多部未華子の学歴・出身大学は?推薦?卒業?実家・地元はどこ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

JuralMin / Pixabay

多部未華子の実家と学歴、東京女子大学卒業について

多部未華子さん!
CMにも多数出演される、
現在注目の、女優さんです!

そんな多部未華子さんですが、
2009年放送の
NHK朝の連続テレビ小説
「つばさ」で主演をつとめ、

広く世間一般に、
その存在を知られるようになりました!

今回は、多部未華子さんの
「実家・地元・学歴・出身大学・学部・推薦入試・卒業」についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

多部未華子の実家、地元は西東京市、田無?保谷?

まず、多部未華子さんの実家ですが、
東京都西東京市にあるようですね。

もっとも、西東京市という市は、
田無市と保谷市の二つが
合併したことによってできた、新しい市です。

田無市と保谷市の二つが合併したのが
2001年1月21ですから、
多部未華子さんが生まれた1989年1月25日は、
当然まだ西東京市は
存在しなかったことになりますね。

多部未華子の実家は、西東京市の旧保谷市地区!

では、そうなると気になってくるのが、
多部未華子さんは
現在の西東京市の元となった
田無市と保谷市の、どちらの地域に実家があるのか、
ということになります。

これについては、
ネット上の話によりますと、
どうやら多部未華子さんの実家は、
元々は保谷市だった地域が地元のようですね。

ちなみに多部未華子さんのご家族ですが、
このもともとは保谷市だった西東京市の実家で、
父親、母親、兄と多部未華子さんの四人で生活していたようです。

多部未華子の学歴、出身大学・学部はどこ?

さて、実家についての情報の次に、
多部未華子さんの学歴についてみてみましょう。

多部未華子さんの学歴は、
東京女子大学卒業です。

卒業した学部はどこなのかが
注目を集めているようですが、
多部未華子さんは
学部学科までは公表されてはいないようですね。

多部未華子は東京女子大学に6年在学して卒業

ちなみに多部未華子さん、
東京女子大学には6年間在学していたそうです。

飛び級制度がない日本の大学では、
医学部以外の学部では、
大学は4年間で
単位を取得して学士の学位を取得して卒業、
大卒の学歴を名乗るという形になります。

そうなりますと、
多部未華子さんは、留年か休学といった形で、
2年間多く大学に通っていたことになります。

多部未華子は東京女子大学で芸能活動を両立

では、なぜ多部未華子さんは
6年間も東京女子大学に在籍していたかが
気になりますが、
その理由として当然考えられるのは、
芸能活動が忙しく、
満足に大学に通学することが出来なかったからでしょう。

一般的な大学生とは異なり、
芸能活動という仕事を持っていながら
勉強をして2013年に卒業したといいますから、
多部未華子さん、立派ですね。

多部未華子と同じく、大学を留年を経て卒業した芸能人

さて、多部未華子さんと同じく、
大学を留年しながらも、
きちんと立派に卒業をした有名人といいますと、
最近では7年かけて大学を卒業した
桐谷美玲さんがいらっしゃいます。

ちなみに桐谷美玲さんの出身大学は、
フェリス女学院大学なのですが、
フェリス女学院大学といえば、
東京女子大学と並んで、
お嬢様大学として有名ですよね!

また、当然授業や学生に対する
生活指導も厳しいことでも有名です。

桐谷美玲さんは、
そんなフェリス女学院大学で、
芸能活動という特殊な仕事と学業を
見事両立させ、卒業したのです。

桐谷美玲の実家は市原市国分寺?父親は出光興産で福岡県?地元は?

人気女優が、大学を卒業するのは大変!

いうまでもなく、桐谷美玲さんもまた、
多部未華子さんと同じく超人気女優さんであり、

それゆえスケジュールが多忙であることは、
容易に想像できますよね。

そのような事情もあって
大学になかなか通学することが
出来なかったのでしょうが、
それでも学業を断念することなく
卒業するというのは、
大変な努力をされたのではないかと思います。

多部未華子はAO推薦入試で大学入学?

さて、多部未華子さんの学歴を見ていて
もうひとつ注目したいのが、
AO自己推薦入試についてです。

多部未華子さんは、
東京女子大学にAO自己推薦入試で
入学をしたといわれています。

AO自己推薦入試とは、
いわゆる普通の推薦入学とは異なり、
自己推薦制度と言われる受験方法で、
一般学力入試とは異なる基準で
合否を判断する受験システムのことを言います。

広末涼子も、AO自己推薦入試で大学へ

芸能人は、
このAO自己推薦入試を利用して
大学に合格、進学する方が多いのですが、

東京女子大学にAO自己推薦入試で合格された
多部未華子さんと同じく、
有名女優で大学に
AO自己推薦入試で進学した方といえば、

1999年に早稲田大学教育学部国語国文科に入学した、
広末涼子さんがすぐに思い浮かびます。

大学を卒業できなかった、芸能人は多い

もっとも広末涼子さんは、
そのあまりの注目度の高さと
芸能活動の忙しさもあって、
結局は早稲田大学教育学部国語国文科を
中退をしてしまいました。

もっとも、早稲田大学は
卒業生よりも中退者のほうが出世すると
よく言われますが、
タモリさんをはじめ、芸能界、
特に昭和の芸能界を支えた大物はその傾向が強いようですね。

AO自己推薦入学で、卒業せず中退は珍しい?

しかし、
AO自己推薦入試で大学に入学をして
中退をしてしまうというのは、
あまり聞きませんね。

広末涼子さん、
よほど本業である芸能活動が
忙しかったのでしょうか。

ちなみに本業の活動に支障をきたすという
同様の理由で早稲田大学を中退した有名人としては、
広末涼子さん以外ですと
先日結婚をしました、卓球の福原愛さんがいます。

多部未華子の東京女子大学での学生生活は?

また、広末涼子さんの
早稲田大学教育学部国語国文科の
同級生の芸能人としては、
小島よしおさんがいらっしゃいます。

小島よしおさんは、
1999年当時、まだ芸能界にデビューされる前だったのですが、

小島よしおさんは広末涼子さんに対して
特に普通の早稲田大学の一般学生がとるような
過剰な熱狂的な反応をすることなく、
淡々と話をしてくれたのがよかったと、
のちに広末涼子さんは語っています。

多部未華子さんの
東京女子大学でのキャンパスライフは、
どのようなものだったのでしょうか。
気になりますね!

今回は、多部未華子さんの、
「実家・地元・学歴・出身大学・学部・推薦入試・卒業」
についてまとめてみました。

※ドラマ『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』で共演!
高橋一生の実家は港区赤坂!五人兄弟?お金持ち?家族構成は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする