高田万由子の先祖と実家の家系図とファミリーヒストリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

sabinevanerp / Pixabay

高田万由子の実家や先祖は?高田財閥?家系図が気になる!

NHK『ファミリーヒストリー』では、タレントの高田万由子さんの家系を扱っていました。

高田万由子さんの家系は、すでに有名なので、ファミリーヒストリーによって、新たなる事実が何か出てくるのかどうかは、正直あまり期待していませんでしたが、ビックリするようなことが明らかになりました。

スポンサーリンク

高祖父・高田慎蔵とは

高田万由子さんの高祖父は高田慎蔵といいます。
高田慎蔵は、幕末に生まれて、明治・大正期に活躍した武器商として著名な人物です。
明治・大正期において、高田家は、高田財閥として知られた大資産家でした。
番組では、大正5年における長者番付を示していました。
それには、名だたる財界人にまじって、高田愼蔵の名が記されており、日本有数の資産家であったことが分かります。

戦前の長者番付

長者番付というのは、戦後も長らく存続しておりました。
年間1000万円以上の高額納税者の名前を、税務署が公表していたのです。
現在では、個人情報保護の観点などから、こうした制度はありません。

長者番付というのは、戦前の制度に起源が求められます。
実は、大正時代までの日本は、全員に選挙権があるわけではありませんでした。
ある程度、所得がある階層のみに付与された権利だったのです。
これは、とても名誉なことですね。
当時の納税者の名簿のようなものも、しばしば残っています。
「ご先祖様が、資産家だった」というようなことが伝わっている方は、是非調べてみてはいかがでしょうか。
ご先祖様の資料が見つかるかもしれません。

一枚の家族写真

さて、番組の内容に戻ります。
番組では、高田万由子さんの父親のはとこにあたる方に取材していました。
こちらの系統が、高田家の本家にあたるようです。
家には、勲記や古い家族写真などがたくさん飾られていました。
ご先祖様のことを、いかに大切に思っていらっしゃるのかが、うかがえますね。

本家の方は、一枚の写真を示していました。
庭園で撮影されて、20人くらいの人物の集合写真なのですが、どこで撮影されたものなのか、誰を写っているのかが分からないようです。

古い写真になると、しばしばこういったことがありますので、困ったものです。

孫文と高田愼蔵

番組調査班は、この写真を徹底調査します。
すると、思いもよらぬ人物が映っていることが分かったのです。

高田愼蔵の隣に写っている人物は、孫文だったのです。
また、同じ写真に写っている人物は、陸軍大臣や参謀総長といった陸軍の将軍たちでした。
当時の新聞を調べてみると、この写真のことが、さらによく分かりました。
高田愼蔵と孫文との会合が東京・小石川でおこなわれたということです。
会合の出席者も分かりました。

おそらく、この調査は、孫文が映っているということが分かったので、孫文が来日した日付けを調べていったのでしょう。

通常であれば、このような調査方法をとって、ご先祖様の写真に映っている人物を調べることは不可能ですが、有名人が映っていたので、調査できたのでしょう。

曽祖父・高田釜吉と、田中平八

また、番組では、高田慎蔵の婿養子である高田釜吉と、その実父・田中平八についても触れていました。
田中平八は有名な相場師です。
高田慎蔵の娘と、田中平八の子どもが結婚したのは、双方の親が取り決めたようです。

当時は、結婚と言えば、家同士が勝手に決めてしまうようなものだったので、高田家の例もその一つに過ぎないということです。
高田家は、戦前の日本の上流階級を構成する閨閥のなかにあります。

ちなみに、高田万由子さんの夫はヴァイオリニストの葉加瀬太郎さんで、高田家に婿養子に入られたとのことです。

今回のファミリーヒストリーは

今回のファミリーヒストリーは、先祖が有名人ということもあって、調査は簡単だったと思います。
しかし、孫文の写真のところは、ファミリーヒストリーという番組の調査力が充分に発揮されたものでした。
満足な仕上がりだったと思います。

高田万由子の父親の職業?母親は?実家は港区虎ノ門?西麻布に住所?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする