商人、職人の先祖の調べ方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

akira535 / Pixabay

商人、職人の家系を調べる方法

商人、職人の先祖を調べる方法について、まとめてみたいと思います。
商人、職人とひとくくりにしているのには理由があります。

江戸時代は、「町」と「村」というのは、その支配構造からして、まったくの別物でした。
現在のように「村」の大きいものが「町」なのではありません。
「町」に住む庶民は、商人や職人によって構成されていました。
したがって、町に住む人=町人は、商人・職人であるといえます。

しかし、その一方で「村」に住む商人や職人もいました。
そうした人たちは、「町人」ではありません。「百姓」です。

参照記事
江戸時代の町人という身分
江戸時代の農民という身分

スポンサーリンク

先祖が住んでいた場所を知る

したがって、商人・職人だった先祖を調べるには、「町」に住む「町人」だったのか、「村」に住む「百姓」だったのかを、まずはっきりさせましょう。

先祖が「町」に住んでいたのか、「村」に住んでいたのかを調べるには、戸籍を取り寄せてみて、そこに書かれている先祖の最も古い本籍地が、江戸時代にどういった土地であったのかを調べれば分かります。

しかし、先祖が「町」に住んでいても、「村」に住んでいても、それほど先祖調査の手順が変わるわけではありません。

先祖調査の流れ

それでは、商人・職人の先祖調査の流れを説明していきましょう。

家族・親戚への聞き取り調査

戸籍調査

郷土史の調査

同姓分布の調査

旧土地台帳の閲覧

遠縁・親戚候補への聞き取り調査

本家宅への訪問調査

墓地調査

宗門人別改帳の調査

城下町の地図調査

神社の調査

過去帳の調査

このような具合になります。
基本的な作業は、「農民」の先祖を調べる場合と、ほとんど変わりません。

では、順番に個々の調査を説明してまいります。

家族・親戚への聞き取り調査

まずは、身近な人に先祖のことを尋ねましょう。
聞き出したいのは主に以下の事柄です。
・先祖の居住地
・いつからその場所に住んでいたか
・家業のこと
すでに、身近な親戚からの情報を集めたという方は、この作業はやる必要はありません。

戸籍調査

この調査によって、幕末における先祖の居住地が明らかになります。
先祖が「町」に住んでいた場合、古い戸籍を廃棄されてしまっているケースもあります。
都市部の戸籍廃棄は、農村部よりも積極的におこなわれているからです。
古い戸籍が廃棄されてしまっている場合には、調査が難しくなってしまいます。

郷土史の調査

郷土史の調査では、戸籍に書かれている古い本籍地のことを調べます。
先祖がどういった土地に住んでいたのかを知るわけです。
とりあえず「○○市史」・「○○町史」といったようなタイトルの本を読んでみましょう。

同姓分布の調査

次に同姓分布を調べます。
この調査は、自分の先祖と同じ苗字の人が、どこにどれだけいるのかを調べるものです。

戸籍で明らかになった、最古の本籍地付近の電話帳で、同じ苗字を調べるのです。
この調査によって、親戚宅をしぼりこみます。

また、あらかじめ、本家がどこにあるのかを分かっている場合には、この調査は省略しても構いません。

旧土地台帳の調査

旧土地台帳の調査は、先祖の暮らしぶりを明らかにするために行うものです。
旧土地台帳の調査は、郵送で可能なことが多いです。
郵送で済ませられるのであれば、早めに済ませておきましょう。
現地の法務局に出向く必要があるのであれば、後回しです。

遠縁・親戚候補への聞き取り調査

同姓分布の調査で明らかになった親戚宅に連絡をとり、情報収集に努めます。
本家が分かっている場合には、本家に連絡をとって調査協力を依頼します。

本家宅への訪問調査

ここから、現地調査となります。
本家宅と普段から付き合いがあれば、スムーズにいきますが、そうでなければ、ややハードルが高い調査です。
また、商家の場合には、本家宅が先祖の本籍地に存在しないことも多いです。
本家宅がどこにあるのかを調べるのに、苦労することも考えられます。

墓地調査

本家の協力が得られれば、墓地を紹介してもらいます。
しかし、「本家がどこにあるかわからない」「墓地がどこにあるか分からない」といった場合には、墓地を特定しなければなりません。
墓地を特定する作業については、以下の記事を参考にしてください。
リンク

その他の調査

宗門人別改帳の調査・⑩城下町の地図調査・⑪神社の調査については、一応このように順序立てましたが、すぐにアクセスできるものから順番に見ていって構いません。

⑩城下町の地図調査は、成果が得られないかもしれませんが、一応書いておきました。
この調査によって、先祖の名前や居住地が明らかになる可能性があります。
基本的に、城下町の地図調査は「武士の家系」でないと通用しないものです。
過去帳の調査については、現在では無理な調査かもしれませんが、一応あげておきました。
各個別の調査については各記事を参照してください。


ただいま期間限定で、ご先祖様の無料調査を致しております。
ネットだけでおこなえる、とても画期的な調査です。
戸籍調査だけでは満足いかない方におすすめです。
あなたのファミリーヒストリーを作ります!
ご興味をお持ちの方は、以下の記事をご覧ください。

無料調査のご案内

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする