江戸時代における武士の階級

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

DeltaWorks / Pixabay

武士の身分制度

「先祖が武士だった」とか、「ウチは士族の家系だ」といった言い伝えのある家庭もあります。
先祖が武士だった、といった場合には、まず自分の家が幕末の時点で武士だったのかどうか伝承を確かめる必要があると思います。

もともと武士だった家系が、農民として土着した例は非常に多いです。
「先祖は武士」という言い伝えがあったとしても、江戸時代に武士だったのか、それとも安土桃山時代以前かどうかによって、調査方法が異なるので、まず確認したい点です。

スポンサーリンク

武士のご先祖調査に必要な知識を整理!

さて、江戸時代の武士の階級について、こちらの記事では取り上げてみたいと思います。

一口に武士といっても、細かく階層化されておりました。
武士の階級を分類する場合、以下のように整理できると思います。
・侍(さむらい)
・徒士(かち)
・足軽(あしがる)

上から順番に、説明して参りましょう。
「侍(さむらい)」が最も上位に位置します。
現在では、「侍」というと「武士」と同義語だと考える方が多いと思います。
しかし、もともと「侍」とは、「上級の武士」のみを指す言葉です。

侍は、騎乗が許されております。
別の言い方をすると、侍以外の武士は馬に乗る資格がないということになります。
時代劇などを見ていると、武士が馬に乗るのは、当たり前のように思われるかもしれませんが、それは一部の階層のみに許された特権だったのです。

次に、徒士(かち)です。
徒士は、騎乗が許されない身分ですが、武士階級です。

最後に、足軽(あしがる)です。
足軽は、下級の武士とされています。
時代と地域によっては、足軽は士分ではない=武士ではないとされることもあります。

足軽であれば、主君への「お目見え」が許されませんでした。
「お目見え」とは主君と対面することを言います。

上級武士、中級武士、下級武士の定義

よく上級武士、中級武士、下級武士のような言われ方をされることがあります。
そうした場合、上級武士といえば、「侍」のみを指します。
藩によって大きく異なるのですが、侍の割合は、武士全体の2割くらいしかいなかったと言います。

侍が上級武士だとすると、それに順ずる徒士(かち)と足軽が、それぞれ中級武士・下級武士というように分類できます。

武士だった先祖の家系調査には手ごたえあり

ご先祖が武士だったという方は、ご先祖が武士のなかで、どういった身分で、どういった役職についていたのかに注目して、調査すると良いと思います。
ご先祖が武士だったという家系の方は、記録が多く残っておりますので、きっと手ごたえがあると思います。
是非、調査してみてください^^

関連記事
武士の家系の調べ方古地図と俸禄制度


ただいま期間限定で、ご先祖様の無料調査を致しております。
ネットだけでおこなえる、とても画期的な調査です。
戸籍調査だけでは満足いかない方におすすめです。
あなたのファミリーヒストリーを作ります!
ご興味をお持ちの方は、以下の記事をご覧ください。
無料調査のご案内

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする