小野寺五典の家族?妻と子供は?実家は旅館?家系や出身地は気仙沼?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

markus53 / Pixabay

小野寺五典(おのでら・いつのり)大臣の妻や息子は?子供は何人?家族構成は?実家は旅館?家系は?

小野寺五典防衛大臣!

小野寺五典防衛大臣といえば、
テレビのニュースなどで、
よく見かける方ですね。

名前の読み方が難しいという声も、
聞かれているようですが、
「小野寺五典」と書いて、
「おのでら・ごてん」ではなく、
「おのでら・いつのり」という読み方をすることは、
着実に認知度が深まっているそうですね。

自民党所属の議員として、
今後の活躍が注目される、
小野寺五典防衛相の人物像について、
迫ってみたいと覆います。

というわけで今回は、
自民党所属の代議士、小野寺五典防衛大臣の
「出身地は宮城県気仙沼市?実家の父親・母親は?兄弟は?家族は旅館経営?妻や子供、家族や家系は?息子?」
についてお送りします。

スポンサーリンク

小野寺五典の実家の家族と苗字は?

それでは、
小野寺五典大臣の家族について触れてみましょう。

まずは、
小野寺五典大臣の実家の家族についての話題から、
見てみます。

小野寺五典大臣の実家の苗字は、
熊谷さんといいます。

小野寺五典大臣は、
結婚して、妻の苗字を名乗っているので、
婿養子ということになるのでしょうか。

現在は小野寺五典さんなわけですが、
実家の苗字は、熊谷さんなので、
もともとは熊谷五典さんだったわけですね。

小野寺五典の出身地は気仙沼市で、実家は旅館?

小野寺五典大臣の実家は、宮城県気仙沼市です。

地元出身地の宮城県気仙沼市といえば、
東北地方を代表する海の町、港町ということで、
栄えてきた町ですね。

小野寺五典大臣の実家もやはり海と縁があるのか、
大鍋屋本館という名前の旅館のようですね。

実家が旅館経営というのは、いいですね。
港に近い、歴史のあるホテルということで、
観光客の利用もあるのでしょうね。

小野寺五典の実家の家族や兄弟の名前は?

小野寺五典大臣の実家の家族について、
見ていきましょう。

小野寺五典大臣の実家の家族は、
父親・母親・小野寺五典・弟
という構成の家族のようですね。

小野寺五典大臣の父親の名前は、
熊谷安統さんといいまして、
母親の名前は、
熊谷桂子さんというそうです。

また、
小野寺五典大臣の兄弟については、
弟がいて、名前を熊谷浩典さんといって、
実家の旅館業をついでいるようですね。

小野寺五典の妻の家系は?

それでは次に、
小野寺五典大臣の妻のほうの家系について、
見てみましょう。

小野寺五典大臣の妻の父親(義理の父親)は、
政治家でした。

名前は、
小野寺信雄さんといいまして、
気仙沼市長、宮城県会議員、宮城県会議長といった、
地元政界の要職を務めた方のようです。

また、
小野寺五典大臣の妻の実家も、
事業を営んでおり、
妻の父親・小野寺信雄さんは、
小野良組会長、ホテル望洋会長も務めているそうです。

地元有力者の家系同士で、
結婚したということになるのでしょうか。

政治家の家系では、よくあることですね。

小野寺五典の家族構成は?妻と子供は?

次に、
小野寺五典大臣の現在の家族の話題へと、
移っていきたいと思います。

小野寺五典大臣の家族構成は、
小野寺五典・妻・息子・息子
といった構成の4人家族のようですね。

小野寺五典大臣の妻の名前は、
小野寺良枝さんというそうです。

小野寺五典大臣の二人の子供については、
息子さん二人ということです。

小野寺五典の息子さんの情報は?

政治家の子供というと、
小学校や中学校・高校の頃から
英才教育を受けて、
東京大学や早稲田大学、慶應大学などの名門大学へ入り、
父親の秘書などをして、

将来、父親の跡を継いで、
政治家になる人が多いようですが、
小野寺五典大臣の息子さんについては、
現在のところ、
これといった情報はないようです。

小野寺五典大臣は、
年齢が1960年生まれと若いので、
後継者の話がでないのは、
当たり前かもしれません。

というわけで今回は、
自民党所属の代議士、小野寺五典防衛相の
「出身地は宮城県気仙沼市で実家は旅館?父親・母親・兄弟姉妹は?妻や子供、家族や家系は?息子?娘?」
についてお送りしました。

小野寺五典の派閥や身長は?大学や学歴、高校は?経歴や出身地は?

石破茂の家系図と、娘は美人で早稲田大学卒東電社員

稲田朋美の夫は稲田龍示弁護士!年齢は?娘の学校は東大?息子と父親は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする