会話の苦手意識は仕事で低評価?職場で苦手になった理由は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
スポンサーリンク

ducken99 / Pixabay

会話が苦手になった?職場で仕事ができても低評価?苦手な理由を意識すると…

男性
女性問わず、

会話に
苦手意識を持つ人は
多いようです。

仕事にしろ
恋愛にしろ、
会話をしなければ
コミュニケーション
とることは出来ないので

会話が
苦手な人は
誰とでも
会話が続く人を見て、

自分も
あんなふうに
会話をしたいと思うようです。

今回は、
「会話は苦手?職場で仕事ができても低評価?理由は?苦手になった・理由は意識すべき?」という
テーマでお送りします。

スポンサーリンク

会話への苦手意識は、恋愛でも仕事でも、男女問わず多い

それでは、
今回は
会話に対する
苦手意識について
お話をしていこうと
思うのですが、

仕事であれ
恋愛であれ、

会話について
苦手意識を持っていると
答える方は、
かなりの数に上るようです。

会話への苦手になったと、意識するのは主観的なもの?

もっとも、
会話に対する
苦手意識を持つ方でも、
第三者の立場から
見てみますと、

充分に相手と
コミュニケーションが
とれている場合が
多々ありますが、

会話に対する
苦手意識というものは
客観的、
あるいは
相対的なものではなく、

あくまで
主観的な感覚として
意識されるもののようです。

会話が苦手になった人は、恋愛や仕事でどういった場面で、意識するのか?

では、
会話に対して
苦手意識を持つ方は、

恋愛
仕事といった場面で、

具体的には
どんな
状況において
会話に
つまるのでしょうか?

会話に苦手意識を感じるのは、仕事中ではない!?

調べてみましたが、

仕事をしている中で
会話の
苦手さを
意識する場面については

具体的な
仕事をこなしている
最中ではなく

仕事と
仕事の間にできる
スキマ時間
昼休み、

あるいは
出勤退勤といった時間に
居合わせている
同僚との
雑談に対して、

苦手意識を
持つ方が多いようです。

会話が苦手だと、仕事ができても職場では評価されない?

社会人になると
良く分かることですが、

職場という場所は
ただ
仕事をする
場所ではなく、

同時に
仕事が特別に出来ても
同僚との
会話が
ろくにできなければ、

決して
評価されることは
ありません。

会話が苦手なのは、仕事ができても損する!?

ちなみに
いまの
仕事場での
会話の重要性の話を
逆に考えると、

たとえ
仕事が出来なくても
会話によって
同僚と
円滑なコミュニケーション
とっていれば、

同僚から
うとまれることは
決してない、
という風に判断できます。

仕事場での、会話への苦手意識を、克服するには?

さて、
仕事場の
スキマ時間における
会話に
苦手意識を持つ方が

それを
克服する方法には
どのような
やり方があるのでしょうか?

調べてみましたが、
会話に
苦手意識を持つ方は

あまりに
自然な
会話をしようと
意識しすぎていて、

それが
かえって
不自然な印象
会話相手に与える結果に
なっているようです。

会話が苦手な時に意識するのは、相手に会話をリードしてもらう事

つまり、
仕事場における
会話への
苦手意識の
克服については、

まずは
自意識過剰をやめ

相手に好きに
会話を
リードしてもらうことを
意識すると
いいようです。

会話が苦手になった理由は、意識しない

ちなみに、
仕事場での
会話にかぎらず、

会話が
苦手になった
理由として挙がるのは、

会話をしていて
恥をかいたこと
恥ずかしい記憶として
残っていることのようですが、

全く同じ
シチュエーションにおける
会話というものは
絶対に存在しないので、

過去の
会話における失敗が
会話が
苦手になった
理由であるのならば、

過去のことは
意識しないのが
一番のことのようです。

ということで今回は、
「会話は苦手?職場で仕事ができても低評価?理由は?苦手になった・理由は意識すべき?」という
テーマでお送りしました。

会話の話題がない?ネタのリストや見つけ方は「さしすせそ」?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする