大江健三郎の子供は息子と娘!妻や父親、母親、兄弟、実家と家族構成!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

大江健三郎の息子は?長男は大江光で次男や娘は?妻は伊丹十三の妹で、父親、母親、兄弟は?

小説家の
大江健三郎さん。

東大在学中に小説家デビューし、
芥川賞を受賞。
話題作を次々に発表し、
1995年には川端康成に次ぐ、日本人で2人目のノーベル賞作家となりました。

大江健三郎さんの作品は、
自伝的な作品が多いこともあり、
大江健三郎さんの父親や母親、先祖や家族構成といった事柄は
話題になることが多いようです。

この記事では
大江健三郎さんの
家族や家系図といった事に関したことを、取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

大江健三郎の出身地は愛媛県で、先祖は大洲藩の武士

大江健三郎さんの出身地は、
愛媛県です。

大江健三郎さんが
小説で描く「四国の森」は愛媛県が舞台なんですね。

大江健三郎さんの実家は、
愛媛県喜多郡大瀬村、現在の内子町という場所にありました。

大江健三郎さんの先祖は、
伊予、大洲藩に仕える下級武士の家系でした。

大江健三郎の実家の家族構成と兄弟姉妹

大江健三郎さんの実家の家族構成を
確認していきましょう。

大江健三郎さんの実家の家族構成は
父親、母親のほか、
兄と姉が2人ずつ、
弟と妹が1人ずつです。

大江健三郎さんは
7人兄弟でした。

大江健三郎さんは、
祖母とも同居していて、
幕末にあった大瀬騒動という一揆の話を
祖母から聞いて育ち、
それがのちの創作にも生かされているのは、
大江健三郎さんの作品を読むとよく分かります。

大江健三郎の父親と母親

大江健三郎さんの父親の名前は
大江好太郎さん、母親の名前は大江小石さんといいます。

大江健三郎さんの父親の職業は、
ミツマタや栗、柿などを扱う仲買商でした。

大江健三郎さんの親族には
教師や学者などはいなかったようで、
そうした意味では文学とは無縁の環境で育ったのでした。

大江健三郎さんと同世代の作家や文学者の多くが、
都市部の中流家庭の出身であり、
都市文化や文学に触れやすい環境にあったのに対し、

四国の森の中で育った
大江健三郎さんは
そうした環境ではありませんでした。

大江健三郎さんの文学の独自性ともいえるものは、
四国の田舎町に育ったというところに
起因するところも多くあると、言われています。

大江健三郎の兄弟の名前と職業

また
大江健三郎さんの兄弟についてですが、
それほど多く明らかになっていません。

大江健三郎さんの一番上の兄の名前は
大江昭太郎さんといい、
職業は燃料店の経営をされていました。

大江健三郎さんの弟の職業については
著作を参考にすると、
警察官だったのではないかと見られています。

兄弟の中で
東京の大学に進学し定住したのは
大江健三郎さんだけのようです。

大江健三郎の妻と子供たち!妻は伊丹十三の妹!

では
大江健三郎さんの妻や子供たちについて、
見ていきたいと思います。

大江健三郎さんは妻との間に、
長男、長女、次男と3人の子供がいます。

大江健三郎さんの妻は、
映画監督の伊丹十三さんの妹の、
大江ゆかりさんです。

大江健三郎さんは、
伊丹十三さんと同じ高校に通っていたという縁があり、
学生時代からの付き合いがありました。

大江健三郎の妻の父親も映画監督の伊丹万作で、親戚には宮本信子や池内万作も…

また、
伊丹十三さんと、大江健三郎さんの妻、大江ゆかりさんの父親も、
映画監督の伊丹万作さんです。

大江健三郎さんの妻の方の家系図には、
映画、芸能関係者が多いです。

大江健三郎さんの義理の姉(伊丹十三の妻)は
女優の宮本信子さんで、
大江健三郎さんの甥(伊丹十三さんの長男)は
俳優の池内万作さんです。

それから、
大江健三郎さんの妻方の遠縁の親戚には
演出家の佐々木孝丸さん、俳優の佐々木勝彦さん、
俳優の千秋実さんもいて、
とても芸能関係者が多いことに気づきます。

大江健三郎の長男、大江光は作曲家

そして
大江健三郎さんの子供たちについてです。

大江健三郎さんの長男の名前は
大江光(ひかり)さん。

大江健三郎さんの長男の大江光さんは、
クラシックの作曲家です。

大江健三郎さんの小説には
大江光さんをモデルにした人物が良く登場するので、
読者の方はよくご存知ですね。

『新しい人よ眼ざめよ』や、『静かな生活』などで、
大江光さんを思わせる人物が描かれています。

大江健三郎の娘の名前は?

そして
大江健三郎さんの娘についてです。

大江健三郎さんの娘の名前は、
菜摘子(なつみこ)さん。
上智大学出身で現在は結婚されているそうです。

大江健三郎さんの
『静かな生活』は、
大江健三郎さんの娘さんを
思わせる人物が視点人物となっている作品です。

大江健三郎の次男の名前は、大江桜麻さん

それから
大江健三郎さんの次男ですが
名前は大江桜麻(さくらお)さんといいます。

大江健三郎さんの次男、
大江桜麻さんは、
大江健三郎さんがノーベル文学賞を受賞された時、
東京大学農学部の大学生でした。

大江桜麻さんは、
東京大学大学院農学研究科の修士課程を出て、
三井化学に勤務されているのではないか、と、
ネット上では見られているようですね。

というわけで
大江健三郎さんの妻、子供、実家や父親と母親、兄弟など、
家族構成に関する話題をお送りしました。

村上春樹の家族、妻・陽子さん・父親・母親・兄弟・実家・結婚は?

太宰治の子供は何人?妻と結婚は?娘と息子の名前は?家族と家系図!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする