黒田慶樹氏の家系図!父親、母親、兄弟、先祖は?華族に通じる名家!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
スポンサーリンク

ilyessuti / Pixabay

黒田慶樹の父親、母親、兄弟、実家の家族構成は?先祖は?家系図は華族につらなる名家?

東京都職員の
黒田慶樹(くろだよしき)さんは、
天皇陛下の妹である清子内親王と
ご結婚されました。

皇籍を離れて民間人となった、
黒田清子さん(旧・清子内親王)でしたが、
夫である黒田慶樹さんの誠実な人柄に触れ、

大きく環境が変化した生活に、
なじんでいらっしゃるそうです。

この記事では、
黒田慶樹(黒田よしき)さんの
実家の家族構成や、両親や先祖や家系図に関する事柄を整理してみます。

黒田慶樹さんの
実家の家系図はどのようなものでしょうか。

スポンサーリンク

黒田慶樹氏の経歴

はじめに
黒田慶樹さんの
簡単な経歴を確認しておきましょう。

黒田慶樹さんは、
1965年東京都生まれです。

学習院初等科に学び秋篠宮文仁親王の学友で、
とても親しかったようです。

黒田慶樹さんは、内部進学して、大学まで進み、
学習院大学法学部を卒業後、
三井銀行に入行しました。

その後、
黒田慶樹さんは
東京都庁に転職したというわけです。

黒田慶樹氏の家系は名門?

一部週刊誌などの報道では
黒田慶樹さんの家系は、
名家ではなく庶民だ、
といったような扱われたかたをされていましたが、

黒田慶樹さんの家系図を
さかのぼり、
丹念に見ていくと
庶民の家系ではなく、名家の家系であることに
気付きます。

黒田慶樹氏の祖父・黒田慶太郎の家系図

では
黒田慶樹さんの家系図は
どのようなもので、
先祖や親戚にはどのような方がいるのでしょうか。

黒田慶樹さんの祖父を中心とした
家系図を見ていきます。

黒田慶樹さんの祖父の名前は、
黒田慶太郎。

大阪の人で、
東京高等商業学校に学んだ秀才であり、
上海で紡績業の事業に携わっておりました。

黒田慶太郎
明治15、大阪、黒田吉三郎長男
東京高等商業卒
上海紡績会長

妻:チカ子
明治28、多賀武次郎長女
柳川高女出身

長男:慶一郎
大正9
立教大経済卒
トヨタ自動車販売常務、日本ケミカル会長

同妻:治子
大正15、子爵秋月種英三女
学習院女学部卒

女:邦子
大正6
日本女子大出身
大木達雄と結婚

女:睦子
大正12
雙葉高女出身

女:郁子
大正14
雙葉高女出身

七女:喜久子
昭和2
東京女学館出身

二男:慶次郎(後述) ※黒田慶樹氏の父親

長女:徳子
大正3
東京女子大出身
子爵税所篤満と結婚

黒田慶樹氏の父親の家系図

そして
黒田慶樹さんの父親の家系図です。

黒田慶次郎
昭和5、黒田慶太郎二男
学習院大政経卒
トヨタ自動車勤務

妻:寿美子

長男:慶樹
昭和40
学習院大法卒
東京都都市整備局勤務

同妻:清子
昭和44、平成天皇第一女子
学習院大国文卒

次男:

※弟さんの名前や職業などは不明

黒田慶樹さんの父親の名前は
黒田慶次郎さんといいます。

黒田慶次郎さんは、
学習院初等科から一貫して学習院に学び、
学習院大政経学部卒業
トヨタ自動車に勤務する会社員です。

黒田慶樹さんの父親も
学習院に学んでいますので、

黒田慶樹さんの家系は、
戦前には
特権階級だったことがわかりますね。

戦前の学習院は
皇族と華族のための学校でした。
入学する際には皇族や華族の保証人を
必要としていたといわれています。

黒田慶樹さんの先祖は
華族ではないのですが、
家系図をみると、
近い親戚に秋月子爵家、税所子爵家という、
二つの武家華族の家系とつながっているので、

黒田慶樹さんの家系は、
華族ではないものの、
それに準ずる階級であった
言えるのかもしれません。

黒田慶樹氏の母親

黒田慶樹さんの母親についてです。

そして
黒田慶樹さんの母親は
東京の呉服問屋の一人娘でした。

黒田慶樹さんは
大学3年生のときに
父親をなくしてからは、
母親のもと

黒田慶樹さんと弟と、
3人で暮らし、
いわば母子家庭でした。

黒田慶樹氏の家系図は、先祖代々の名門だった?

それでは
黒田慶樹さんの家系図について、
もっと詳しく説明していきましょう。

黒田慶樹さんは、
上皇陛下の第一皇女である
清子内親王と結婚することで、

皇室と親戚関係になったわけですが
黒田慶樹さんの家系は
先祖代々の名門であり、
もともと華麗な閨閥関係を持っていました。

黒田慶樹氏の家系図は麻生家、三笠宮家とも親戚だった

黒田慶樹さんの叔父、
黒田慶一郎さんの妻方の家系図を
見てみましょう。

黒田慶一郎さんの妻の実家は、
秋月家という大名の子孫の家系で
華族に叙せられた家系です。

秋月種英 正三位勲二等子爵
明治13、秋月種樹二男
京大政治科卒
貴族院議員
カルピス製造監査役

妻:利武子
明治29、伯爵牧野伸顕二女

妻:須磨子
明治30、長崎、鍋島茂明の妹

二女:英子
大正6
日本医師会会長・武見太郎と結婚

三女:治子
大正15
黒田慶一郎と結婚 ※黒田慶樹氏の伯父

※近代名士家系大観より引用

黒田慶樹さんの伯父の妻、黒田治子さんの姉は、
元日本医師会会長の武見太郎さんと結婚しています。

武見太郎さんの娘の和子さんは、
麻生太郎元首相の弟、麻生泰さんと結婚しています。

麻生太郎元首相の妹は、
三笠宮寛仁親王の妃、信子妃です。

三笠宮寛仁親王は、上皇陛下のいとこにあたるので、
黒田慶樹さんの家系図をみると、
もともと
武見家や麻生家との親戚関係を通じて
皇室にもつらなっていたのですね。

黒田慶樹氏の家系図には、大久保利通、吉田茂らの名前も…

また、
黒田慶樹さんの伯父の妻の家系である
秋月家は、
牧野伸顕とも親戚です。

牧野伸顕は大久保利通の息子であり、
牧野伸顕の娘婿が吉田茂元総理、
その孫が麻生太郎元総理と三笠宮信子親王妃ということで、

牧野家を通じても、
麻生家や皇室と親戚になるのですね。

黒田慶樹さんの家系図は、
すごい閨閥をもちますね。

というわけで、
黒田慶樹(黒田よしき)さんの
実家の家族構成や、両親や先祖や家系図に関する事柄を見てみました。

雅子さまの実家や父親、母親、兄弟は?家系図や家族は?曾祖父は海軍?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする