江戸時代から明治時代における養子縁組制度の理解

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

KaoruK / Pixabay

養子縁組制度をもっと理解しよう

家系図や戸籍を見ていると、昔は養子相続がとても多かったことに気づきます。
現代では、それほど多く見られません。

この記事では、養子制度についての歴史的な理解を目標とし、みなさんの家系調査にお役に立てるような情報を提供して参りたいと思います。

スポンサーリンク

男系相続とは何か?

そもそも、日本において、家督は男系(だんけい)によって相続されるものでした。

まずは、男系という言葉について説明したいと思います。
近年、男系という言葉は、皇位継承問題において、クローズアップされていますので、馴染みのある方もいるかもしれません。

男系相続を理解しよう

例を出して説明しましょう。
ある所に、おじいさんがいました。
おじいさんには、息子と娘が一人ずついました。

息子と娘には、それぞれ男の子が一人ずついました。
つまり、おじいさんには、孫が二人いたわけです。

こうした場合、おじいさんから見て、「息子の息子」は「男系の男子」にあたります。
一方、「娘の息子」は「女系の男子」にあたります。

男系相続の場合では、「男系の男子」のみによって家督が相続されます。
つまり、男の子が生まれなかった家は、そこで途絶えてしまうことになります。

こうしたことを避ける為に、養子を迎えて家名を存続させることもありましたが、そうした場合にも「男系の男子」を一族中から探してきます。

皇族は、現在もこのような相続制度によって維持されております。

江戸時代に現れた婿養子相続

戦国時代以前においては、男系相続というのが当たり前でした。
しかし、江戸時代になると、男系相続にこだわらない相続が見られるようになります。
「婿養子(むこようし)」、「入り婿(いりむこ)」と呼ばれるものです。

江戸時代の日本においては、「婿養子」相続が非常に多かったのです。
婿養子相続は、近世以降の日本において成立した、固有の文化であるとも言えます。

ちなみに、皇族においては、「女系相続」は認められていないため、婿養子を迎えることは、制度上ありません。
これまでに、多くの宮家が廃絶しましたが、それは、婿養子を受け容れなかったからなのかもしれません。

さて、この記事では、江戸時代の養子制度に関する質問と回答をまとめました。

江戸時代に、養子相続が多かった理由

Q、
江戸時代は、養子相続がとても多いですね。
なぜでしょうか?

A、
養子相続が多かった理由は、「家の存続」というのが一大事だったからです。
武士の家系であれば、跡継ぎがいなければ、「お家断絶」になってしまいます。
藩主の家系だったら改易(かいえき)です。
※改易…藩がとりつぶされること

だから、よその家から跡継ぎを迎えていたのです。
また、江戸時代は生産性の低い時代でしたので、家の後取りでない二男・三男などは、養子に出なければ、一生食い扶持がなく、独身で過ごすひとも多かったのです。

このように養子に行く側、迎える側、双方にメリットがあったわけです。

江戸時代の養子相続の割合

Q、
江戸時代は養子相続が多かったようですね。
どれくらいの割合でいるのでしょうか?

A、
ベストセラーになった『武士の家計簿』によれば、約三分の一とあります。
私の実感としても、それくらいだと思います。

家系図に示された養子相続の疑問

Q、
私は、先祖が武士の家系です。
藩士の家系図のなかに、先祖のものもありました。
それを見てみたら、江戸時代中期に3代続いて養子相続になっていました。
ということは、血統が途切れているということでしょうか?

A、
そうとは言い切れません。
家系図に妻の記載がありませんでしたか?
おそらく、無かったのだと思われますが。

家系図の基本的な形は、代々の当主のみを直線でつないだだけのものです。
したがって、妻や兄弟姉妹は家系図に書かれないこともあるのです。

江戸時代は養子相続が多いですが、多くは「婿養子」相続です。
つまり、妻が養父の娘にあたる、ということです。
したがって、そのあいだに生まれた子どもは、先祖の血を受け継いでいることになります。
生まれた子どもが女の子であれば、またその子が成長したときに婿をとります。
こういったことを繰り返したのだと思います。

関連記事
江戸時代の養子縁組制度

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする