中島みゆきの実家や父親・兄弟は医者!母親は?家系図は皇室とつながる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
スポンサーリンク

qimono / Pixabay

中島みゆきの地元出身地は、北海道札幌市?帯広市?父親の職業は医者で母親、兄弟は?家系図で親戚をたどると皇室に…?

中島みゆきさん!

時代や地上の星など、
すばらしい名曲で知られる、
歌手、
中島みゆきさん。

中島みゆきさんは、
メディアに
登場する機会は少ないですが、
とても多くのファンがいて、

毎日のように
中島みゆきさんの
音楽を聴く方は多いようです。
どこか謎めいたところがあり、

そこが
中島みゆきさんの
魅力でもあります。

今回はそんな
歌手、
中島みゆきさんの
「地元出身地は、北海道札幌市、帯広市?実家の家族や兄弟構成は?父親の職業は医者で母親は?弟も医者?家系図は?」
といった話題をお送りします。

スポンサーリンク

中島みゆきの地元や出身地は、北海道札幌市

まずは
中島みゆきさんの
実家の場所はどこか、
ということから見ていきましょう。

中島みゆきさんの
地元出身地は、
北海道札幌市です。

中島みゆきさんというと、
北海道が出身地、
というのは有名ですね。

ただし
中島みゆきさんは
出身地こそ、
北海道札幌市ですが、

父親の職業上の都合などで
子供時代に引っ越しが多く、
ずっと
札幌市に自宅があった、
というわけでないです。

中島みゆきの生い立ちと、実家の引っ越しは…

中島みゆきさんは、
5歳の時に岩内市、
その後11歳の時に、
帯広市に引っ越しています。

14歳の時には、
中島みゆきさんの
母親が体調を崩したために、
母親の実家がある、
山形県山形市に移り、

その後、
高校受験を控えた時期に、
中島みゆきさんは
帯広市に戻っています。

中島みゆきの実家の家族構成や、兄弟姉妹

では
中島みゆきさんの
実家の家族構成
見てみます。

中島みゆきさんの
実家の家族は
父親・母親のもと
中島みゆきさん・妹
という構成であり、

中島みゆきさんは
2人兄弟の姉にあたり、
弟が1人います。

中島みゆきの父親の名前は?

それで
中島みゆきさんの
父親や母親は
どういった方なのか、
見てみます。

中島みゆきさんの
父親の名前
中島眞一郎さん。

中島みゆきさんの父親は、
28歳の時に、
中島みゆきさんの父親となっています。

中島みゆきの父親の職業は医者!

中島みゆきさんの
父親の職業は
医者であり、
学歴は
北海道帝国大学医学部卒とのことで、
エリートですね。

中島みゆきさんの
父親は、
中島産婦人科医院を経営し、
院長をしています。

中島みゆきの母親の実家は、山形県

一方、
中島みゆきさんの母親は、
前述のとおり、
実家が山形県にありました。

中島みゆきさんの
母親の年齢は、
1929年生まれくらいのようです。

中島みゆきの兄弟は?弟の職業は医者!

それで
中島みゆきさんの
兄弟についてですが、

中島みゆきさんの
弟の職業は
外科医師とのことです。

中島みゆきさんの
実家は、
父親も弟も医者ということで、
エリート家族なのですが、

家系図をひろげると、
さらに華麗な一族のようです。

中島みゆきの祖父と、華麗なる親戚

中島みゆきさんの祖父は、
帯広市議会議長などをつとめた、
中島武一さんで、

中島みゆきさんの先祖は、
もともとは
岐阜県の
大垣藩士だったそうです。

中島みゆきさんの
祖父の伯父(母親の兄)は、
大蔵次官をつとめた、
官僚の郷純造です。

郷純造は
男爵に叙せられているので、
華族ということになりますね。

中島みゆきの家系図は、皇室にもつながる

ついでに
中島みゆきさんの
家系図を広げていくと、
華麗な親族が大勢いるようです。

中島みゆきさんの
祖父のいとこは、
郷純造男爵の四男に
あたりますが、

三菱財閥の創始者、
岩崎弥太郎の養子となり、
岩崎豊弥と改名しています。

岩崎豊弥の娘である、
君子さんは、
昭和天皇の侍従長をつとめた、
入江相政(いりえすけまさ)氏と結婚。

そして、
入江相政氏の姉、
高木邦子さんの次女が、
皇室の三笠宮崇仁親王の、
お妃さまである、
三笠宮百合子さまです。

つまり、
中島みゆきさんの
実家の家系図は、
親戚関係をたどっていくと、
皇室までつながってしまう、
ものすごい家系なのですね。

というわけで、
歌手、
中島みゆきさんの
「地元出身地は、北海道札幌市、帯広市?実家の家族や兄弟構成は?父親の職業は医者で母親は?弟も医者?家系図は?」
といった話題をお送りしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする