水原希子の実家は?父親や母親は?フィリピンで長崎?英語力と発音は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

Alexas_Fotos / Pixabay

水原希子の実家は兵庫県神戸市で団地?英語力は?発音いい?父親・母親・兄弟は?フィリピン?長崎県?出身中学校は?

水原希子さん!

国際的に活躍する、
モデルで、女優さんの、
水原希子(みずはら・きこ)さんです。

水原希子さんといえば、
村上春樹さんの小説「ノルウェイの森」に、
出演していた、
ということで、覚えている人も多いようです。

映画やテレビドラマなど、
数多く出演していて、
芸能界では、
これからの活躍が、
とても楽しみな女優さん、
という位置づけのようで、期待感抜群です。

今回は、
そんな水原希子さんの
「実家は兵庫県神戸市?団地?中学生時代を過ごした学校はどこ?英語力や発音は?父親はアメリカ?フィリピン?母親は長崎県出身で航空会社のキャビンアテンダント?兄弟はモデルで水原佑果?」
についてお送りします!

スポンサーリンク

水原希子の父親はアメリカ国籍?

それでは、
水原希子さんの実家の家族について、
さまざまな話題を見ていきましょう。

水原希子さんの父親に関して、
まずは確認です。

水原希子さんの父親の国籍は、
アメリカ人のようですね。

水原希子の父親に、フィリピン?

ネットで、
水原希子さんの父親について調べると、
「フィリピン」という言葉が検索ワードに、
出てきますが、
父親の国籍は、
フィリピンではなくて、
アメリカのようですね。

フィリピンといえば、
英語圏の国という事もあって、
最近では英語力をつけるために、
フィリピンに留学する人も多いようです。

温暖な気候で知られ、
果物がおいしい国で、
観光地としてイメージされることが、
多かったのですが、

英語を学ぶために、
留学、滞在する人もいるんですね。

水原希子の英語力や発音は?

やや話がずれましたが、
「英語」ということに関して言えば、
水原希子さんは、

父親がアメリカ国籍であるにもかかわらず、
英語はそれほど得意ではないようで、
英語力や発音には自信がなかったようですね。

水原希子さんが生まれたのは、
アメリカのテキサス州ダラスという場所ですが、
1歳のときに、
兵庫県神戸市に移り住んでいるからです。

水原希子の母親の実家は長崎県?

なぜ、
水原希子さんが、
兵庫県神戸市に住むことになったのか、
というと、
水原希子さんの母親が、関係しています。

水原希子さんの母親の実家は、
長崎県のようで、
水原希子さんの祖母は、
長崎県に住んでいるようです。

実は、
長崎県というのは、
昔から兵庫県神戸市に出ていく人が、
多かったそうですね。

水原希子の母親の職業は、航空会社のCA?

水原希子さんの母親の職業は、
キャビンアテンダントだったようで、
航空会社に勤めていたのですね。

こうした、
職業上の関係で、
水原希子さんの母親は、
アメリカ人である父親と出会ったのではないか、
という見方もあるようです。

水原希子の実家は、兵庫県神戸市で団地?

水原希子さんの実家は、
兵庫県神戸市にあったようで、
ネットで検索すると、
実家は団地ではないか、
といった見方もあるようです。

神戸市といえば、
団地が多い町ですが、
神戸と言えば、
水原希子さんの出世作である、
「ノルウェイの森」を書いた、
村上春樹さんの地元であり、
多くの作品で描かれている土地ですね。

水原希子の出身中学校は、神戸市須磨区に?

水原希子さんの実家の場所は、
神戸市須磨区ではないか、
といった見方があるようです。

というのは、
水原希子さんの出身中学校は、
神戸市須磨区にある、
神戸市立東落合中学校ではないか、
と見られているからのようです。

水原希子の実家の家族や兄弟は?妹はモデル!名前や年齢は?

さて、
水原希子さんの実家については、
どのような家族構成なのか、
兄弟はいるのか、
といったことも、
関心を持たれているようです。

水原希子さんの妹も、
実はモデルで、
名前は水原佑果さんといいます。

水原希子さんと妹との年齢差は、
水原希子さんが1990年生まれで、
妹の水原佑果さんが1994年生まれですので、
4歳違いの兄弟ということになりますね。

姉妹そろって、
モデルなんてすごいですね!

というわけで、
水原希子さんの
「実家は兵庫県神戸市?団地?中学生時代を過ごした学校はどこ?英語力や発音はいい?父親はアメリカ?フィリピン?母親は長崎県出身で航空会社のキャビンアテンダント?兄弟はモデルで水原佑果?」
についてお送りしました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする