一人で寂しい辛い、寝れない夜に男性はなぜ泣くの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

Bess-Hamiti / Pixabay

一人で寂しい辛い男性は、夜に泣いて寝れない夜を、寝られる夜に

一人で寂しい。

そんな
辛い思いを
感じることは、
誰にでもあることです。

その辛い思いの
原因とは
どのようなものなのか、

そして
対処法はあるのか、

今回は、
「一人で寂しい辛い夜に、男性はなぜ泣くの?泣くのは、寝れない夜を寝られる夜に…」
というテーマでお送りしたいと思います。

スポンサーリンク

一人で寂しい時、夜泣くのはなぜ?

さて、それでは
一人でいる時に
感じる
寂しい気持ちについて
お話をしていきたいと
思うのですが、

ネットで
それらに関して
検索をしてみますと、

一人で感じる寂しさは
主に
に感じる人が多いようで、

そのため
寝れないという事態にも
つながるようです。

一人で寂しい気持ちは、男性・女性ともに

また、どうやら
夜に
一人でいる時に感じる
寂しい気持ちは

辛さ
より感じる
種類の記憶、感情が多く、

男女問わず
思わず
泣くこともある
という声もありました。

なぜ、寂しい気持ちは夜なのか?

では、なぜ
夜に
一人でいる時に
寂しい気持ちに
なるのでしょうか?

その点については、
夜という時間は
一日の終わりであり

そのことからの
連想もあって、

終わり、追い詰められている、
先がない、といった
ネガティブな連想
無意識的に
してしまうのではないか、という
見方もあるようです。

一人で辛い、寂しい気持ちが起こるのはなぜ?

さて
一人でいる時に感じる
寂しさですが

そのような感情は、
どこから
湧き上がってくるのでしょうか。

それについては、
寂しい気持ち、
辛い気持ちというものは、

自分と
他人との比較
今の自分と
過去の自分
比較したときに
感じるものではないか?

という
意見があるようです。

一人で寂しい、寝れないのは、夜が「一日の終わりだから」

つまり、
先ほどお話をした
夜になると
寂しい気持ち
どんどん大きくなって、

泣くこともあって
寝れないという事態の
背景には、

終わりの感覚
なんとなく
感じてしまう
という時間帯に、

無意識のうちに
自分と他人、

あるいは
現在の自分と
過去の自分とを
比較することで、

寂しい気持ちが生じると
言えるのでは
ないでしょうか。

一人で寂しい夜に、泣く男性は多い

さて、
夜中に感じる
寂しい時というと、

これは特に
男性に多いようですが、

一人
寂しい時に
泣く自分
恥ずかしいと感じる方が
多いようですが、

そのような考えは
持たなくていいでしょう。

辛い時に泣く男性は、弱い人間ではない

男性は
泣くのは
弱い人間がすることという
考え方をする人が
多いようですが、
そんなことはありません。

男性の場合、
女性よりも
男は、かくあらねばならない
という
思い込み強く、

その思い込みが
男性を
苦しめる
結果となっているようです。

一人で寂しい夜は、泣くのがいい

では、
一人寂しい
思わず
泣くような状況の
辛い夜には、
どうすればいいのでしょうか。

そのような
夜は、
ただ思いのままに
泣くだけ
泣けばいいのではないか、
思います。

一人で寂しい夜に泣くことで、癒しを得る

先ほど

男性は特に
泣くことを
恥じる傾向にあると
言いましたが、

泣くくらいに
悲しい気持ちになっている
自分を深く受け入れるということが

結果として
癒しにつながります

一人で寂しいし、寝れない夜は、泣くことで眠れるとの声も

また、
泣くという行動は、
肉体的に
かなり疲れるものです

子供が
泣き疲れて
眠るように、

寝れない夜は
泣くことで
眠れるようになるという
意見もあるようです。

今回は、
「一人で寂しい辛い夜に、男性はなぜ泣くの?泣くのは、寝れない夜を寝られる夜に…」
お送りしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする