要潤の妻は化粧品会社社長?子供の名前や性別は?自宅の場所はどこ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

urszulam25 / Pixabay

要潤の嫁は、元タレントで化粧品会社経営の松藤あつこ?子供の名前や性別は?自宅の場所は世田谷区?

要潤さん!
要潤さんといえば、
イケメン俳優としては、
もちろんのこと、

最近では、
笑いを誘うトークでも評判ですね。

そんな、
要潤さんの
「妻は化粧品会社社長?松藤あつこ?子供の名前や性別は?家族構成は?自宅の場所はどこ?」
といった話題を扱ってみたいと思います。

スポンサーリンク

要潤の結婚と、奥さんや子供、家族構成は?

さて、
要潤さんの妻や子供といった、
家族構成を見ていきましょう。

要潤さんは、
2013年4月に結婚しました。

要潤さんの
結婚相手は、
元タレントで化粧品会社の社長をしている方でした。

ネット上のうわさによると、
名前を松藤あつこさんというそうです。

要潤の妻は、化粧品会社社長だが…

要潤さんのお嫁さんに限らず、
元タレントで、
会社経営を職業にする方は、
意外と多い気がしますね。

例えば、
タレントの神田うのさんもそうですね。
元タレントや女優といった方であれば、

センスのいい方が多いので、
化粧品やファッション関係といったものを、
取り扱う会社を経営するのには、
向いていそうですね。

要潤は妻とのあいだに、子供が二人

さて、
要潤さんと、
妻である松藤あつこさんのあいだには、
子供が二人います。

2013年12月26日に
要潤さんは、
第1子となる男児が誕生したことを公表しており、

また、
2015年12月24日には、
第2子が誕生したことを明らかにしております。

要潤の子供の誕生日は…

要潤さんの
二人の子供の誕生日に注目すると、
12月26日、12月24日と、
クリスマスの前後になっているのに、
気づきます。

クリスマスやお正月あたりが、
誕生日の子供は損だと、
よく言われますね。

誕生日がこのあたりの方だと、
実感をお持ちだと思いますが、
クリスマスプレゼントと、
お誕生日プレゼントを兼ねたものにされてしまったり、
お年玉と、おこずかいも両方を兼ねたものとして、
もらってしまったりという事がありますね。

なんだか、
損した気分になる子供時代を過ごす人も多いと、
いいますが、

要潤さんの子供は、
二人とも誕生日が近いということも
加わって、

クリスマスケーキと、
二人の誕生日を祝うケーキとして、
一つですまされてしまったりするのではないか?
と勝手に心配してしまいます(笑)

要潤の子供の名前や性別は?

そして、
要潤さんと嫁・松藤あつこさんの、
二人の子供の名前や性別についてですが、

第一子は、
性別は男子ということですが、
名前は非公表とのことです。

また、
第二子は、
性別、名前ともに非公表ということです。

二人の子供にとっては、
父親が俳優の要潤さんで、
母親の松藤あつこさんも元タレントということもあるので、

将来、
「二世芸能人」となる可能性も
大いにあると思われるので、

将来、
要潤さんの二人の子供の
名前や性別が明らかになるかもしれないですね。

要潤の自宅の場所はどこ?

では、
要潤さんが、
妻や子供とともに生活する
自宅について話題を移していきましょう。

要潤さんの自宅については、
週刊誌報道があったのですが、
それを参考にしますと、
東京都世田谷区にあるそうです。

2014年8月に、
121平方メートルの土地を購入し、
その土地に、
木造二階建ての建物が建ったといいます。

土地建物合わせて、
資産価値1億3千万円くらいではないか?
といわれています。

要潤は世田谷区の自宅で、子供を育てる

要潤さんの自宅があるという、
東京都世田谷区は、
芸能人やお金持ちが自宅を構えるところとして、
とても有名ですね。

「住所が世田谷区」というだけで、
ステータスなようなところがあって、
それだけで、
資産価値が上がるなんていう話もあるくらいです。

要潤さんは、
近所の公園で、
子供たちを遊ばせるなど、
「イクメン」ぶりも披露しているそうです。

高身長で、
とてもカッコいいので、
近隣の人も、
「要潤さんだ!」と気づくことも多いそうです。

というわけで、
要潤さんの
「妻は化粧品会社社長?松藤あつこ?子供の名前や性別は?家族構成は?自宅の場所はどこ?」
といった話題をお送りしました。

要潤の実家はお金持ち?本名は?うどん県に住所?父親・母親や兄弟姉妹は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする