斉藤由貴の実家とファミリーヒストリー、横浜市南区の家族の歴史

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1
スポンサーリンク

IT-STUDIO / Pixabay

斉藤由貴の父親・母親に関する、先祖・家系図を調べる!

先日のNHKファミリーヒストリーでは、女優・斉藤由貴さんの家族が取り上げられていました。

ファミリーヒストリーでおこなわれた、調査方法の分析や内容紹介や感想などを、述べていきたいと思います。

斉藤由貴さんの実家は、横浜市南区にある、着物の帯の仕立て職人です。
母方の祖父が創業したものであり、母方祖母、父親・母親と、この仕事を受け継ぎ、子供の頃の斉藤由貴さんも、仕事を手伝ったことがあるそうです。

しかし、斉藤由貴さんは、曽祖父より以前のことを知りません。
それは、祖父・水島吉男と、実家との関係が悪かったからだといいます。

スポンサーリンク

斉藤由貴の母親の父・水島吉男

斉藤由貴さんの祖父・水島吉男は、子供の頃に、家庭の崩壊を経験しています。
水島吉男の父親は、妻と離婚しているのです。

水島吉男は、大人になってから、密かに母親のもとを訪ねていたことが番組の取材で分かりました。
その時の写真も残されています。

斉藤由貴の母方の曽祖父・水島吉太郎

番組では、斉藤由貴の曽祖父・水島吉太郎のことを調べています。
斉藤由貴の祖父・水島吉男の父親にあたる人物です。

水島吉太郎は、鉄道の仕事についていて、新潟や岐阜などの勤務地を転々としていたようです。
鉄道は、当時の花形産業であり、銀行員よりも高給取りだった、と番組では触れていました。

斉藤由貴の曽祖父は、中級の鉄道官僚だった

斉藤由貴さんの曽祖父は、番組の調査によって、
「米沢保線区技手、判任官1等2級」だったことが分かりました。

判任官というのは、戦前の官僚の等級であり、中級官僚ということになります。
「1等」ですから、そのなかで最も高い地位にあったということです。
これだけの地位にあられた方であれば、記録が残っているので、番組のような調査が可能です。

みなさんの先祖にも、このような地位にいらした方がいらっしゃれば、履歴を調べることができます。

斉藤由貴の曽祖父と、家族の崩壊

このように、高収入で高地位だったということもあってか、斉藤由貴さんの曽祖父・水島吉太郎は、当時の明治人にありがちな男性的な気風の持ち主でした。

家庭をかえりみず、各地に女性がいたようです。
そうしたこともあり、妻と別れてしまいます。
その結果、斉藤由貴さんの祖父は、子供の頃に母親と離れ離れになってしまったのでした。

斉藤由貴の曽祖母の実家の調査

その後、番組では、
斉藤由貴さんの曽祖母・弘子さんのゆくえを追っています。
斉藤由貴さんの曽祖父は、離婚をして、どこに行ったのでしょうか。

斉藤由貴さんの曽祖母を調べてみると、意外な事実が分かりました。
静岡県島田市の名家の出身であることが分かったのです。
斉藤由貴さんの曽祖母・弘子は、静岡県島田市の渡辺真一の三女として、明治16年に生まれました。

斉藤由貴の曽祖母の父親・渡辺真一

そして、番組取材班は、斉藤由貴さんの曽祖母・弘子の父親である、渡辺真一について調べています。

地元の博物館の調査によって、
渡辺真一は、明治22年に五和村の戸長に就任していることが分かりました。
その他、郷土史料にも名前が見られ、肖像までかかげられていました。

32歳で、戸長になっているという経歴が明らかになったので、番組では「とても有能な人物だったのではないか」と分析していました。
しかし、この分析は必ずしも的確ではないように思えます。

斉藤由貴の高祖父は有能だから戸長になったのか?

「戸長」というのは、多くの場合、江戸時代に庄屋を務めたような家柄のものが選ばれたからです。

明治時代の初期であれば、当然、個人の能力よりも、家柄によって、地位が決まる時代だったわけですので、斉藤由貴さんの高祖父が32歳で戸長になっている理由が示すものは、「江戸時代に渡辺家は庄屋などの地元の名家だった」という事実を示しているのだと思われます。
個人の能力の高さとは、関係ないものだった可能性のが高いでしょうね。

参照記事
庄屋・名主ってどういう意味?

先祖調査では、母親の先祖も調べること

さきほど、見てきたように、斉藤由貴さんの曽祖父・水島吉太郎は鉄道官僚でしたので、それに釣り合った家柄の娘と結婚したのでしょうね。
水島家・渡辺家ともに、立派な家柄のようです。

一般的に、先祖調査であれば、自分が現在名乗っている苗字の先祖ばかり調べてしまいがちですが、苗字は違っても、できるだけ地位の高かった先祖を、まず調べてみることを、私はおすすめしています。

斉藤由貴さんの場合であれば、父方の斉藤家よりも、母方の水島家ですね。
それも曽祖父・水島吉太郎や、曽祖母の父親である渡辺真一といった人物を調べるとよいでしょう。

こういった人物であれば、調査をした際に、ある程度結果がかえってくることが期待できるからです。

先祖調査というのは、非常に忍耐力のいる作業で、何十時間も探しても、なんの手がかりも得られないといったことがザラにあります。
そうしたことが続くと、先祖を調べるのに滅入ってしまいます。

というわけで、先祖を調べるのであれば、自分が名乗っている苗字に固執せずに、母方なども含めて、いろいろな先祖を一通り調べてみることを、おすすめします。

渡辺家は、静岡市に移動

斉藤由貴さんの曽祖母・弘子の父親・渡辺真一は、静岡県島田市から静岡市に移り住みました。
戸長まで務めた人物が、故郷を離れるのは、きわめてまれであると思います。
何か事情があったのでしょうが、番組では、調査できませんでした。

斉藤由貴の親戚に、有名な興行師がいた

戸籍によれば、斉藤由貴さんの曽祖母・弘子は、曽祖父・水島吉太郎と離婚後、速水九郎という男性と再婚していたとのことです。

また、番組の調査により、斉藤由貴さんの家系には、地元では有名な興行師・渡辺寛治という人物がいたことが分かりました。

斉藤由貴の父方の家族の、ファミリーヒストリー

次に、斉藤由貴さんの父親の家族のファミリーヒストリーへと、番組はうつっていきます。
父親・斉藤家の先祖は、秋田県横手市の出身です。
横手の斉藤家の親戚を訪ねると、斉藤家の本家筋にあたる親戚が、家系図や戸籍を見せてくれて、丁寧に説明してくれていました。

それによれば、斉藤由貴さんの曽祖父の斉藤巳之助という人物が、地元を離れたようです。
戸籍を見ると、不自然な形で除籍されているとのことで、「何か原因があったのでは?」と本家の親戚の方は、考えをめぐらせていたようです。

斉藤由貴の曽祖父・斉藤巳一郎

斉藤由貴さんの曽祖父は、地元・秋田県横手市で、農業や荷馬車の仕事などを手がけるも、失敗してしまったために、妻や子供を残して、仙台市に職を求めて出ていったのだそうです。

そういったわけで、斉藤由貴さんの父親のほうの祖父も、子供の頃に、父親と離れ離れになるといった状態におかれました。

この斉藤巳之助の子供・巳一郎が、
斉藤由貴さんの祖父ということになります。

斉藤由貴の父親につながる

斉藤由貴さんの祖父は、専売公社の前身、専売局で働いていました。
職場で出会った女性・キヨと、結婚をしました。そして、斉藤勉さんが産まれます。
斉藤勉が、のちに斉藤由貴さんの父親になる人物です。

しかし、斉藤巳一郎とキヨは折り合いが悪く、斉藤勉が6歳のときに、二人は離婚してしまいます。

斉藤勉は、父親のもとに残るのですが、とても苦労して育ったようです。
それでもなんとか、県立高校を卒業して家具職人として、一人前になりました。
そして、横浜の水島家の女性と結婚し、斉藤由貴さんが生まれたのでした。

この後の、斉藤由貴さんの家族については、こちらの記事をご覧ください。

斉藤由貴の子供は何人?年齢は?家族と夫・小井延安氏の職業

斉藤由貴のファミリーヒストリーの感想

今回のファミリーヒストリーは、
追う人物が多すぎて、どこに主題をおいたら良いのか分からないような構成になっていましたね。
たくさんのエピソードを紹介できましたが、どれも半端になってしまったような印象もあります。

斉藤由貴さんの母方の先祖にしぼって、構成したほうが、番組としては成功したのではないかという感想を持ちました。

斉藤由貴の夫との結婚の馴れ初め?弟と姪・芹澤優は芸能人?自宅は?

斉藤由貴の子供の学校や年齢・名前は?娘は清泉小学校?息子は中国語?

斉藤由貴の高校時代?学歴と出身中学校・大学は?意外な学生時代とは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする