日本とヨーロッパ諸国における貴族の人数と割合

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

Jack78 / Pixabay

ヨーロッパ諸国の貴族制度との比較

近代日本において、貴族とされる階級は、「華族」ということになるでしょう。
華族は全部で1000家ほどしかありませんでした。
ヨーロッパ諸国と比べると、極めて数が少なかったといえます。

スポンサーリンク

世界各国の貴族の数と割合を比較

世界各国の貴族の数と、人口比率を調べました。以下の通りです。

日本…
現在、旧華族とされるのは1011家(1945年あたりの人口は約7300万人)

イギリス…
現在、約1500家(1945年あたりの人口は約5000万人)

フランス…
革命前:約40万人(人口比、1.5%)
ナポレオン帝政期:2212家(当時の人口は約3000万人)
現在、旧貴族とされるのは約3500家(1945年あたりの人口は約4000万人)

ドイツ…
ワイマール共和制以前:約20000家(当時の全人口は約4000万人)

イタリア…
20世紀初頭:約12000人(当時の人口は約3500万人)

日本は貴族の数が少ない

このようにヨーロッパ諸国と比べてみると、いかに近代日本には貴族が少なかったのかが分かります。
ヨーロッパ諸国の例にならえば、5000家から40000家くらいが妥当だと思います。

華族制度では、諸外国のように准男爵やナイト爵が置かれていなかったので、このように貴族の総数が少なかったと考えることもできるでしょう。

宮中席次とは

戦前の日本では、天皇に近ければ近いほど、偉いという制度でした。
宮中席次というのは、それを表したものです。
宮中席次は第1階から第10階までの十段階に分けられていました。

第1階は、大臣、大将、公爵などです。
第2階は、次官、中将、侯爵などです。
第3階は、中央官庁の局長、少将、伯爵・子爵・男爵などです。
第4階は、中央官庁の課長、大佐、衆議院議員・貴族院議員などです。
第5階、第6階は、中央官庁の課長補佐クラス、中佐・少佐などです。
第7階~第10階は、中央官庁の係長クラス、大尉・中尉・少尉などです。

宮中席次は、官僚や軍人、教員などの公職に着いているものにしか、ありませんでした。

宮中席次上位者の人数

宮中席次第3階以上のものは、5000人くらいで、第4階以上だと、15000人くらい、第5階以上では20000人以上と思われます。
もしも、宮中席次第5階以上の家族全員を、貴族として計算したとしても人口比0.2%くらいにしかなりません。
ヨーロッパ諸国の例にならえば、これくらい貴族がいてもおかしくなかったと考えられます。

近代日本は貴族を作らなかった

しかし、日本は、それほど貴族を作らなかったのでした。
貴族の数が少ないからといって、貴族の威光が増したのかというと、そうでもありません。
むしろ日本は、貴族が少なすぎたために、歴史から葬り去られてしまったように思えます。
特権こそないものの、ヨーロッパ諸国の旧貴族が未だに爵位を名乗って、社会的にそれが許容されているのに対して、日本はそういった社会ではありません。

日本にヨーロッパ流の貴族制度が根付かなかった理由は、数が少なすぎたからではないでしょうか。
やはり日本の貴族は近代のそれよりも、平安貴族のイメージですね。

関連記事
フランス革命時における身分別の構成割合
華族の意味と、現在の生活について


ただいま期間限定で、ご先祖様の無料調査を致しております。
戸籍調査だけでは満足いかない方におすすめです。
あなたのファミリーヒストリーを作ります!
ご興味のある方は、以下の記事をご覧ください。

無料調査のご案内

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする