中山秀征の自宅の場所はどこ?子供は青山学院で野球?投手?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

中山秀征の実家や自宅住所はどこ?妻と、息子・中山翔貴の学校は?

中山秀征さん、
テレビの司会でおなじみですね!

そんな、
中山秀征さんの自宅の場所や、実家の家族、現在の家族、妻や子供のことなどをまとめてみます

スポンサーリンク

中山秀征の実家は群馬県藤岡市?

中山秀征さんは、
1967年に、
群馬県藤岡市の出身です。

実家の父親や、母親の情報などは、
まったく知られていません。

ファミリーヒストリーの取材によれば、
中山秀征さんの実家は、
江戸時代から続く伝統芸能とのつながりがあるそうです。

中山秀征の実家のファミリーヒストリー、群馬県藤岡市の母親と家族

中山秀征の学歴と、実家の住所は?

群馬県で生まれた中山秀征さんですが、
単身で上京されたようです。学生時代は神奈川、東京で過ごしています。

神奈川県立柿生高等学校と、
東京都立久留米高等学校で学びました。

単身で上京してきたということで、家族で出てきたわけではないのですね。

なので、
現在の実家の住所は、
群馬県藤岡市にあるということです。

中山秀征の妻と子供

中山秀征さんの妻は、白城あやかさんという、
元宝塚の女優です。

4人の息子がいるとのことです。

今どき、
子供が4人もいるというと、とても多い気がしますね。
しかも、4人全員が息子ということで、
家の中は、にぎやかで、とても楽しそうですね。

中山秀征、嫁・白城あやかとの出会い

中山秀征さんと、奥さんとの出会いは、
次のようなものです。

中山秀征さんは、宝塚ファンでした。
友人と舞台を観に行ったときに、舞台に上がっていた、白城あやかさんに一目ぼれをして、
デートに誘ったそうです。

妻の白城あやかさんについても簡単に紹介しておきます。
1967年、東京都足立区出身です。
1986年に、宝塚音楽学校に入学し、1988年に宝塚歌劇団に入団しました。

息子・中山翔貴は青山学院野球部の投手!

それでは、
中山秀征さんの4人の子供についても見ていきます。

長男は、中山翔貴さんです。
2016年現在、高校三年生です。

青山学院高等部の野球部に所属していて、
高校野球で活躍しているので、
有名な方なのです!
将来、プロ野球選手になるかもしれませんね。

中山秀征の子供は、学校が青山学院で野球を…

また、
中山秀征さんの4人の子供は、全員が青山学院に通学していて、野球をしているそうです。

青山学院といえば、
芸能人の子供が多く通っている学校として、
有名ですね。

青山学院は、
東京、青山にあり、
とてもお洒落で、お金持ちな学校として知られています。

中山秀征は、子供を幼稚園から青山学院に…

中山秀征さんの4人の子供は、
全員、青山学院の幼稚園から初等部、中等部、高等部とエスカレーター式に、進学しているようです。

4人の子供全員を、
青山学院の幼稚園から通わせるとなると、
教育費も相当かかったのでしょうね。

中山秀征さんは、
テレビの売れっ子司会者ですから、
お金持ちなのですかね。

中山秀征の自宅の場所は?青山?目黒区?世田谷区?

中山秀征さんの自宅の場所については、
それほどネット上では噂といえるものも無いみたいです。

自宅豪邸を新築!とか、
自宅豪邸を公開!といったようなことが、
ニュースになったこともないですし。

おそらく、
子供全員が、
東京青山にある、青山学院に幼稚園から通学していることを考えると、
その近所なのではないでしょうか?

幼稚園通学であれば、
おそらく車で送り迎えできる距離でしょう。

たぶん、
目黒区か世田谷区あたりの一軒家の豪邸ではないでしょうか?

子供が4人いれば、
中山秀征さんと、奥さんを含めて6人家族ですので、
マンションよりも一軒家のような気がします。

芸能人ですと、
渋谷区や港区のマンションに住む人が多いですが、
中山秀征さんの家族は、大家族なので、一軒家っぽいですよね。

中山秀征と、妻と子供たちとの家族のエピソード

また、
中山秀征さんの長男・中山翔貴さんが、
青山学院の高校の野球部だと先ほど書きましたが、
二男以下のの3人も、それぞれ少年野球のチームに入っているそうです。

育ち盛りの子供ですから、
中山秀征さんの妻は、毎朝、米を8も合炊いて、朝食とお弁当・おやつのおにぎりを作っているようです。
大変そうですね!

というわけで、
中山秀征さんの実家の家族や、現在の家族、妻や長男のことなど、お送りいたしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする