三島由紀夫の妻や結婚、子供の学校や名前は?子孫は結婚?家族構成は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
スポンサーリンク

Tama66 / Pixabay

三島由紀夫の子供の学校、名前は?妻と結婚?子孫と家族構成は?

昭和を代表する、
天才作家、
三島由紀夫。

三島由紀夫は、
美しく流麗な文体が、
特徴的ですね。

三島文学の、
魅力は、
時代をこえて、
現代でも、
多くの読者を獲得しています。

そんな、
戦後日本を代表する小説家、
三島由紀夫の
妻は?子供の名前や学校、結婚は?子孫は?
といった話題を見ていきましょう。

スポンサーリンク

三島由紀夫の妻と子供、家族構成は?

それでは、
三島由紀夫の、
家族構成について、
見ていきたいと思います。

三島由紀夫の、
家族構成について、
整理すると、
三島由紀夫・妻・娘・息子
という構成で、
4人家族でした。

三島由紀夫の自宅は、
大田区南馬込に、
住所がありましたが、

その自宅には、
同じ敷地内に、
三島由紀夫の父親と母親が、
住んでいました。

三島由紀夫の妻の名前は?

それでは、
三島由紀夫の、
奥さんは、
どんな人だったのか、
といったことを、
見ていきましょう。

三島由紀夫の、
妻の名前は、
平岡瑤子(ようこ)さん、
といいます。

三島由紀夫は、
本名は、
平岡公威(きみたけ)というので、
三島由紀夫の妻は、
平岡という苗字なんですね。

しかし、
「作家・三島由紀夫の妻」として、
三島瑤子、と名乗ることもありました。

三島由紀夫の妻との結婚は…

三島由紀夫が、
妻と結婚したのは、
三島由紀夫が、33歳で、
妻の平岡瑶子さんが、21歳の時でした。

結婚当時の、
平岡瑶子さんは、
日本女子大学英文科に通う、
大学生でした。

三島由紀夫の妻の実家と学校学歴

三島由紀夫の妻、
平岡瑶子さんの、
実家や経歴について、
簡単に説明しておきます。

三島由紀夫の妻、
平岡瑶子さんは、
昭和12年(1937)生まれ。
日本画家・杉山寧(やすし)の長女です。

平岡瑶子さんは、
良家の子女として、
生まれ育った方で、
日本女子大学附属豊明小学校から、
ずっと、
日本女子大学に学びました。

大学在学中に、
三島由紀夫と結婚することになり、
日本女子大学を中退しました。

三島由紀夫の子供は何人?

そして、
三島由紀夫と瑶子さんは、
結婚したわけですが、
子供は何人いたのか、
というと、

娘が一人、
息子が一人と、
それぞれ、
一人ずついたそうです。

三島由紀夫の娘(長女)の名前や学校は?

では、
三島由紀夫の子供について、
話題を移してみましょう。

三島由紀夫の、
娘(長女)は、
昭和34年(1959)生まれ、

名前は、
平岡紀子(のりこ)さん、
といいます。

学歴は、
学習院幼稚園から、
初等科、女子中等科、女子高等科と進学し、
学習院大学文学部仏文科を卒業しています。

三島由紀夫の、
戯曲の演出もしています。

三島由紀夫の娘(長女)の結婚相手は、外交官

三島由紀夫の娘、
平岡紀子さんは、
外交官の、
冨田浩司さんと、
結婚しています。

三島由紀夫の娘、
平岡紀子さんの夫は、
外交官で、
イスラエル駐在の大使も、
務めています。

三島由紀夫の息子(長男)の名前や学校は?

そして、
三島由紀夫と瑶子夫人の、
もう一人の子供である、
息子さんについても、
見ていきましょう。

三島由紀夫の、
長男は、
昭和37年(1962)に生まれています。

名前は、
平岡威一郎(いいちろう)さん、
といいます。

学歴は、
お茶の水女子大学附属小学校から、
開成中学校に進学しています。

開成中学校は、
三島由紀夫の母方の祖父が、
昔、校長をしていた、
という縁もありました。

三島由紀夫の子供の職業は?

三島由紀夫の、
息子、平岡威一郎さんは、
中学校卒業後、
アメリカにわたり、

帰国後は、
市川崑監督のもとで
映画製作を学んでいた、
といわれています。

学歴は、
慶應に進んだ、
といいます。

銀座で、
宝飾店を経営するなど、
事業もしていたようで、

三島由紀夫の関連著作の、
監修出版にもかかわっていて、
その折には、
「三島威一郎」とも名乗っている、
といいます。

というわけで、
戦後日本を代表する小説家、
三島由紀夫の
嫁は?子供の名前や学校、結婚は?家族構成や子孫は?
といった話題を見てみました。

三島由紀夫の父親・母親・祖父・祖母は?先祖と家系図、家族構成は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする