鳥越俊太郎さんの家系図とファミリーヒストリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

鳥越俊太郎さんの先祖は?

2015年7月10日、NHK総合テレビで放映された『ファミリーヒストリー』は、鳥越俊太郎さんの家系が取り上げられていました。
当サイトならではの家系調査の知識を取りいれて、考察と感想を書いていきたいと思います。

鳥越俊太郎さんの実家は、東証一部上場の鳥越製粉という会社の創業者一族です。
鳥越製粉は、俊太郎さんの曽祖父にあたる鳥越彦三郎さんによって興されました。
鳥越俊太郎さんの伯父にあたる鳥越繁喜さんが社長を務め、父・鳥越俊雄さんは専務を務めたそうです。

スポンサーリンク

鳥越家の家系図

番組取材班は、繁喜さんのお孫さん宅を訪ねます。
広いお屋敷で、蔵があります。
伯父・鳥越繁喜さんは、家系図を作成していました。
それによると、先祖は鳥越興膳という人物であるといいます。
このように家系図が残っていれば、家系調査は大きく前進します。

関連記事
古い家系図の問題点
※鳥越俊太郎氏の先祖は鳥越興善ではないという指摘もなされていますが、当サイトは番組の内容が事実であると仮定したうえで書かれたものであり、この問題については一切関知しません。

家系図に記された先祖「鳥越興膳」とは?

番組取材班は、鳥越興膳とは、どのような人物だったのか調べました。
地方の歴史書のなかに、先祖の記載を見つけています。
それによれば、戦国時代の九州の大名・大友宗麟の家臣であったといいます。
豊臣秀吉の九州平定によって、鳥越興膳は大庄屋に抜擢されます。
しかし、関ヶ原の戦いで西軍についたとのことで、耳納連山(みのうれんざん)に追放されてしまいます。
このように、戦国時代の武士が、農民になったケースは、よく見られます。

鳥越俊太郎の父の遺品

それから時代が一気にくだって、鳥越俊太郎さんの父の話になります。
鳥越俊太郎さんは、父に対して複雑な思いがあったそうです。
父・鳥越俊雄さんは、几帳面な方でたくさんの日記や手紙を残していました。
学生時代の成績表まで残っています。
こうしたものが残っているのは、とても素晴らしいことです。

鳥越俊雄の人生

鳥越俊雄さんは、大変な秀才でした。
成績表を見ると全甲です。
京大に進学し、合唱部に入部します。3年生になると合唱部の部長になります。
そのときに、部員が少ないということで、廃部の危機を迎えます。

そこで、俊雄さんは、女子部員を入れようと考えました。
当時、京大は男子学生しかいませんでしたから、近くの高等女学校から部員を募集することになります。

そして京都第一高等女学校から、ある女子生徒が入部してきます。
俊雄は、彼女のことを好きになり、ラブレターを送ります。
彼女のほうは、それほど乗り気ではありませんでした。
しかし、俊雄は積極的にアタックし、彼女の自宅に押しかけ、勝手に両親にも挨拶を済ませてしまいます^^;

彼女の両親は、俊雄の学歴と家柄を気に入って、娘を結婚させようと考えるようになります。
そして、彼女は京都第一高女を中退して、俊雄と結婚することになります。
つまり、彼女はのちに鳥越俊太郎の母になる鳥越綾子なのです。

※京都大学資料に見る鳥越俊雄さまの情報
経済学部に在籍していたようです。

対人恐怖症を発症

大学を出ると、住友本社に入ります。
札幌に配属されて、鉱山を担当することになります。
そこで大学出のお坊っちゃんである俊雄は、現場の坑夫たちのなかで孤立します。
それで対人恐怖症となり、会社を辞めてしまいます。
そうした中で生まれたのが鳥越俊太郎さんです。

鳥越俊太郎から見た、父の姿

鳥越俊太郎さんの目から見ると、父は弱い人間にしか見えなかったのだそうです。
対人恐怖症は、その後も良くなったり、悪くなったりを繰り返して、家族に迷惑をかけてしまった面もあったのかもしれません。
子どもとしての立場から見ると、複雑な思いがあったのでしょうか。

しかし、今回の番組を通して、鳥越俊太郎さんは新しい父の見方ができるようになったようです。
「ファミリーヒストリー」という番組があって、本当によかったと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする