黒木瞳の実家はお金持ち?黒木町が地元で旦那の職業は電通?親兄弟は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

thefairypath / Pixabay

黒木瞳の夫の職業は電通?本名は?父親・母親・兄弟姉妹や実家の家族構成は?地元は黒木町?八女市?松任谷正隆&由美と親戚?

黒木瞳さん!

テレビドラマやCMなどで、
大活躍!
女優としての存在感は、
圧倒的なものがあります。

元宝塚女優さんということもあって、
演技には、定評がありますね。

そんな、
黒木瞳さんの
「実家はお金持ちで、地元は福岡県黒木町?八女市?本名は?父親・母親の職業や兄弟姉妹、家族構成は?旦那の職業は電通の会社員?」
といった話題をお送りします。

スポンサーリンク

黒木瞳の実家の家族構成は?兄弟姉妹は?

ではまずは、
黒木瞳さんの実家の家族構成について、
お送りしましょう。

黒木瞳さんの実家の家族は、
父親・母親・兄・姉・兄・黒木瞳
という構成の6人家族です。

二男二女による四人兄弟の末っ子が、
黒木瞳さんなんですね。

四人兄弟というのは、
戦後の日本の家族では多いほうですね。

黒木瞳の地元は、福岡県黒木町?八女市?

黒木瞳さんの実家の場所、地元について見てみましょう。
黒木瞳さんの地元は、
福岡県の黒木町というところでした。

地元の福岡県黒木町は、
現在では八女市の一部になっています。

実は、
黒木瞳という名前は、
地元の黒木町からとったものなんです。

黒木瞳の芸名の由来と、旧姓や本名は?

黒木瞳という芸名をつけたのは、
黒木瞳さんの地元・黒木町に出身地が近い、
作家の五木寛之さんです。

ただ、
黒木瞳さんの名前は、
「くろき・ひとみ」と発音するのに対して、
実家のある黒木町という住所は、
「くろぎまち」と発音するのだそうで、
音だけ変えたのですね。

黒木瞳さんの本名についても、
ついでに触れておくと、
結婚前の本名は、
江上昭子さんといったそうです。

現在は、結婚したので、
伊知地昭子さんといいますね。

黒木瞳の実家はお金持ち?父親・母親の職業は?

さて、
黒木瞳さんというと、
実家はお金持ちではないか?
といったうわさがあるようです。

黒木瞳さんの実家がお金持ちといううわさを、
調べるために、
黒木瞳さんの父親や母親の職業や、
先祖について見てみましょう。

黒木瞳さんの父親の職業は、農業で、
地元黒木町の町会議員もつとめていたそうで、
母親は、レストランを経営していたようです。

これだけで、
なんとなく実家がお金持ちだったように、
思えるのですが、
実は黒木瞳さんの先祖もすごいようですね。

黒木瞳の実家の先祖は?

黒木瞳さんの父親の実家の先祖をさかのぼると、
豊臣秀吉の九州平定の時代にさかのぼります。

豊臣秀吉の九州平定によって、
代官に任命された樋口実長という人物を、
先祖にしているのだそうです。

江戸時代を通じて、
庄屋を務めたのだそうで、
地元の名士のようですね。

黒木瞳の夫の名前は?

それでは、ここからは、
黒木瞳さんの結婚や夫の職業といったことに、
触れてみましょう。

黒木瞳さんは、
1990年、30歳の時に、結婚しています。
旦那の名前は、
先ほど書いたように伊知地さんといいます。

「伊地知(いじち)」という苗字もありますが、
黒木瞳さんの夫の名前は「伊知地(いちじ)」なんですね。

黒木瞳の旦那の職業は、電通の会社員で結婚の馴れ初めは?

さて、
黒木瞳さんの旦那の職業は、
大手広告代理店、電通の会社員です。

黒木瞳さんが、
三井不動産関西のCMに出演した際に、
制作を担当したというきっかけで知り合いました。

電通といえば、
政治家や財界人といった、名家の子供が、
多く社員として勤めている会社として、
知られていますが、
黒木瞳さんの夫も家柄がすごいようです。

黒木瞳の旦那の家系図は、松任谷正隆や松任谷由美と親戚に?

黒木瞳さんの旦那の曽祖父は、
戦前の政治運動家として有名な
頭山満(とうやま・みつる)という人物です。

ちなみに、
頭山満の家系を通じて、
松任谷正隆さんや、松任谷由美さんとも、
親戚になるそうです。

黒木瞳さんと、松任谷正隆、松任谷由美さんが、
親戚同士だなんて意外ですね。

というわけで、
黒木瞳さんの
「実家はお金持ちで、地元は福岡県黒木町?八女市?本名は?父親・母親の職業や兄弟姉妹、家族構成は?夫の職業は電通の会社員?」
といった話題をお送りしました。

天海祐希の実家は東上野の美容院でお金持ち?兄弟は?テレビ局勤務?

紫吹淳の実家はお金持ちでお嬢様?地元群馬県大泉町で父親の職業は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする