段田安則さんの実家の家系調査とファミリーヒストリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

naoamano / Pixabay

段田安則さんの先祖調査

NHK総合テレビ『ファミリーヒストリー』では、俳優・段田安則さんの先祖を調べていました。
当番組で、どのような調査がおこなわれたのか、そして、そうした調査のもつ意味はどういったものなのかを解説していきます。

段田安則さんは、「段田という珍しい苗字のルーツを知りたい」と、冒頭で語っていますが、果たしてルーツは明らかになるのでしょうか?

スポンサーリンク

京都の本家宅の調査

番組では、まず京都にある段田家の本家に取材しています。
段田安則さんの祖父の実家にあたります。
現在は、兄の曽孫にあたる方が住んでいます。
段田安則さんとは、面識がないようですが、「親戚のようだ」ということは分かっていたようです。

本家への取材によって、先祖の情報がいくらか明らかになりました。
段田安則さんの曽祖父にあたる人物は、京都の出町柳という所に住んでいたようでしたが、その次の代に、家屋敷などの財産を食いつぶしてしまったといいます。

段田家の戸籍

戸籍によれば、段田安則さんの祖父・茂太郎は、「段田治兵衛と、段田やすの三男として、明治10年に生まれ、生後間もなく養子に出た」とのことです。
その後、何か事情があったようで、養家より実家に戻っていることが記載されております。
戸籍は、こうした表面的な事実しか示していませんが、本家の方が言う「段田家の没落」というものが、何か関係しているように思えます。

墓石に彫られた「段田」という苗字

番組では、段田家の先祖の墓地を調査しています。
古い墓石には、「明治3年」と書かれていて、側面には「段田氏」とあります。

歴史的な知識のある方だと、明治3年10月に「平民苗字許可令」が発令され、これによって、庶民が苗字を持つことを認められた、ということをご存知だと思われます。

ということは、「平民苗字許可令」発令以前に建てられた墓石に「段田氏」のように苗字が彫られたものが、残っているということは、先祖が江戸時代に苗字を持っていた身分(武士・神主・豪農・豪商など)だったことの証拠になるのではないか、と考えられるのでしょうか?

結論からいえば、段田家の先祖がこうした身分であった可能性は低いでしょう。
そして、先祖が武士だったかどうかといえば、その可能性はほとんどないと思われます。

江戸時代の先祖の職業を調べるのは、とても難しいものなのですが、高度な専門的知識を駆使すれば、ある程度見当をつけることができます。

「ご自分の先祖の身分を調べたい」という方はとても多いので、当サイトでも調査を承っております。是非、ご利用ください。
家系分析書の作成のご案内

段田安則さんの祖父

続いて、段田安則さんの祖父・茂太郎に焦点があてられています。
段田安則さんの祖父は、大阪で暮らしていたといいます。
段田安則さんは、祖父について「新聞記者のようなことをしていた、と伝わっている」ということでしたが、ほかの親戚への聞き取り調査によって、「特に仕事らしいことをしていなかった」ということが明らかになりました。

このように、先祖に関する言い伝えが異なっていることはよくある事です。
2代・3代と代を重ねるごとに、言い伝えの内容が変わっていってしまい、伝言ゲームのようになってしまいます。
家系調査を進める上では、こうした「言い伝え」に翻弄されるケースもあるので、注意が必要です。

参照記事
先祖についての言い伝えを確かめたいが…

戸籍調査から分かる、色々なこと

段田安則さんの祖父・茂太郎は、中井コゲンという女性と結婚し、二人の子を授かりました。
番組では、戸籍が映っていました。
戦前の仕様の戸籍で「大正4年式戸籍」といわれるものです。
段田安則さんの伯母「秀」、父「実」ともに、「母・中井コゲン」と記載されていました。
通常であれば、「母・コゲン」と名前だけ記されるはずです。
これは、出生当時に未婚だったことを示しています。

また、戸籍をよくみると、不自然な空白もあるので、あらたな事実も分かります。
個人的な内容なので、こちらの記事では、そうした事実について深く分析はしませんが、戸籍を見るだけで、実にいろいろなことが分かるということを、お分かりいただければと存じます。

その後、番組では段田安則さんの両親の生い立ちや出会いについて展開されていくのですが、先祖調査とはあまり関係のない内容だったので分析することは控えます。

参照記事
江戸時代、明治時代以降の「妾」について

今回のファミリーヒストリーについて

今回の放送は、戸籍がよく映っていたので、勉強になる部分も多かったのではないかと思います。
ただ、段田安則さんが冒頭で語っていた「段田という珍しい苗字のルーツ」に触れられていなかったのは残念でした。
とはいうものの、「苗字のルーツ」というものは、多くの場合、遡れないものなのです。
「苗字だけの情報で、先祖が分かる」ということは、まず有り得ないことですので、仕方ないことでしょう。
次回の放送も楽しみにしてみたいと思います。

参照記事
苗字と先祖の身分との関係は?


ただいま期間限定で、ご先祖様の無料調査を致しております。
ネットだけでおこなえる、とても画期的な調査です。
戸籍調査だけでは満足いかない方におすすめです。
あなたのファミリーヒストリーを作ります!
ご興味をお持ちの方は、以下の記事をご覧ください。
無料調査のご案内

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする