財前直見の大分県の実家のファミリーヒストリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

Hans / Pixabay

財前直見の家族と、先祖・家系図

今回は、財前直見さんのファミリーヒストリーです。
財前直見さんは、芸名ではなく本名だそうです。
財前というのは、珍しい苗字ですね!

財前直見さんは、大分県大分市出身です。
ファミリーヒストリーでは、番組の冒頭から、財前家の先祖について、以下のように説明しています。

スポンサーリンク

財前直見のルーツは大分県

財前家は、大分県の国東半島にある小野地区をルーツとしています。
小野地区には、財前という苗字の家が何軒もあります。

財前家の墓地は、国の重要文化財にも指定されているほどで、集落一帯を治めた一族であったといいます。

財前直見の先祖は、紀氏

財前家の本家を訪ねて、番組では調査をしています。
財前家の祖先は、紀氏だったといいます。
紀氏とは、平安時代の歌人である紀貫之で、有名な一族ですね。

紀氏の一族が、大分県国東半島に渡って、財前を苗字として名乗り、そのうちの一つが財前直見さんの家系ということのようです。

財前直見の実家の調査

そして、財前直見さんの祖父・財前重徳について、番組の話題は移っていきます。
財前直見さんの実家を、取材班は訪ねています。
財前直見さんの父・財前紘二さんが取材に応じていました。

財前直見さんの祖父・財前重徳は、近隣の農家・、宮永家の次男坊でしたが、財前家に婿養子として迎えられました。

財前直見さんの曽祖父・財前武丸は農家でした。
武丸の娘・松江の婿として、財前家に迎えられたのが財前重徳でした。

財前直見の祖父の軍歴調査

財前直見さんの祖父・財前重徳は、兵役につき、中国大陸に渡ります。
日中戦争に従軍しました。
大きな戦果をあげたので、金鵄勲章を授与されたそうです。
財前直見さんの実家には、大事そうに保管されておりました。

財前直見さんの祖父は、戦争で肩に重傷を負ってしまい、故郷に帰還しました。
武勲をあげた祖父でしたが、戦後も戦争のことは家族には話さなかったそうです。

軍歴証明書の調査をしよう!

番組では、財前重徳さんの所属部隊のことを調べていましたが、これは軍歴証明書の調査によって明らかになったことです。
ファミリーヒストリーでは、しばしば軍歴証明書を示しております。
みなさんも、ご先祖の従軍記録を調べることができますので、是非、調査されてみてはいかがでしょうか。

参照記事
軍歴証明書・兵籍簿の取り方

財前直見の父親と母親の出会い

財前直見さんの祖父・重徳が戦地から戻った翌年、昭和15年に、財前直見さんの父・紘二が生まれます。

財前紘二は、定時制高校に進学して、父親の農作業を手伝っていましたが、その後、兵庫県姫路市の富士製鐵広畑製鉄所に勤めました。
財前紘二は実家に仕送りをしながら、一生懸命に働きました。
そこで、ある日、素敵な女性と出会うことになります。
岩下カツ子という女性です。
のちの財前直見さんの母親となる方です。

財前直見の母親と、その家系

財前直見さんの母親・財前カツ子は、鹿児島県で海運業を営む岩下金太郎の娘として生まれました。
実家が貧しかったので、中学を出ると兵庫県姫路市に集団就職しました。
そこで同じく、兵庫で働いていた財前紘二と出会ったのでした。

この二人のあいだに生まれたのが、財前直見さんというわけです。
つまり、財前直見さんは、父親・母親双方とも九州の出身ということになります。

今回のファミリーヒストリーの感想

今回は、せっかく古い先祖である紀氏まで遡れたのですが、あまり古い時代のエピソードがありませんでしたね。
江戸時代から明治・大正時代の先祖の話が、まったくありませんでした。
個人的には、こういった時代の調査を見たい気分がしました。
それでは、次回のファミリーヒストリーにも期待したいと思います。


ご先祖さまのお名前の記載された記録を見つけるサービスをしております。
調査結果を得られなければ、無料というとても画期的なものです。
ネットだけでおこなえる、とても便利な調査です。
戸籍調査だけでは満足いかない方におすすめしています。
あなたのファミリーヒストリーを作ります!
ご興味をお持ちの方は、以下の記事をご覧ください。

ご先祖様の履歴調査のご案内

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする