苦手な人への対応は?仕事や職場で避けるのは?話すにはどうする?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2
スポンサーリンク

jarmoluk / Pixabay

苦手な人が多い、仕事や職場での対応は?避ける?話す?

仕事をしていると、
職場で
どうしても
苦手な人に対しても
対応しなければならない場面が
多々あります。

もっとも、
苦手な人だからと言って
避けるわけに
いかないために、

みなさん
苦手な人の存在が
ストレスになっているようです。

今回は、
「苦手な人と話す?避ける?苦手な人が多い職場・仕事での対応策は?」という
テーマでお送りします。

スポンサーリンク

苦手な人への仕事や職場での対応は?

それでは、
苦手な人について
お話していこうと思うのですが、

ネットで
苦手な人への
対応に関することを
検索してみると、

苦手な人を
避けるにはどうすればいいか、
苦手な人と
話す時にどうすればいいか、
といった
対応の仕方と、

職場に
あまりにも
苦手な人が多いので
それを何とかしたい、
といった

根本的な
解決を求めるものの
二つに
分かれるようです。

苦手な人が仕事で多い、対応策を考える

仕事をする上で
苦手な人が多いのは、

一日の
大半を過ごす
職場という環境を
考えた場合、

あまりに
ストレスとなることは
目に見えています。

そこでまずは、
苦手な人を避けることや
苦手な人と
話すことについて
考えてみましょう。

苦手な人の職場での対応は、避ける?話す?

もっとも
苦手な人を
避けるとは言っても、

プライベートでは
いざしらず、

職場は嫌でも
苦手な人と
顔を合わせる場所です。

そうなりますと、
姑息に
苦手な人から
逃げ回るというわけにもいかず、

解決法としては
苦手な人と話すときに
いかに
気を付けるかということが
対応策の
根本になってきます。

苦手な人への対応を考える前に…

そもそも
苦手な人とは、
どのような人に
抱く感情なのでしょうか?

おそらく
自分に対して
否定的な
言動をする人であるという答えが
返ってくるものと
思われますが、

苦手な人に対しては
自分もまた
否定的な見方をしているものです。

苦手な人への対応は、避けることをあきらめる事?

したがって、
職場の
苦手な人への
対応策としては、

仕事をする上での
最低限だけの接触だと
自分に言い聞かせ、
割り切って
我慢するという
意見が多いようです。

つまり、
仕事上
避けることが出来ない
人間関係なので、

変に
避けることを考えることが
かえって
ストレスにもなるので、

苦手な人については
対応を諦めるのが
対応である、
ということのようです。

苦手な人が多いから、対応策として、仕事や職場を変えるわけにはいかない

なんとも
悲観的な見方のようですが、

苦手な人が
いるという理由で
仕事を
変えるわけには
いかないのが現実です。

したがって、
苦手な人と話す時などは、
ただ
仕事上の役割として

苦手なその人と
対応をしているに過ぎないと
考えるべきであると
言われているようです。

苦手な人への対応策は、「苦手な人」を減らすこと!

もっとも、
苦手な人に関しては、

苦手な人を
なくすことが
最大の
対応策となりますが、

それについては
精神論になるかもしれませんが、

少しでも
相手のいいところ
探そうとする
姿勢が、

苦手な人を
減らしていく
結果へと
繋がっていくようです。

苦手な人への対応は、自分にも問題があるのかも?

人間は
不思議なもので、

自分が
思っていることを
相手に
投影(とうえい)してしまうことが
多々あります。

したがって、
苦手な人と話す時は、
必要以上に
ネガティブな感情
苦手な人に
対応していることになります。

苦手な人への対応は、避けるのではなく、話すことから始める?

世界を変えるのではなく
自分を変えるという
言葉がありますが、

職場の
苦手な人への
対応もまた、

そのような
視点が
必要なのかもしれません。

ということで今回は、
「苦手な人と話す?避ける?苦手な人が多い職場・仕事での対応策は?」という
テーマでお送りしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする