本籍地を調査しないと、戸籍請求できない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

ekochin_6262 / Pixabay

戸籍請求の方法は?

家系を調べよう、先祖を調べようと思い立った方は、まず戸籍を請求してみましょう。
先祖の戸籍を取り寄せるには、その先祖が、本当に自分の先祖にあたるのかを証明する戸籍を、役場に提示しなければなりません。

つまり、自分の戸籍をとって、親の戸籍を取って、祖父の戸籍を取って、曽祖父の戸籍をとって…というように、順繰りにやらなければなりません

したがって、まずは自分の戸籍を取得する必要があります。自分の戸籍をとるには、自分の本籍地のある役所に請求すれば、取得できます。

スポンサーリンク

本籍地を知らないと、戸籍請求は不可能

まず、戸籍を取り寄せるといった際に難しい点について触れてみます。

みなさんは、自分の本籍地がどちらにあるかご存知ですか?
分からなければ、この時点で、戸籍調査はお手上げになってしまいます。

まずは先祖の本籍地を知ることです。

直系先祖の戸籍請求であることを、証明する

それから、先祖が、本当に自分の先祖であることを、役場に認めてもらう必要があります。
そのためには、自分と先祖との関係を示す戸籍謄本が必要になります。

先祖の本籍地を知ること、自分と先祖との関係を示すこと、この二つが、先祖の戸籍請求に必要になってくるので、まずは自分の戸籍をとりましょう。本籍地を知らなければ、戸籍謄本を請求できません。

こちらに記載があれば、その本籍地がある役場に申請すれば、自分の戸籍を取得できます。

具体的な戸籍の請求方法などについては、以下の記事をご覧ください。

戸籍調査から家系図を作成する方法


ご先祖さまのお名前の記載された記録を見つけるサービスをしております。
調査結果を得られなければ、無料というとても画期的なものです。
ネットだけでおこなえる、とても便利な調査です。
戸籍調査だけでは満足いかない方におすすめしています。
あなたのファミリーヒストリーを作ります!
ご興味をお持ちの方は、以下の記事をご覧ください。

ご先祖様の履歴調査のご案内

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする