磯野貴理子は離婚の理由を行列で?旦那・高橋氏との年の差や職業?子供は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

Daria-Yakovleva / Pixabay

磯野貴理子の結婚歴と子供は?結婚・離婚発表を「行列」で?旦那・高橋氏との年齢差や職業は?

磯野貴理子さん!

フジテレビの
「はやく起きた朝は…」では、
以前の番組タイトル
「おそく起きた朝は…」の頃から、
20年以上に渡って、出演しています!

とても面白く、、
勢いのあるトーク力には、
定評がありますね。

そんな、
磯野貴理子さんの
「行列のできる法律相談所で、離婚の理由?・旦那さんとの年の差や職業は?結婚相手や結婚歴は?子供は?」
の話題をお送りします。

スポンサーリンク

磯野貴理子の旦那や結婚歴は?

ではまず、
磯野貴理子さんの結婚歴について、
見てみましょう。

磯野貴理子さんは、
1964年に、三重県で生まれました。
三重県立南勢高校在学中の、
1980年に芸能界デビューしています。

磯野貴理子さんは、
独身生活が長かったのですが、
2003年に、
初めての結婚をしています。

磯野貴理子の前の旦那と、年の差は?

磯野貴理子さんの結婚相手は、
正司宏行さんという名前で、
磯野貴理子さんの事務所で、
担当マネージャーを職業にしていた方でした。

結婚当時の、
磯野貴理子さんは39歳で、
旦那さんの正司宏行さんとは、
年の差があり、
磯野貴理子さんより、
7歳年下ということでした。

磯野貴理子は前の旦那との離婚の理由を「行列」で…

しかし、
結婚から6年後の、
2009年12月に、
磯野貴理子さんと旦那さんとの離婚が報道され、

磯野貴理子さんが出演する、
人気番組「行列のできる法律相談所」で、
離婚の理由などについて、
語られました。

磯野貴理子さんが、
「行列のできる法律相談所」で、
明かした離婚の理由は、
嫁姑問題にあったようです。

磯野貴理子の前の旦那との離婚の理由は、よくあること

嫁姑の関係が悪くて、
結果的に離婚してしまう、
というのは、
よくありますね。

磯野貴理子さんの姑は、
つまり旦那である、
正司宏行さんの母親ということになりますが、
正司照枝さんという方で、
芸能人の方です。

正司照枝さんは、
「かしまし娘」という漫才トリオのメンバーの方です。

ちなみに、
「かしまし」とは、
「うるさい・やかましい」という意味です。

磯野貴理子は旦那と離婚して、「行列」で再度の結婚を発表

旦那さんと離婚して、
独身となった、
磯野貴理子さんでしたが、
その後、再び結婚しています。

磯野貴理子さんの二回目の結婚発表も、
2012年8月放送の、
「行列のできる法律相談所」の番組内で、
おこなわれました。

たしかに、
結婚・離婚というのは、
法律的な分野ともいえます。

弁護士の仕事といえば、
最も多いのが、
離婚調停だという話もあるくらいですから、

磯野貴理子さんが、
自分の結婚・離婚の話を、
「行列のできる法律相談所」の番組内で、
おこなったのも、
まったく無関係ではないのかもしれません。

一見、
番組と、結婚・離婚は関係なさそうに見えるのですが、
そうでもないんですね。

磯野貴理子の結婚相手・高橋さんとの年の差と職業は?

さて、
磯野貴理子さんの2回目の結婚相手、旦那さんについて、
見ていきましょう。

今度の旦那さんも、
磯野貴理子さんよりだいぶ年下で、
磯野貴理子さんとは、
24歳もの年の差があるとのことです。

苗字は、
高橋さんということなので、
磯野貴理子さんは、
結婚入籍して、
本名は「高橋貴理子」さんとなったのでした。

旦那さんである、
高橋さんの職業は、
飲食店経営とのことで、
磯野貴理子さんと共同経営なのだそうです。

また、
磯野貴理子さんと旦那さんの高橋さんは、
24歳の年の差があるということで、
親子に間違われることもあるそうです。

磯野貴理子は旦那さんとのあいだに、子供は?

さて、
磯野貴理子さんと旦那さんの高橋さんとのあいだに、
子供はいるの?といったことも、
みなさん関心をお持ちのようですが、
磯野貴理子さんには、子供はいないようです。

また、
磯野貴理子さんは、
前の旦那さんとのあいだにも、
子供はいないようです。

というわけで、
磯野貴理子さんの
「行列のできる法律相談所で、離婚の理由?・旦那さんとの年の差や職業は?結婚相手や結婚歴は?子供は?」
の話題をお送りしました。

磯野貴理子の実家は三重県?親兄弟や家族は?学歴や学生時代は?

松居直美の息子の学校は文化学院でフランス?年齢や名前は?夫と結婚は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする