社会人の友達の作り方は?できないし減るか疎遠に?いらない?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

Michi-Nordlicht / Pixabay

社会人の友人の作り方は?疎遠になって減る友達はいらない?

社会人になると、
学生時代に比べて
自然と友達の人数が減る、というのは
よく聞く話であり、

また
個人の実感としても
あるものです。

友達をつくるなんて、
なんともない行為だったのに、

どうして
社会人になると
友達が
できない状況が長く続いたり、
減る傾向
あるのでしょうか。

今回は、そんな
「社会人の友達の作り方は?友人ができないし疎遠になる?いらない? 減るのを防ぐ方法はないの?」
ということについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

社会人の友達の作り方は、学生時代とは違いがある

さて、そもそも
社会人になる以前、

どうやって
いろいろな人と
友達になっていたのか、

まずそのことを
確認していきたいと思います。

子供の頃や学生時代は、
友達というのは作るものではなく、

気が付くと
自然に
友達になっていた、
という感覚だったのではないでしょうか。

同じ場所、同じ時間
共有
しているうちに
お互いのことが
なんとなく分っていって、

気が付いたら
友達と呼べる
関係になっていた、というわけです。

社会人の友達は、職場の人たちが中心で、学生時代とは友人の作り方が違う!

つまり
学生時代
友達が
自然と出来てしまう
環境にいるため、

友達の
作り方という
意識が
働くことがありません。

それに対して、
社会人の場合は、

どうしても
人間関係の中心は
職場の人たちになってきます

社会人で友達ができない、友達と疎遠になる理由は…

たしかに
社会人もまた、

毎日職場で
同じ人たち
会っているわけですが、

職場というものは
お互いが役割を果たし、

仕事で成果を出し、
顧客に貢献し
会社という組織に
利益を生み出すことが
目的の集団です。

したがって、
なかなか
個人的な話
感情を見せることが
できない空間になっています。

社会人が
会社で友達が
できない理由は、そこにあるようです。

社会人で友達が減るのを防ぐ方法、友達の作り方を、考えてみる

では、
社会人の
友達の作り方は、
どのようなものになるのでしょうか?

結論から言いますと、
先ほどお話をした
学生時代のような
シチュエーションの空間に
休日に積極的に
出入りをすればいいと言えます。

つまり、
同じ場所、時間を
意図的に共有することこそが、

社会人の友達の
作り方である、というわけです。

友達ができない社会人の、友達の作り方とは…

幸いなことに、
現代はネットがインフラとして完備し、

また
スマホや
タブレットといった
さまざまなデジタルツールや

ツイッターや
ラインといった
SNSも存在しています。

したがって、
社会人の友達の作り方としては、
オフ会や
社会人サークルなどで
リアルで知り合い、

その後は
ツイッターや
ラインで連絡を取り合うことで、

擬似的に
ずっと一緒に居る感覚
作り出すということが
ポイントに
なるのではないでしょうか。

社会人の友達は結局、疎遠になって減るものなのか?

もっとも、
そのようにして
出会った
人間関係であっても、

社会人というものは
忙しいものです。

忙しさに
かまけているうちに
連絡をするのを忘れて
疎遠になってしまう、
というのは

社会人生活に入ってからの
友達に限らず、
学生時代の
友達ですら
よくあることです。

社会人に友達はいらない?

そのようなことを
繰り返しているうちに、

友達なんていらないという
気持ちになる人も
多いようですが、

やはり
友達が居ないのは
さびしいというのが本音のようです。

社会人には友達が減る傾向があるが、疎遠にならない努力から…

社会人になってから
友達が
減る傾向にあるという意識が
あるとしたら、
いまの友達と
疎遠にならないように
コンタクトをとりつつ、

新しい場所
出入りをして
何人もの人に
コンタクトをとることです。

それがもっとも
実践的な、
社会人の友達の作り方なのでは
ないでしょうか。

今回は、そんな
「社会人の友達の作り方は?友人ができないし疎遠になる?いらない?減るのを防ぐ方法はないの?」
ということについて考えてみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする