相武紗季の実家の住所は、宝塚市でお金持ちの医者家族?病院経営?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

Anelka / Pixabay

相武紗季の地元。宝塚市と、父親の職業・母親・姉、家族構成は?

相武紗季さん!
健康的でスポーティーな美しさが引き立つ
女優さんです。

プライベートでは、
2016年の5月3日にイベント制作会社経営の
5歳年上の男性と結婚、
まさに公私ともに順調といったところでしょうか。

今回は、
相武紗季さんの「実家住所・宝塚・父親は医者・母親・姉・家族構成」についてまとめてみました。

スポンサーリンク

相武紗季の父親は医者で病院経営?開業医?

さて、
では相武紗季さんの
実家について迫ってみたいと思いますが、
相武紗季さんの父親は
医者で病院まで経営している開業医で、
ずばりお金持ちなのではないかという噂が、
ネットではあるようですね。

父親が医者、さらには開業医となれば、
お金持ちではないわけがない、というのが
この見方の根拠となっているわけです。

相武紗季の父親が医者だとすると、甲南大学アメフト部の経歴が…

しかし、相武紗季さんの父親が医者だとしたら、
当然医学部を卒業されているわけなのですが、
一部ネットを中心とした噂によりますと、
相武紗季さんの父親は甲南大学でアメフトをやっていた、
という話もあるようです。

甲南大学は、
関西圏のお金持ちの子供が行く大学として有名ですが、
もっとも甲南大学には医学部は存在しませんので、
もし、
こちらの甲南大学出身説の話が本当であるのなら、
少なくとも相武紗季さんの父親は、
高校を卒業してすぐに医学部に入学した、
というわけではなさそうですね。

社会人を経て医学部をはじめ
学士入学をする方は多くいますので、
甲南大学以外の大学の医学部に
再入学したということも考えられます。

相武紗季の父親が医者であること、アメフト部にいた事をつないでみる

あるいは、甲南大学ではない医学部のある大学に籍を置きながら、
アメフトだけは甲南大学のサークルで行っていた、
という線も考えられなくはありません。

実際、
他大のサークルに入ることは不思議ではありません。
いわゆるインカレというものです。

相武紗季さんのお父さんが通っていた大学に
アメフトサークルが存在しない場合、
そのようなこともあるかもしれませんね。

相武紗季の父親は医師という噂、アメフトの噂の真相は?

さらには、相武紗季さんはアメフトが好きといいますから、
相武紗季さんの父親が
甲南大学でアメフトで活動という話自体が、
この相武紗季さんの趣味から出た、
単なる根も葉もない噂ということも考えられるかもしれません。

相武紗季さんの父親が医者であるという話自体が
本当かどうかも含めて、どうなのでしょうか。

相武紗季の実家の住所、宝塚市から金持ち説を考える

では、
もし相武紗季さんの父親が医者だったり、
あるいは病院そのものを開業している
開業医ではなかった場合、
相武紗季さんの実家はお金持ちではない、
という判断になってしまうのでしょうか。

そうではないと思います。
その理由として、
相武紗季さんの実家の住所である
宝塚市雲雀ケ丘という場所と、
宝塚歌劇団との関係を考えてみる必要があるからです。

相武紗季の実家の住所、宝塚市雲雀ケ丘はお金持ちの町!

まず、
相武紗季さんの実家があるという
宝塚市雲雀ケ丘という住所が、
お金持ちであることをにおわせます。

宝塚市といえば、
1900年代から1930年代にかけて形成された、
阪神間モダニズムを象徴する地域です。

この阪神間モダニズムとは、
現在の阪急宝塚本線沿線に住居した
企業経営者やサラリーマンといった、
当時の富裕層が作り上げたムーブメントでした。

戦前の日本にありながら、
比較的自由な価値観のもと、
アメリカをはじめとする海外の文化も楽しむ
雰囲気がありました。

相武紗季の地元、宝塚市の住環境は?

ちなみにこの阪神間モダニズムの下で
成長した人物といえば、
マンガ家の手塚治虫さんです。

宝塚市の手塚治虫さんの実家では、
住友金属のサラリーマンだった父親が、
ディズニーのアニメのフィルム映画を
自宅で上映するなど、きわめて豊かな生活を送っていました。

この手塚治虫さんの幼少期の
実家での体験を考え合わせますと、
相武紗季さんの実家があるという
宝塚市雲雀ケ丘という住所は、
お金持ちの住むところ、という風に連想されるわけです。

参照記事
手塚眞さんのファミリーヒストリー

相武紗季の母親と姉は、宝塚歌劇団!

また、
相武紗季さんの実家が
お金持ちであるかどうかですが、
相武紗季さんの母親・朱穂芽美さんと、
姉の音花ゆりさんにも注目です。

相武紗季さんの
母親の朱穂芽美さんと
姉の音花ゆりさんは、
ともに宝塚歌劇団の出身であることが有名ですが、

宝塚歌劇団に合格するということは、
当然それまでに各種の習い事をして、
それが完璧に身についていなければならないことを意味します。

相武紗季の実家がお金持ちである証拠

一般の学習塾もお金はかかりますが、
いわゆるお稽古事は、
上達するたびにその証明となる免状を取得するための
お金がそれ以上にかかったりと
何かと入用となりますよね。

要するに、
宝塚歌劇団に入るには
どう考えても、お金がかかるはずなのです。

相武紗季も宝塚歌劇団を夢見ていた

また、
相武紗季さん自身も
スカウトされて芸能活動を始める前までは、
宝塚歌劇団での活躍を夢見ていたといいます。

さらには相武紗季さんも
アメリカへの短期留学もされていますので、
このように子供にお金をかけて
文化を身に着けさせる家は、
お金持ちである可能性が十分考えられる、というわけです。

だいいち宝塚歌劇団の出身者が
複数いる家族であれば、
お金持ちでないはずがない!という目で
見られてしまうのではないでしょうか。

以上、
相武紗季さんの「実家住所・宝塚・父親は医者・母親・姉・家族構成」
についてまとめてみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする