実家に電話しにくい!できない!頻度が過ぎると嫌われる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

MabelAmber / Pixabay

実家に電話をしにくい理由は内容を聞かれることへの不安!頻度が気になり電話できない?

友達や
彼氏、彼女が
実家住まいである場合、

実家に電話をできない、
あるいは
電話しにくいと感じる…。
そのような
心理を持つ方が増えています。

実家暮らしの人に
電話をかける場合は

電話をかける
相手である
友達や彼氏、彼女以外の
家族がはじめに電話に出たり、

あるいは
電話中に話の内容を
聞かれるのでは?
と心配をする方が
多いようですね。

今回は、そんな
「実家暮らしの
彼氏や彼女に
電話をしにくいと感じる理由」について、
考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

実家に電話できない理由ナンバーワンは頻度の問題!

それでは、
なぜ彼氏や彼女の実家に
電話をしにくいのかについて
お話をしていこうと思うのですが、

ネットで
実家暮らしの人に
電話をかけることについて

皆さん
どのようなことに
不便や不満を感じているのかについて
調べてみたところ、

電話の頻度を気にすることで、
相手の実家に
電話ができないと
感じる方が
もっとも多いようですね。

実家に電話しにくいのは、相手の家族の反応が気になるから

実家暮らしの方への
電話の
頻度を気にするとは、
一体どういうことなのでしょうか。

さっそく
その点について
さらに調べてみましたが、

友達や
彼氏・彼女
実家に電話をかける
頻度が高い場合、

相手の家族が
たびたび
電話がかかってくることを
不審に
思うのではないか?

という不安を
皆さん抱いているようです。

実家への電話は、相手の家族の反応が気になり電話できない?

当たり前のことですが、

実家暮らしの人は
その人以外の
家族と
同居をしていますので、

電話をかけると
友達や
彼氏・彼女以外の家族が
電話にでることもあります。

したがって
電話をかける
頻度が高い場合、

相手の家族から
「またあの人から電話か」と思われ、
嫌われてしまうのではないか?
という風に思うようです。

実家に電話をしにくいのは、考えすぎの問題

このような
心理について考えてみますと、

相手の実家に
電話をかける場合、

家族が
電話に出ることを
考えると
電話をしにくいという気持ちは
その通りなのですが、

電話に出る人は
自分の友達や
彼氏・彼女の家族であるという
当たり前のことを
思い出すことで

そんなに
不安になったり
嫌になることはないのではないか?
という見方もあるようです。

実家への頻度の激しいセールス電話は嫌われるが…

ちなみに、
実家にかかってくる電話は
セールスの電話
中心であると言われています。

そのような
電話に対しては
あまりに
頻度が過ぎる場合は
電話を迷惑がられることもあるでしょうが、

自分の家族の
友達や彼氏、彼女からの
電話については、
迷惑がられることもないでしょう。

実家への電話は、防音や声の大きさによっては内容を聞かれる?

また、
実家に電話をしにくい、
できないと思ってしまう
心理の中には、

電話の内容を
相手の家族に
聞かれるのではないかという
心配もあるようです。

これについては
相手の実家の
防音状況
自分や相手の
声の大きさといったものが
関係してきますので、

あまり
神経質に考える
必要はないのではないか、
というのが
一般的な見方のようですね。

実家に電話をかける目的=楽しく話をするため!

もっとも、
電話の内容を
聞かれることを
嫌だという気持ちはわかりますが、

友達や
彼氏彼女への電話というものは
特に要件もなく
ただ話をすること自体が
目的であるので、

頻度や防音といった事と同じく、
相手の家族に
聞かれることについても

あまり
神経質になりすぎると
電話をすることすら
できないことになります。

実家に電話できないなどと、神経質に考えなくていい!

繰り返しになりますが、
友達や
彼氏彼女の実家に
電話をかける目的は、

楽しく電話で
お話をすること
それ自体が目的です。

ですから、
実家に電話だから
しにくいという思いや、

頻度
高すぎるため
電話できないという思いに
とらわれすぎると、

楽しいはずの
電話が
つまらなくなってしまいます。

実家への電話でも、
あまり気にせず
楽しく
お話をしたいものですね!

今回は、
実家への
電話が
しにくい理由を

頻度面や
声を聞かれることへの不安という
観点から
考えてみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする