小林幸子の実家のファミリーヒストリー、新潟市中央区の家族・父親・母親

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

jill111 / Pixabay

小林幸子の地元・新潟市中央区と、ファミリーヒストリー

小林幸子さんの、
NHK、ファミリーヒストリーが放映されました。

小林幸子の父親・小林喜代照の遺品のレコードをめぐる話らしいのですが、
どういったエピソードなのでしょうかね。

番組でおこなわれた調査や感想をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

小林幸子の父親・小林喜代照の実家

小林幸子の父親・小林喜代照の実家は、
農家でした。

小林幸子の父親は、次男として生まれました。
小林幸子の父親・小林喜代照は、若い頃、大きな夢を持っていました。

歌手になりたい、という夢があったのです。
また、ブラジル移民になりたいといった夢もあったといいます。

新潟県の農家の次男坊として生まれました、小林幸子さんの父親でしたが、
当時の若者としては、とても大きな夢を持っていたのだと思います。

小林幸子の父親と、レコードのエピソード

しかし、そうした夢はかなわず、
小林幸子の父親・小林喜代照は、昭和15年、陸軍に入隊します。

軍隊に入営する際に、
自分の歌声をレコードに録音していたのです。
自分の生きた証のようなものを、残しておきたいと感じていたのでしょう。

陸軍に入隊した、
小林喜代照は、2年後に試験に合格し、憲兵となりました。
朝鮮半島に渡り、福渓里という場所で任務についていました。

小林幸子の父親の軍歴の調査

ファミリーヒストリーの番組取材班は、
当時同じ部隊にいた、人物の子孫を訪ねています。

すると、
小林幸子さんの実家に伝わる父親の軍隊時代の写真と、同じものが、取材先の子孫宅から見つかりました。

ファミリーヒストリーでは、
小林幸子さんの父親の軍歴を調べています。

軍歴を調べるには、現在も厚生省や地方自治体などが保有している、
兵籍簿を見せてもらうと、よく分かります。

祖父の軍歴を調べている、といった方には、
兵籍簿の請求を、おすすめします

参照記事
軍歴証明書・兵籍簿の取り方

小林幸子の父親の帰還

ファミリーヒストリーの番組取材班は、
小林幸子さんの父親の兵籍簿から、軍歴を明らかにしています。

しかし、
兵籍簿には、小林幸子さんの父親の終戦後の帰還に関する記載は、一切ありませんでした。
これはどういうことなのでしょうか?

専門家によると、
「おそらく非公式の船で日本海を渡ったのではないか」ということでした。

そして、
昭和20年8月末に、小林幸子さんの父親は新潟へ帰ってこられました。

小林幸子の母親の実家のファミリーヒストリー

次いで、
小林幸子さんの母親の家系のファミリーヒストリーへと番組は移っていきます。

小林幸子の母親は、旧姓・宮崎イツという名前です。
母親の実家の宮崎家は農家でした。

幸子の祖父にあたる・宮崎酉吉は新しいもの好きで、村の中で一番初めにガス灯を家に設置したといいます。

また、大正時代には、当時ほとんど作られていなかったトマトの栽培を、手がけたそうです。
トマトは、洋食に用いられる食材ですので、
当時、洋食が普及してきたということもあって、トマトの栽培・販売は先駆的なものでした。

番組の取材では、
イタリア軒という新潟市内のレストランにトマトを卸していたことが分かり、
当時のレシピまで残されていました。

小林幸子さんは、
このお店でディナーショーをしたこともあるとのことで、不思議な縁を感じました。

小林幸子の両親の結婚と、精肉店の開業

昭和20年12月に、
小林幸子の母親・イツは、小林喜代照と見合い結婚しました。

結婚後、小林幸子の母親は「これからは肉食の時代だ」と予感し、
「小林精肉店」をオープンしました。

小林幸子さんの母親は、実家が洋食屋さんにトマトを卸していたということから、
着想を得たのでしょう。

新しいもの好きだった、小林幸子さんの母方祖父の気性が受け継がれていたのかもしれません。

小林幸子のファミリーヒストリーの感想

その後、
番組では、小林幸子さんのデビューの話などが繰り広げられました。

それらについては、
すでに、以下の記事で書いてありますので、参考にされてください。

小林幸子の結婚相手、夫は東大卒?実家と父親・母親・子供は?

今回のファミリーヒストリーは、
丹念に番組の取材班が調査をしたにもかかわらず、
もともと知られていたエピソードばかりだったような気がします。

やはり、前回の北野武さんのファミリーヒストリーが、とても素晴らしかったですからね。
北野武さんのファミリーヒストリーについては、以下の記事にまとめてあります。
北野武の実家のファミリーヒストリー、祖母と母親と父親について

また、次回の放送を楽しみにしたいと思います。
次回の放送は、宮本和知さんのファミリーヒストリーとのことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする