南果歩の子供(息子)の名前や年齢は?サンフランシスコの学校?何人?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

pixel2013 / Pixabay

南果歩の息子の名前は?サンフランシスコの大学?子供は何人?年齢や学校はどこ?辻仁成と結婚離婚歴?

南果歩さん!

女優として、
多くの映画やテレビドラマに出演!

出演作には話題作も多く、
存在感のある女優さんです。

また、
アメリカ映画への出演もあり、
世界的な活動も視野に入れているという、
とても意欲的な女優さんです。

今回は、
そんな南果歩さんの
「子供は何人?名前や年齢、学校は?息子?娘?大学はサンフランシスコに留学?辻仁成との結婚離婚歴?」
についてお送りします!

スポンサーリンク

南果歩の子供は何人?

さて、
南果歩さんの子供は何人いるのか?
ということから、見てみましょう。

南果歩さんの子供は一人のようです。
元夫である、辻仁成さんとのあいだに、
息子さんが一人います。

南果歩さんは、
辻仁成さんとの離婚後に、渡辺謙さんと再婚していますが、
渡辺謙さんとのあいだに、子供はいません。

南果歩の子供の年齢は?

それでは、
南果歩さんの子供について、
名前や年齢、学校といった話題を見てみましょう。

まずは、
南果歩さんの子供の年齢についてです。

南果歩さんの子供の年齢は、1995年生まれのようです。

南果歩さんの年齢が、
1964年生まれですから、
31歳の時の子供ということになりますね。

ちなみに、
元夫である、辻仁成さんの年齢は、
1959年生まれで、
現在の結婚相手である、渡辺謙さんも、
同じ1959年生まれということですので、

ともに南果歩さんよりも、
5歳年上ということになりますね。

南果歩と辻仁成の、子供の名前は?

そして、
南果歩さんの子供の名前についてですが、
名前については、
それほど情報がないようですね。

南果歩さんの元夫・辻仁成さんは、
作家なので、
子供に珍しい名前をつけたのではないか?
と見られているようです。

南果歩と辻仁成の子供は、渡辺謙の養子に?

南果歩さんの子供は、
辻仁成さんと離婚後に、
南果歩さんが親権を持ったようです。

2005年に、
渡辺謙さんと結婚した、
南果歩さんは、
新たに結婚相手となった、渡辺謙さんの養子として、
自分の子供を入籍させました。

このような経緯があるので、
南果歩さんの子供は、
渡辺謙さんの次男ということになるようです。

南果歩の子供の学校は、玉川学園?

それでは、
南果歩さんの息子の学校についての話題へと、
移ってみましょう。

南果歩さんの息子の学校は、
玉川学園ではないか?
という見方がネット上で有力視されているようです。

玉川学園といえば、
芸能人の子供が多く通う学校であり、
運動会や保護者会などでは、
芸能人の親が、堂々と学校を訪問できるような
環境なのだそうです。

芸能人夫妻である、
南果歩さん&渡辺謙さんの子供が、
玉川学園に通うというのは、
ごく自然な流れのように見えますね。

南果歩の息子は、玉川大学に進学せずにアメリカへ?

玉川学園といえば、
幼稚園、小学校、高校、大学と、
エスカレーター式の総合学園ですが、

南果歩さんの息子の学校については、
大学はどこに行ったのか?
と話題になっているようです。

というのは、
南果歩さんの息子は、
2014年から、アメリカ留学していて、
アメリカの大学に通っている、
といううわさがあるからです。

南果歩さんの息子は、
渡辺謙さんがアメリカに滞在していた時期が、
多かったこともあって、
アメリカでの生活になじんでいるのではないか?
といった見方があるようです。

南果歩の息子は、サンフランシスコの大学に?

南果歩さんの息子の大学については、
具体的な名前はあがっていないのですが、
どうやらサンフランシスコにある大学ではないか?
といったうわさがあります。

なぜ、
サンフランシスコの学校なのかというと、
南果歩さんが2017年2月に、
息子に会うために、サンフランシスコに行ったことが、
明かになっているからです。

そうなると、
南果歩さんの息子は、
玉川学園高校を出て、
サンフランシスコの大学に、
留学したということになるのでしょうかね。

というわけで、
南果歩さんの
「子供は何人?名前や年齢、学校は?息子?娘?大学はサンフランシスコに留学?辻仁成と結婚離婚歴?」
についてお送りしました!

渡辺謙の子供は何人?学校は?南果歩の子供は?息子は俳優で家族構成は?

辻仁成の子供は何人?名前や学校・年齢は?南果歩・中山美穂ら3回の結婚?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする