高良健吾の実家住所は福岡県博多か熊本県か?地元の場所はどこ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

geralt / Pixabay

高良健吾の実家や地元、父親の職業と家族構成

高良健吾さん、
NHK朝ドラ「べっぴんさん」で、ますますブレイクが予想される俳優さんです!

そんな、
高良健吾さんの
実家や地元・家族・父親・家族構成のことなどについてまとめます。

スポンサーリンク

高良健吾の地元は、熊本県か福岡県か?

高良健吾さんの出身地は、
熊本県と福岡県、ふたつの説があります。

どちらが正しいのでしょうか。

これは、
どちらとも正しいようです。

熊本県熊本市で生まれ、
高良健吾さんが2歳の時に、福岡県に転居したのだそうです。

それから、
しばらく福岡県に住所があったので、
高良健吾さんの地元は、熊本県とも福岡県とも言われるようになったようです。

高良健吾の父親の職業と、転校多い学生時代

高良健吾さんが
子供の頃に、引っ越しが多かったのは、
父親の職業上の理由からです。

JTB旅行会社に勤める会社員で、
転勤が多かったということです。

高良健吾さんは、
熊本市で生まれてから、
門司市、北九州市、福岡市というように、
父親の職業上の都合で、あらゆるところに転居したのです。

その結果、
熊本弁・北九州弁・博多弁といった、
方言が入り混じってしまったようです。

高良健吾の実家の家族構成と、妻と子供は?

高良健吾さんの実家の家族構成については、
父親・母親のほかに、二歳年上の兄がいるとのことです。

ちなみに、
高良健吾さんは独身なので、
妻や子供はおりません。

しばしば、
高良健吾さんの妻は、どんな人なの?といったことが話題になることがあるので、一応書いておきます(*’▽’)

高良健吾は学生時代、転校がトラウマに

そういったわけで、
父親の職業柄、転校することが多かった、
高良健吾さんですが、
子供の頃は、転校がすごく嫌だったそうです。

転校すると、
そのたびに自己紹介をする羽目になりますよね。

転校を多く繰り返した方は、同じような経験をされた方も多いと思いますが、
高良健吾さんは毎回自己紹介をするのが嫌になってしまい、
苗字の読み方を間違われても、訂正しなかったようです。

高良健吾(こうら・けんご)というのは、本名なのですが、
高良とは、珍しい苗字ですよね。
見慣れない苗字ですので、
(こうら)と読むのか、(たから)と読むのか分かりませんよね。

そういったこともあって、
なんだか、かわいそうな気がしますね。

高良健吾の学歴、出身中学と出身高校

高良健吾さんは、
中学二年生のときに、福岡県から再び、出生地である熊本県に帰ります。

それにともない、
福岡市立姪浜中学校から、熊本県立江南中学校へと転校します。

そして、
高校では私立、九州学院高校に進学しました。
高校時代は、サッカー部でサッカーに熱中していたそうです。

高校時代に、
スカウトされたのが、きっかけで、
高良健吾さんは芸能界に入ります。

そして、
地元・熊本県から上京したのでした。

高良健吾の実家は、福岡県博多

しかし、
その後も父親の転勤は続き、
高良健吾さんの実家は、
福岡県博多に現在はあるとのことです。

実家の場所が、
ころころと変わってしまうのって、なんだか寂しい気持ちがしますね。

なんとなく、
実家とか地元というのは、
自分が戻るべき場所というか、どこに行っても、帰ってこられる安定的なイメージがありますよね。

しかし、
高良健吾さんのように、
実家が転居を繰り返していると、
実家とか地元というのが、不安定な場所のように思えてしまうのではないでしょうか。

高良健吾は地元、熊本県を愛する

とはいうものの、
高良健吾さんは、
とても地元を愛している方のようです。

出身地である熊本市の「わくわく親善大使」を務めているようです。

また、
2016年4月には、
被害を受けた、地元・熊本に入り、
自身で給水活動をおこなうなど、とても献身的な活動をされたといいます。

高良健吾さんは、
父親の職業の都合上、
地元とか実家といったものとは、縁遠い境遇で育ったにもかかわらず、
このような地元や実家への「郷土愛」を持っているのです。

とても素晴らしいことですね。
今後も、
高良健吾さんのご活躍に、期待ですね!
地元・熊本県の方は、特に応援してくださると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする