小学生の子育てに疲れた!悩みの原因は?大変なのは男の子?女の子?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

tpsdave / Pixabay

小学生の子育ては疲れて大変?悩みが楽になった理由は?

結婚生活というものは、
子供が生まれてからはどうしても
子育て中心で家庭が動いていくものです。

言うまでもなく
子育てというものは何かと大変なもので、
そんな子育て中心の毎日を送っていると、

疲れた疲れたと
繰り返し口にしている自分に気づき、
思わずぞっとする、ということもあるようですね。

スポンサーリンク

小学生の子育て、男の子・女の子それぞれの悩み

もちろん子育ての大変さについては
子供のそれぞれの年齢や時期、

さらには
男の子、女の子に特有の悩み
またつきものなのですが、
今回は特に
小学生の子育てについて考えてみたいと思います。

小学生の子育ては大変?

もっとも一口に
小学生の子育てといいましても
言うまでもなく小学生は6年間ありまして、
さらにその6年間の間に、
子供は目覚ましく成長します。

小学1年生と
小学6年生が並んで立った場合、
体の大きさはもちろん
内面的な成長も含めて、
その差はまさに一目瞭然です。

小学生の子育ては、変化の連続

つまり、
小学生の子育てという
この6年間という時間は、

まさに目まぐるしく
変化に続く変化が訪れる
時期であるということになります。

小学生の子育ては、成長につれて、悩みも変わる

したがいまして、
子供の成長に合わせるかのように
その時々に抱える
悩みが変わっていくというのが

小学生の子育て経験者ならば
誰もが感じることであり、
大変さの理由ともなっているようです。

小学生の子育ての心得は?

では、
小学生相手の子育ての
心得というものはあるのでしょうか。

これについては
子供が男の子なのか女の子なのか、

あるいは小学生でも
低学年なのか高学年なのかといったことに
関係なく言えることとして、
子育ての基本に立ち返ることで
見えてくるような気がします。

小学生の子育ては、男の子も女の子も基本的なことから…

子育ての基本とは、
言うまでもなく
将来の子供の自立を助けることです。

言い換えると、
子供が持っている能力や興味、
さらには自主性といったものを
子育てを通じて親が引き出してあげることが

子供の年齢や
男の子女の子といった違いに関係なく、
子育ての要点です。

小学生の子育てが大変で、悩みがつきない?

もっとも
小学生相手の子育てが大変なのは、
先ほどもお話したように
小学生の時期に
子供は心身ともに大きく成長するため、

その時々に合わせた
子育てをしなければならない
という点にあります。

これは悩みでもありますが
子供の成長に伴うものであるので、
大変ですが受け入れるしかないようです。

小学生の子育てが、大変と感じるか、楽になったと感じるのかは…

ちなみに小学生の
子育てを大変かと思うか、
あるいは楽になったと感じるかは、

親がその時々の状況を
どう判断するかによっても
受け止め方に変化があるようですね。

つまり、
その時の自分の価値基準によって、
子育てを大変だと感じるか、
あるいは楽になったと思うかが
変化するようです。

小学生の子育ての悩みは、ある時期から親の言う事に反発するようになること

小学生の子育ては、
一般的には低学年のうちは

子供に対する直接の世話
時間をとられることを
何よりも大変と感じ、
また肉体的にも疲れるものですが、

子供が成長し高学年になると、
今度は親の言うことを
聞かなくなるというところに
大変さのポイントが移るというのが、
男の子女の子に関係なく
子育ての悩みのようです

小学生の子育ては、大変だ・楽になった・疲れたを繰り返すもの

このように、
子供の成長の度合いによって
その時々の大変さは異なるものですが、
子育ては
やはりは素晴らしいことです。

目の前で
日々成長していく子供を前に、
大変だ、疲れた、
楽になったと繰り返しながら、

将来の
子供の自立を思って
頑張りましょう!

今回は、
小学生の子育ての悩みや、大変な理由について、
考えてみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする