中根重一 “夏目漱石の妻・夏目鏡子の父について”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

4volvos / Pixabay

夏目漱石の妻・夏目鏡子の父、中根重一の家族と家系図

NHK土曜ドラマ『夏目漱石の妻』で描かれる、中根重一と、中根家の人物についてまとめてみました。

スポンサーリンク

中根重一とは?

中根重一
嘉永4年、広島県出身。
中根家は広島県士族の家柄。
大學東校を卒業。
内務省地方局長、貴族院書記官長をつとめた明治時代前期の高級官僚。
正五位に叙せられる。

中根重一の家族、子孫

中根重一には、妻と三人の娘がいました。

妻・豁子

長女・キヨ(鏡子)
明治10年生まれ
小説家・夏目漱石に嫁ぐ
参照・夏目漱石

二女・トキ
明治12年生まれ
建築家・鈴木禎次に嫁ぐ
参照・鈴木禎次

三女・ウメ
奥村鹿太郎に嫁ぐ

長女の中根キヨ(中根鏡子)が、夏目漱石の妻・夏目鏡子です。
戸籍名は、キヨですが、鏡子と名乗っていたようです。
これは、当時の習わしで、よくあったことです。

出典:近代名士家系大観

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする