実家が汚い!物が多いから片付けたい!掃除すると怒るのはなぜ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

StockSnap / Pixabay

実家が汚いから、里帰り中に片付け・掃除すると怒る家族!物が多いのになぜ?

実家に里帰りをすると、
なぜか
帰ったその瞬間から
実家が汚い
感じる方が多いようです。

なぜ久しぶりに
実家に帰省をすると、
汚いと
思ってしまうのでしょうか?

今回は、
里帰りをすると、
実家が汚いと感じる理由や、

実家の家族が
掃除や片付けをすると
怒る理由について、
考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

実家が汚いと感じる理由は、物が多いから!

さて、
実家に里帰りするなり
汚いと思ってしまう
原因とは何でしょうか?

その理由として
一番はじめに
思いつくものは、
「実家は物が多い」という
客観的な事実です。

なぜなら、
実家というのは
複数人の家族が
何十年と生活をしている
場所であるため、

一人暮らしや
結婚・独立をしてからの
自宅にくらべて、
必然的に
物が多いということになります。

実家が汚いのは、捨てるに捨てられない物が多いため

もちろん
物が多いからといって、
きちんと
掃除をしたり
片付けをしていれば
実家は
綺麗に保たれるでしょうが、

ネット上の
声を見てみますと、
なかなか
そうはいかないようです。

なぜなら、
実家に物が多い原因は、
いわゆる
「捨てるに捨てられないもの」
中心であるからです。

実家が汚いのに、片付けられない理由

この、
「捨てるに捨てられないもの」
というのが、
掃除や片付けをする上で
もっとも
厄介なものであることは、

実際に
掃除・片付けをしていくと、
痛いほど分ります。

「捨てるに捨てられない物」とは、
現在は
必要とはしない物なのですが、

大切な記憶や
思い出があるものであるため
捨てることが出来ない

というふうになりがちです。

実家は広いがゆえに、物が多い状態でも、片付けなくてもいいと思いがち

また、
実家は
空間が広いですから、
いくら
物が多い
汚い見た目であるといっても、

そこで実際に
生活をしていく上では、
さして
困らなかったりします。

そのため、
捨てるに捨てられない物が
多い状態であっても、

実家には
物を置いておく
余裕があるというわけです。

実家が汚い状態でも、家族は平気な理由とは?

また、人間とは
何事に対しても
慣れていく生き物ですので、

自然と
汚い状態に
慣れてしまっているということが、

実家で
現在も生活をしている
家族には
起きているかもしれません。

実家を里帰り中の人が掃除すると怒る家族!

もっとも、
あまりに
実家が汚いため、
里帰りの最中に
たまらず
掃除をはじめてしまう方も
いるようですが、

これは当の
実家に住んでいる
家族が
怒るということに
つながるようですね。

里帰りをしてきて
汚い実家を
掃除するのですから、

褒められるのなら分りますが、
なぜか
掃除すると
怒るというご家族が
多いようです。

一体どうしてでしょうか?

実家を里帰り中の家族に片付けられたくないという心理

実家の家族が
掃除すると怒る理由として
考えられるのは、

現在
実家で生活をしていない
里帰り中の人間に
自分たちの
生活環境を乱されたくない

という
思いがあるようです。

狭いながらも楽しい我が家
という
言葉がありますが、

実家に住んでいる
家族にしてみれば、

汚い、
物が多い実家また、
「楽しい我が家」なのでしょう。

実家を汚いと感じる里帰り中の人は、独立した人

実家に
里帰りをして
物が多い、
汚いと感じるということは、

そんな実家を
掃除すると怒る家族とは
異なる価値観
知らないうちに作り上げた、
ということを意味します。

これは
経済的な面だけではなく、

精神的にも
実家を出て
独立をしたという
証拠と言えるかもしれませんね。

今回は
里帰りをすると、
実家が汚いと感じる理由や、

実家の家族が
掃除や片付けをすると
怒る理由について
考えてみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする