね。

東浩紀さんは、
『CLANNAD(クラナド)』に触発されて、
小説を執筆した、とまで言われています。

東浩紀は、ヒロインの娘から、名前を…

『クラナド』の、
ヒロインの名前は、
古河渚といいます。

そして、
ヒロインの母親の名前が、
古河早苗(さなえ)。

東浩紀さんの妻の名前が、
「さなえ」さんということもあって、
子供の名前を、
『クラナド』の登場人物からとろうと考えたようです。

しかし、『クラナド』の、
ヒロインである「渚」は、
アニメの中で、
不幸な設定をされていることもあって、

「渚」の娘である、
「汐」からとろうと考えました。

さらに、
「汐」という名前から、
胎児用聴診器の、
「心音(ここね)ちゃん」と組み合あわせて、
「汐音(しおね)」という名前を、
娘の名前にしようと、
考えたそうです。

東浩紀が、娘の名前を汐音さんにしたのは…

東浩紀さんと、
奥さんの、ほしのさなえさんは、
クラナドの登場人物を意識した名前を、
つけたようですが、

実際には、
もっといろいろと
思案した部分もあったようです。

しかし、
最終的には、
東浩紀さんは、
娘さんの名前を、
クラナドを意識する形になったようです。

東浩紀の子供の学校は?中学校を受験?

さて、
東浩紀さんの子供の学校はどこなのか、
といった話題も、
ネット上では
話題になっているようです。

東浩紀さんの娘さんの年齢は、
2005年生まれなので、
2018年4月に、
中学校に入学しているようです。

東浩紀さんは、
中学受験をしていて、
筑波大学附属駒場中学校に、
入学していますが、

東浩紀さんは、
自分と同じように、
娘にも中学校受験をさせたそうです。

東浩紀と娘の、中学校受験のエピソードとは

東浩紀さんは、
「いい中学校に入ると、上流家庭の友達ができるよ」
といったような言葉で、
娘さんの受験意欲を高めようと、
したこともあったそうですが、

東浩紀さんの娘さんは、
あまり上昇志向が強くない、と、
東浩紀さんは考えているようで、
「上流じゃなくても、友達は友達だ」
と、まっとうな答えをした、
という話が伝わっています。

東浩紀の娘の学校はどこ?

東浩紀さんの、
娘さんの進学した、
中学校がどこなのか、
というのは、
具体的な学校名は分かっていませんが、

おそらく、
東京都内の、
進学校である私立の中学校ではないか、
といった見方が、
ネット上ではされているようですね。

というわけで、
東浩紀さんの
「結婚は?奥さんや子供は?義理の父親は翻訳家?クラナド?娘の名前や学校は?」
といった話題をお送りしました。

宇野常寛の妻と結婚は?子供は?父親や本名、実家は八戸市?大学は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする