小沢一郎の父親、母親、実家の家系図は?地元は岩手県で生い立ちは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
スポンサーリンク

Efraimstochter / Pixabay

小沢一郎の父親、母親、兄弟は?家系図は?地元は岩手県奥州市(旧水沢市)で実家や生い立ちは?

小沢一郎さんというと、
26歳で
衆議院議員当選以来、
長らく
衆議院議員として
国政にかかわり、
政界の実力者として
知られています。

現在では
自由党共同代表として
活動する
小沢一郎さんですが、
その動向には
常に注目が集まっています。

今回は
衆議院議員で
自由党共同代表の
小沢一郎さんの
「父親、母親、兄弟は?実家と家系図?地元は岩手県奥州市(旧水沢市)で生い立ちは?」
といった話題について、
見ていきましょう。

スポンサーリンク

小沢一郎の地元は岩手県奥州市で、実家は?

それでは
小沢一郎さんの
実家はどこかということから
見ていきましょう。

小沢一郎さんの
実家は、
岩手県水沢市、
現在の奥州市水沢袋町にあります。

小沢一郎さん本人が、
生まれた場所は
現在の
東京都台東区御徒町ですが、

父親の、
小沢佐重喜(さえき)さんが
岩手県水沢市の出身でしたので、

小沢一郎さんの
選挙区がある地元は、
岩手県奥州市になります。

小沢一郎の父親、小沢佐重喜は岩手県出身の、弁護士から衆議院議員へ

では
小沢一郎さんの
父親や母親と、
実家の家族や、兄弟はいるのか
といったことを、
家系図を見ながら、
説明していきたいと思います。

はじめに
小沢一郎さんの
先祖についてですが、

小沢一郎さんの
先祖は、
代々、岩手県水沢市に定住した
農家でした。

小沢一郎さんの
父親、
小沢佐重喜さんは、
苦学しながら、
日本大学法学部に通い、

弁護士となり、
のちに
衆議院議員になり、
10期当選。

郵政大臣や建設大臣など、
要職をつとめました。

小沢一郎の父親を中心とした家系図は?

小沢一郎さんの
父親、
小沢佐重喜さんを
中心とした家系図
このようになります。

・小沢佐重喜(おざわさえき)
明治31、岩手、小沢徳太郎二男
明大、日大各研究室に学び、
日本大学法学部法律学科卒業
大正11、弁護士試験合格
弁護士
東京市会議員を経て、
衆議院議員
運輸大臣、逓信大臣、建設大臣等を歴任

妻・みち
明治34、千葉県会議員・荒木儀助四女
精華高女卒

長男・一郎
昭和17

※敬称略

小沢一郎の母親は?実家はお金持ちの庄屋家系

小沢一郎さんの
母親は、
小沢みちさんといいます。

小沢一郎さんの
母親は、
千葉県議会議員だった、
荒木儀助さんの四女です。

小沢一郎さんの
母親の家系、荒木家は、
千葉県東葛飾郡風早村(現在の柏市)の、
元庄屋の家系でした。

実家は
お金持ちであり、
精華高等女学校という
お嬢様学校に学んでいます。

鹿島建設の創業者一族の
鹿島卯女さんと同級生だった、
という
話もあるようです。

小沢一郎さんの
母親
かなり長生きされました。

小沢一郎の兄弟姉妹は?

そして
小沢一郎さんに
兄弟や姉妹がいるのか
というと、

小沢一郎さんには
兄弟はいませんが、

父親の養子が
二人いたので、
兄弟はいないものの、
「養姉妹」がいるようです。

「一郎さん」という
名前がしめす通り、
長男です。

小沢一郎さんは
父親や母親とは
だいぶ年齢が離れた親子でした。

小沢一郎の父親と母親の結婚は?

小沢一郎さんの
父親は、
まだ弁護士になったばかりの頃、

はじめ岩手県一関市の
旧家出身の女性と結婚している、
と見られているようですが
すぐに
離婚しているといいます。

その後、
小沢一郎さんの
父親、小沢佐重喜さんは、
後妻である、
小沢みち(旧姓荒木みち)さんと、
結婚したようです。

小沢一郎さんは
父親や母親と
一般的な親子の年齢差
比較すると、
かなり年齢差があります。

小沢一郎さんが
生まれた時は
父親は43歳で、母親は41歳
でした。

小沢一郎は父親、母親と年齢差があって…

このように、
小沢一郎さんは
親子との年齢差があったという
事情もあって、

小沢一郎さんの
父親がなくなってしまい、

父親の
後継者になったときに、
わずか26歳であり、

かなり早いペースで、
政界の実力者として
目されるようになり、

40代後半には
自民党の幹事長
就任しています。

というわけで、
衆議院議員で自由党共同代表の
小沢一郎さんの
「父親、母親、兄弟は?実家と家系図?地元は岩手県奥州市(旧水沢市)で生い立ちは?」
といった話題について、
お送りしました。

小沢一郎の家系図は?妻は福田組で子供(息子)は自衛隊で東大?家族?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする