大黒摩季の実家のパン屋は札幌キムラヤ!父親・母親・子供?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

Counselling / Pixabay

大黒摩季の実家自宅の住所や家族の事を、情熱大陸から

歌手の大黒摩季さん!
パワフルな歌い方が、とても大好きです!
2016年11月6日放送の情熱大陸では、
そんな大黒摩季さんに密着です。

大黒摩季さんは、
2010年から、病気のため休業していました。

6年間の空白期間を経て、
2016年、復活したわけです!

この間に何があったのでしょうか?
それには、
大黒摩季さんの実家のことが深く関係しているようです!

スポンサーリンク

大黒摩季の実家はパン屋さん!

大黒摩季さんは、
北海道札幌市南区のご出身です。

実家も、札幌市のこちらにあります。
大黒摩季さんの、
実家はパン屋さんです。

パン屋さん、といっても、
家族経営の町のパン屋さんといったものではなく、
工場まで持っているとても大規模な、
パン屋さんなのです。

大黒摩季さんの実家は、札幌キムラヤというパン屋!

大黒摩季さんの、
実家のパン屋さんは、
札幌キムラヤという名前の会社です。

札幌市南区に本社住所を持っています。
1927年に、創業ですから、とても歴史がありますね。

札幌キムラヤという名前から分かる通り、
東京・銀座の、木村屋總本店から、
のれん分けしたパン屋の老舗だそうです。

大黒摩季の実家のパン屋・札幌キムラヤとは?

大黒摩季さんの、
実家のパン屋・札幌キムラヤは、
札幌市内の小・中学校に給食パンを卸していたといます。
それだと、
とても経営は順調だったと思えますね。

子供の学校給食では、
毎日のようにパンが出ますから、
とても安定していたことでしょうね。

私も子供心に、
毎日、給食のパンは大好きでした。
卿はどんなパンが出るのかを考えていて、
午前中は、授業そっちのけだったこともありました(#^.^#)

大黒摩季は、お金持ち・資産家のお嬢様だった!

大黒摩季さんは、
お金持ちのパン屋さんのお嬢様だったわけです。
こうした環境下で、
すばらしい音楽的センスを身につけられ、
デビューを果たし、
ヒット曲を連発したのです!

しかし、
現在、
大黒摩季さんの実家は廃業してしまったとの噂もあります。

大黒摩季の父親・大黒正芳社長

ここで、大黒摩季さんの父親について書いておきましょう。

大黒摩季さんの
父親は、大黒正芳さんといって、
札幌キムラヤの敏腕社長でした。
どんどん業務を拡大して、
10億円以上も売り上げがあったようです。

しかし、
この大黒正芳さん(大黒摩季さんの父親)が、
なくなってしまったあと、経営は傾いてしまったそうです。

中小企業は、子供への事業継承が難しい

たしかに、
敏腕社長ひとりでもっているような
中小企業って、
子供の代になって、
一気に傾いてしまったなんて話がありますよね。

親から、子供への
事業の継承というのは、思っている以上に、
難しいのかもしれません。

大黒摩季さんの、
実家のパン屋さんも、
こうした状況に陥ってしまったのでしょうか。

大黒摩季の実家は、子供への事業継承に失敗か

大黒摩季さんの父親・大黒正芳さんが、
なくなったあとは、
大黒摩季さんの弟・大黒礼騎さんが、
実家のパン屋さんの事業を引き継ぎました。

それで、社員60人と、パート90人も雇っていたそうです。
かなりの規模ですね。

やはり、
大黒摩季さんの実家は、
お金持ちだったことがうかがえると思います。お嬢様なんですね!

大黒摩季の実家、札幌キムラヤは民事再生へ

しかし、
斜陽とはこのことで、
大黒摩季さんの実家のパン屋さんである、
札幌キムラヤは、
9億円の負債をかかえて、
2002年、札幌地裁に、民事再生手続きの開始を申請しました。

大黒摩季さんもこの頃には、
人気歌手として絶頂にありましたが、
さすがに、
実家のパン屋さんの負債を、
背負ってまで、
事業の再建をしようとは、
お考えではなかったのでしょうね。

大黒摩季の実家のパン屋は、現在も営業中?

しかし、
札幌キムラヤは、
銀座の木村屋総本店の支援を受けて、
事業を再開できたようです。

よかったですね。
つまり、
札幌キムラヤは、
現在も営業しておりますが、
現在は、
大黒摩季さんの実家とは、
関係なくなっているということなのでしょうかね。

大黒摩季の結婚、夫と子供、家族は?

また、
大黒摩季さんは、
2003年に、会社員の方と結婚されています。
つまり、
実家のパン屋さんの民事再生申請の翌年です。

その際に、
子供が早くほしい、と語っていました。

しかし、
病気のため、
子供を持つことが叶いませんでした。

それで、
不妊治療に専念することにして、
活動を休止された。

子供を持ちたい、
という思いがとても強かったのですね。

大黒摩季の、子供から母親への思い

しかし、
情熱大陸によれば、
活動休止の原因はこれだけではなかったようです。
大黒摩季さんは、
母親の介護をされていたそうです。

大黒摩季さんの母親は、
大きな会社の社長夫人として、
とてもお金持ちだったはずです。

生活で困ることなどなかったことでしょう。

しかし、
大黒摩季さんの父親・大黒正芳社長が、
なくなってしまったことで、
生活が一変してしまったのでしょうね。

そうしたストレスは、
はかりしれないものがあると思います。

大黒摩季の情熱大陸で!

大黒摩季さんも、
子供を持ちたいという思いや、
病気のこと、
実家の事業のこと
さらに、
母親の介護のことと、
もちろん、音楽のことと、
たくさんの悩みをかかえていたのでしょうね。

大黒摩季さんの歌には、
とても勇気づけられているので、
今回の情熱大陸の放送を機会に、
ファンの皆様が、
大黒摩季さんに、
今度は、逆に勇気をあたえ、応援できればと切に願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする