好きな食べ物、嫌いな食べ物、最後に残すのはどっち?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
スポンサーリンク

guvo59 / Pixabay

嫌いな食べ物を最後まで残す人は、苦手な仕事も後回しにしがち?

食べ物の
好き嫌いというのは、
どうしても
出てくるようです。

子供の頃は、
大人になると
食べ物の
好き嫌いというものは
自然と
なくなるものだと
思っていたものですが、

実際に
大人になってみますと、
好き嫌いというものは
子供の頃から
変わらないという人は多いようです。

スポンサーリンク

好きなもの、嫌いなもの、どの順番で食べる?

さて、
今回はそんな
好き嫌いにまつわる
事柄について
お話をしてみたいと思うのですが、

好きなものや
嫌いなものを
どの順番で
食べるのかといったことについては、

よく
話題にのぼる
事柄であるようです。

食べ方に性格があらわれる?

要するに、
好きなものから食べるか、
嫌いなものから食べるか、

あるいは
好きなものを
最後に残しておくか、
嫌いなものを
最後まで残しておくのか、

といったことなのですが、
このような
些細な事柄に、

意外と
その人の
人柄が出ているとも
考えられているようです。

子供のころは、好きなものを最初に食べていた!

そこでここからは、

好きな食べ物や
嫌いな食べ物を
食べる順番と

日常生活での
行動との
かかわりあいについて
お話をしていこうと思うのですが、

まず
食べ順についてお話をしますと、

好きなものを
一番に食べることについては、

子供の時には
そうだったけれど、

大人になってからは
そのような
食べ方はしていないという声が
多いようです。

嫌いなものは、大人でも最後まで残しがち!

では、
嫌いな食べ物については、

いったい
どのような
食べ順になっているのでしょうか。

そちらも
気になるところですが、

嫌いなものについては
大人になってからも
子供のときと
同じように、

最後まで
残してしまうという人が
多いようです。

食べ順と日常生活の関係は?

なお、
このような
意見については、

好きなものと
嫌いなものに関して
このような
違いが出てくるのは、

なんとなく
わかるような気がするという
声が多く、

嫌いなことは
食べ物に限らず、

どうしても
先延ばしにしてしまいがちのようですが、

かといって
嫌いな食べ物を
残しがちな人物が
仕事面でも
苦手なことを
先送りにしがちであるのかといったら、

そうでもないようです。

仕事の場面では、苦手なことは先送りにしがち?

ちなみに、
嫌いなことを
先送りにしがちな
事柄としては

圧倒的に
仕事の場面をあげる人が多く、

嫌な業務については
どうしても
先送りにしがちであるようですね。

具体的な
例として挙がっているのは、
クレーム対応の
電話をかけることや
苦手な
訪問先に
足を運ぶことなどであるようです。

嫌な事¥ことだからこそ、先にすませるという考えもある

もっとも、
食べ物を
食べる順番については
特に決まりも
ありませんので、

好きなものから
食べてもいいですし、
嫌いなものを
最後に残しても
誰からも
咎められることはありませんが、

仕事の場面では
そうもいかないため、

嫌なことだからこそ、
真っ先に
取り掛かるように
意識しているという人も
多くいるようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする