家系図作成業者の選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

shell_ghostcage / Pixabay

地元の業者と、現地の業者

家系図作成を業者に依頼する場合、どこにある業者を選んだら良いのでしょうか?
地元の業者にするか、それとも遠方にある業者でも構わないのでしょうか?
そういったことを気にする方は、多くいらっしゃいます。

スポンサーリンク

戸籍調査だけなら、どこの業者でも大して変わりない

戸籍請求の範囲内で、家系図を作る場合には、地元の業者でも遠方の業者でも、どちらでも構わないと思います。
費用は、近くの業者だからといって安くあがるわけでも、ありません。
戸籍で調べられる内容だけで充分であれば、どこの業者でも構わないと思います。
業者がどこにあるかということよりも、家系図のデザインの好みで選ぶべきでしょうね。

将来的なことを考慮すると…

しかし、将来、先祖についてもっと詳しく知りたい、と思うようになるかもしれません。
そういった時のためには、できるだけ専門的な業者に依頼するのが望ましいと考えます。

専門的な業者であれば、戸籍調査だけでも、ものすごい分析を行なってくれるところもあるからです。
また、専門的な業者は、全国対応してくれます。
したがって、遠方にあっても、専門知識を有する方に依頼するのが一番だと思います。

現地調査の料金は異なってくる

では、現地調査をともなう家系調査の場合には、どこの業者に依頼すれば良いでしょうか?
例えば、東京に住んでいるが、先祖の本籍地は青森にあるといった場合を、考えてみましょう。

現地調査には当然、移動費がかかってきます。
極端な例ですが、鹿児島の業者に依頼すれば、青森まで移動するわけですから、移動費だけで、かなりの経費がかかります。
調査の際に、電話を使うこともありますので、鹿児島―青森間の電話代も、生じてきます。

それならば、本籍地に近い青森の業者に依頼したほうが良いのでしょうか。
確かに、移動費や電話代などの経費の負担は少ないです。
しかし、問題となるのは、青森に現地調査までしてくれる業者があるかどうかです。
実際、現地調査までする業者は、日本全国にそれほど多くあるわけではありません。

現地の業者でも移動費が嵩むケースも…

また、青森の先祖のことを調べていても、先祖に関する資料が青森にあるとは限りません。
先祖を調べるには文献調査も必要になってきますが、日本で最も文献が集まっている地域といえば、東京です。

青森の業者に調査を依頼した場合でも、東京で文献調査をするとなれば、当然移動費が生じてしまうのです。

基本的には、地元の業者と東京の業者を軸に、探していく形になると思います。
しかし、業者選びにおいて、どこにある業者かというのは、それほど重要なことではないと思います。
やはり、調査能力で判断すべきでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする